忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

【カトー】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

カトー(KATO)から鉄道模型製品発売の発表がありました。


<3087-2>ED71 2次形
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  交流50Hz対応の東日本地区専用の電気機関車として、
  1959年に登場したED71形。
  2次形は1962年と1963年に各1両ずつ製造されました。
  1次形との主な違いは、
  主電動機がクイル式から半釣掛け式に変更されたほか、
  車体側面の通風用ルーバーが一段となり、
  明かり取り窓と同じ高さに揃えられました。

 <製品特徴>
  交流形電気機関車ED71形2次形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  福島機関区所属車の1975年前後の姿を再現しています。
  前照灯1灯・前面通風口増設後・1エンド側水切り延長後・
  2エンド側重連総括用KE77ジャンパ栓納め増設後の姿で再現。
  前面手スリ・解放テコ・炎管・ホイッスル等は取付済です。
  ナンバープレートは「45・47・48・52」の選択式。
  メーカーズプレートは「東芝・日立」の選択式です。
  ヘッドライトが点灯。
  ライトユニットLEDは電球色を採用しています。
  フライホイール付き動力ユニットを採用。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用ナックルカプラーも付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  うめきた鉄道模型フェスタ2018にて撮影 試作品

 <製品内容>
  ED71形2次形

 <編成例>
  ・自動車専用貨物
   ED71 + ED71 + ク5000✕18両程度 + ヨ6000

  ・急行貨物
   ED71 + ED71 + ED71 + ヨ5000 + レ12000✕2 + ワキ5000 +
   ワム80000✕3 + ヨ6000 + タキ3000✕2 + トキ25000✕2 +
   トラ90000✕2 + コキ5500✕2 + ヨ6000

  ・高速貨物(コンテナ)
   ED71 + ED75 + コキフ50000 + コキ50000✕10両程度 + コキフ50000

  ・ローカル客車列車
   ED71 + マニ60 + スハフ42 + オハ35 + オハ47 +
   スハフ42 + スハ43 + オハフ33

  ・臨時急行/団臨列車
   ED71 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
   オハ12 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<10-1448>ク5000 6両セット(積載用自動車付属)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  自動車輸送を目的に1966年に登場した車運車ク5000形。
  全長20,500mm、全幅2,920mm、全高3,300mmで、
  1200~1900cc級8台 or 800~1000cc級10台 or 360cc級12台の
  自動車が積載可能となっています。
  1967年からは最大20両編成の専用特急「アロー号」も運転されました。
  1973年以降は徐々に自動車の輸送量が減っていき、
  残念ながら1996年にク5000形の運用は終了となりました。

 <製品特徴>
  車運車ク5000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シート格納箱大形化後・両側に手ブレーキ・下段床面閉塞・
  運用標板廃止後・TR63C台車を履いた1970年以降の姿を新規金型で再現。
  1両あたり8台の自動車を積載可能で、
  <23-550>自動車クラウン も積載可能です。
  積載用自動車(6両分:48台)は昭和40~50年代の乗用車をイメージし、
  小豆色カバーを被せた姿で再現しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ク5102 ク5248 ク5570 ク5589 ク5419 ク5219

 <編成例>
  牽引機 + ヨ5000/6000 + ク5102 + ク5248 + ク5570 + ク5589 + ク5419 +
  ク5219 + ク5656 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 +
  ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ヨ5000/6000

 ・一般貨物との混結のイメージ
  牽引機 + ク5000 + ク5000 + ワム70000 + ワム70000 + ホキ2200 + ホキ2200 +
  ホキ2200 + ヨ6000

  牽引機 + ヨ5000 + タキ35000 + タキ35000 + タキ35000 + ク5000 + ク5000 +
  ク5000 + ク5000 + ヨ6000
 
  ■ク5000 自動車積載のパターン
   自動車の保護カバーは、
   機関車のパンタグラフや制輪子から飛散する鉄粉や鋼粉が
   自動車に付着するのを防ぐ目的で、
   原則掛けるようにしていました。
   ・自動車の積載方向は進行方向・逆向き両パターンともあります。
   ・機関車の次位にある車掌車は連結していないこともあります。

   以下の凡例
   上→上段・下→下段、有→カバー付・無→カバーなし

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下有 + 上有/下有 + 上有/下有 + 〜 +
   上有/下有 + 上有/下有 + 上有/下有 + 車掌車

   ・後年は省力化のためか
    カバーなしで積載されることも多かったようですが、
    機関車に近い位置の車両のみ、
    上段のみなど様々なパターンで自動車保護の手段が講じられました。

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下有 + 上有/下有 + 上無/下無 + 〜 +
   上無/下無 + 上有/下有 + 上有/下有 + 車掌車

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下無 + 上有/下無 + 上有/下無 + 〜 +
   上有/下無 + 上有/下無 + 上有/下無 + 車掌車

   ・機関車の次位に空車を挟んでスペースを確保した例もあります。

   牽引機 + 空車 + 上無/下無 + 上無/下無 + 上無/下無 + 〜 +
   上無/下無 + 上無/下無 + 上無/下無 + 車掌車

   ・保護カバーは返却回送時にはク5000床下に設置されている
    格納箱に折りたたんで収納していました。

   牽引機 + 空車 + 空車 + 空車 + 空車 + 〜 + 空車 + 空車 + 空車 + 車掌車

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<8078>ク5000
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  自動車輸送を目的に1966年に登場した車運車ク5000形。
  全長20,500mm、全幅2,920mm、全高3,300mmで、
  1200~1900cc級8台 or 800~1000cc級10台 or 360cc級12台の
  自動車が積載可能となっています。
  1967年からは最大20両編成の専用特急「アロー号」も運転されました。
  1973年以降は徐々に自動車の輸送量が減っていき、
  残念ながら1996年にク5000形の運用は終了となりました。

 <製品特徴>
  車運車ク5000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シート格納箱大形化後・両側に手ブレーキ・下段床面閉塞・
  運用標板廃止後・TR63C台車を履いた1970年以降の姿を新規金型で再現。
  1両あたり8台の自動車を積載可能で、
  <23-550>自動車クラウン も積載可能です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ク5656

 <編成例>
  牽引機 + ヨ5000/6000 + ク5102 + ク5248 + ク5570 + ク5589 + ク5419 +
  ク5219 + ク5656 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 +
  ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ヨ5000/6000

 ・一般貨物との混結のイメージ
  牽引機 + ク5000 + ク5000 + ワム70000 + ワム70000 + ホキ2200 + ホキ2200 +
  ホキ2200 + ヨ6000

  牽引機 + ヨ5000 + タキ35000 + タキ35000 + タキ35000 + ク5000 + ク5000 +
  ク5000 + ク5000 + ヨ6000
 
  ■ク5000 自動車積載のパターン
   自動車の保護カバーは、
   機関車のパンタグラフや制輪子から飛散する鉄粉や鋼粉が
   自動車に付着するのを防ぐ目的で、
   原則掛けるようにしていました。
   ・自動車の積載方向は進行方向・逆向き両パターンともあります。
   ・機関車の次位にある車掌車は連結していないこともあります。

   以下の凡例
   上→上段・下→下段、有→カバー付・無→カバーなし

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下有 + 上有/下有 + 上有/下有 + 〜 +
   上有/下有 + 上有/下有 + 上有/下有 + 車掌車

   ・後年は省力化のためか
    カバーなしで積載されることも多かったようですが、
    機関車に近い位置の車両のみ、
    上段のみなど様々なパターンで自動車保護の手段が講じられました。

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下有 + 上有/下有 + 上無/下無 + 〜 +
   上無/下無 + 上有/下有 + 上有/下有 + 車掌車

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下無 + 上有/下無 + 上有/下無 + 〜 +
   上有/下無 + 上有/下無 + 上有/下無 + 車掌車

   ・機関車の次位に空車を挟んでスペースを確保した例もあります。

   牽引機 + 空車 + 上無/下無 + 上無/下無 + 上無/下無 + 〜 +
   上無/下無 + 上無/下無 + 上無/下無 + 車掌車

   ・保護カバーは返却回送時にはク5000床下に設置されている
    格納箱に折りたたんで収納していました。

   牽引機 + 空車 + 空車 + 空車 + 空車 + 〜 + 空車 + 空車 + 空車 + 車掌車

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<23-510>ク5000積載用カバー付自動車 8台入
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  自動車輸送を目的に1966年に登場した車運車ク5000形。
  全長20,500mm、全幅2,920mm、全高3,300mmで、
  1200~1900cc級8台 or 800~1000cc級10台 or 360cc級12台の
  自動車が積載可能となっています。
  1967年からは最大20両編成の専用特急「アロー号」も運転されました。
  1973年以降は徐々に自動車の輸送量が減っていき、
  残念ながら1996年にク5000形の運用は終了となりました。

 <製品特徴>
  車運車ク5000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シート格納箱大形化後・両側に手ブレーキ・下段床面閉塞・
  運用標板廃止後・TR63C台車を履いた1970年以降の姿を新規金型で再現。
  1両あたり8台の自動車を積載可能で、
  <23-550>自動車クラウン も積載可能です。
  積載用自動車は昭和40~50年代の乗用車をイメージし、
  小豆色カバーを被せた姿で再現しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ク5656

 <編成例>
  牽引機 + ヨ5000/6000 + ク5102 + ク5248 + ク5570 + ク5589 + ク5419 +
  ク5219 + ク5656 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 +
  ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ク5000 + ヨ5000/6000

 ・一般貨物との混結のイメージ
  牽引機 + ク5000 + ク5000 + ワム70000 + ワム70000 + ホキ2200 + ホキ2200 +
  ホキ2200 + ヨ6000

  牽引機 + ヨ5000 + タキ35000 + タキ35000 + タキ35000 + ク5000 + ク5000 +
  ク5000 + ク5000 + ヨ6000
 
  ■ク5000 自動車積載のパターン
   自動車の保護カバーは、
   機関車のパンタグラフや制輪子から飛散する鉄粉や鋼粉が
   自動車に付着するのを防ぐ目的で、
   原則掛けるようにしていました。
   ・自動車の積載方向は進行方向・逆向き両パターンともあります。
   ・機関車の次位にある車掌車は連結していないこともあります。

   以下の凡例
   上→上段・下→下段、有→カバー付・無→カバーなし

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下有 + 上有/下有 + 上有/下有 + 〜 +
   上有/下有 + 上有/下有 + 上有/下有 + 車掌車

   ・後年は省力化のためか
    カバーなしで積載されることも多かったようですが、
    機関車に近い位置の車両のみ、
    上段のみなど様々なパターンで自動車保護の手段が講じられました。

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下有 + 上有/下有 + 上無/下無 + 〜 +
   上無/下無 + 上有/下有 + 上有/下有 + 車掌車

   牽引機 + 車掌車 + 上有/下無 + 上有/下無 + 上有/下無 + 〜 +
   上有/下無 + 上有/下無 + 上有/下無 + 車掌車

   ・機関車の次位に空車を挟んでスペースを確保した例もあります。

   牽引機 + 空車 + 上無/下無 + 上無/下無 + 上無/下無 + 〜 +
   上無/下無 + 上無/下無 + 上無/下無 + 車掌車

   ・保護カバーは返却回送時にはク5000床下に設置されている
    格納箱に折りたたんで収納していました。

   牽引機 + 空車 + 空車 + 空車 + 空車 + 〜 + 空車 + 空車 + 空車 + 車掌車

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<8064>ヨ6000
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  緩急車不足と居住性改善を目的に1962年に登場したヨ6000形。
  1969年までに905両が製造されました。
  ヨ5000形よりも短い軸距・車体長や低い全高が特徴となっています。
  暖房用に石炭ダルマストーブを使用した車両は黒一色ですが、
  石油ストーブに改装された車両は妻面左右に白線が施されています。
  残念ながら1987年に全廃されました。

 <製品特徴>
  事業用貨車(車掌車)ヨ6000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  昭和50年代の石油ストーブ搭載車を再現しています。
  両側ともテールライトが点灯します。
  室内灯(別売)の組み込みも可能で、
  室内灯拡散板が付属しています。
  交換用のダミーカプラーを付属しています。
  車番は「ヨ6522」。
  所属表記は「南ツソ(新鶴見)」。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  うめきた鉄道模型フェスタ2018にて撮影

 <製品内容>
  ヨ6522

 <編成例>
  ・自動車専用列車
   牽引機 + ク5000編成 + ヨ6000

  ・チップ輸送列車
   牽引機 + ヨ6000 + トラ90000 + ヨ6000

  ・一般貨物
   牽引機 + ヨ6000 + 国鉄形2軸貨車・ボギー貨車各種 + ヨ6000 +
   国鉄形2軸貨車・ボギー貨車各種 + ヨ6000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<10-899>郵便・荷物列車<東海道・山陽> 6両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  国鉄時代には東海道・山陽本線や東北本線等を中心に、
  急行荷物列車が運行されていました。
  車両は旧型客車を改造したモノが用いられていました。

 <製品特徴>
  荷物専用客車6両セットを、鉄道模型Nゲージで製品化。
  マニ60は「ニセコ」セットと同じオハニ61からの改造車をプロトタイプとし、
  車体色は茶色で再現しています。
  マニ36は「津軽」セットと同じスロネ30からの改造車をプロトタイプとし、
  車体色は茶色で再現しています。
  スニ41は妻面貫通扉のない姿で、車体色は青/銀で再現しています。
  車番はスニ41-5です。
  スニ40の車番はスニ40-8で、車体色は青/銀で再現しています。
  オユ12の車番はオユ12-34で、車体色は青で再現しています。
  セットの編成両端となるスニ41・マニ36はテールライトが片側のみ点灯し、
  消灯スイッチ付となっています。
  アーノルドカプラーを標準装備。
  編成端の交換用ナックルカプラーが2個付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  マニ36-335(荷物・茶) マニ60-681(荷物・茶) マニ60-629(荷物・茶)
  オユ12-34(郵便・青) スニ40-8(荷物・青) スニ41-5(荷物・青)

 <編成例>
  ←九州方面(鹿児島・熊本など)  汐留(品川)→
  牽引機 + (荷物)マニ36 + (荷物)マニ60 + (荷物)マニ37 + (荷物)マニ60 +
  (荷物)マニ60 + (郵便)オユ12 + (郵便)スユ44 + (荷物)スニ40 + (荷物)スニ41

  赤文字:<10-899>郵便・荷物列車<東海道・山陽> 6両セット
  桃文字:<5078>マニ37
  橙文字:<5220>マニ60
  緑文字:<8026>スユ44

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1
  【カトー】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報