忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2020年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

【カトー】「2020年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

カトー(KATO)さん、2020年7月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<3066-A>EF81 カシオペア色
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  EF81形は標準形式の交直流機関車として、1968年に登場。
  直流・交流(60Hz)・交流(50Hz)いずれの電気方式でも運用可能です。
  日本海縦貫線を中心に本州~九州の各地で、旅客・貨物の両方に使用されました。
  1999年に寝台特急“カシオペア”(上野~札幌間)がデビューした際には、
  EF81のうち3両(79、89、92号機)が専用塗装となりました。
  “カシオペア”以外にも“北斗星” “あけぼの”や貨物列車の牽引にも使用されました。
  2008年には89号機と入れ替わる形で99号機がカシオペア塗装となり、
  2010年6月のEF510形登場まで活躍しました。

 <製品特徴>
  EF81形電気機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2008年頃のカシオペア色89・92・99号機を再現しています。
  縦長の電暖表示灯や屋根上の常磐無線アンテナ撤去跡も忠実に再現。
  碍子は緑色で、車体各部のHゴムは黒色で表現しています。
  製造銘板は“日立” “三菱電機+三菱重工”の2種類から選択可能。
  クイックヘッドマーク対応で、
  “カシオペア” “北斗星”のヘッドマークを付属しています。
  選択式ナンバープレート:“79” “89” “92” “99” 。
  ヘッドライトが点灯し、ライトユニットのLEDは電球色を採用しています。
  フライホイール搭載動力ユニットを採用しています。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用ナックルカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81 カシオペア色

 <編成例>
  EF81 カシオペア色 + <10-1608><10-1609>E26系「カシオペア」

  EF81 カシオペア色 +
    <10-831><10-832>24系寝台特急「北斗星」<デラックス編成>

  EF81 カシオペア色 + <10-822><10-823>24系寝台特急「あけぼの」

  EF81 カシオペア色 + <10-815>コキ50000 ✕16両

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<10-1608>E26系「カシオペア」6両基本セット
<10-1609>E26系「カシオペア」6両増結セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  E26系はステンレス製の寝台客車で、
  1999年に寝台特急“カシオペア”(上野~札幌間)でデビュー。
  客室全てが2人用A寝台個室となっています。
  2016年3月の北海道新幹線開業に伴い、定期運転を終了しました。
  現在は団体専用列車として、
  “カシオペア紀行” “カシオペアクルーズ”が運行されています。

 <製品特徴>
  E26系寝台特急カシオペアを、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シンボルマーク(スロネフE26/カハフE26)や5色のカラーストライプ、
  曲面ガラスで構成された展望部(スロネフE26/カハフE26)、
  ステンレスの微妙な質感差(ドア枠、鋼製展望部など)を表現しています。
  カハフE26ラウンジやマシE26食堂車など、
  茶色を基調とした各車両個室などの室内を再現しています。
  マシE26はテーブルライトが点灯します。
  スロネE26連結部電話アンテナやカハフE26屋根上機器は
  別付パーツで再現しています。
  車端部床下の機器類を、台車部取付の別部品で表現しています。
  カハフE26・スロネフE26のテールライトと愛称板はLEDで点灯します。
  EF81およびED79用の“カシオペア”ヘッドマークが2個ずつ付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <10-1608>E26系「カシオペア」6両基本セット
   スロネフE26-1 マシE26-1 スロネE27-401
   スロネE27-301 スロネE27-201 カハフE26-1

  <10-1609>E26系「カシオペア」6両増結セット
   スロネE26-1 スロネE27-101 スロネE27-402
   スロネE27-302 スロネE27-202 スロネE27-1

 <編成例>
  ←上野  (青森~函館間逆編成)  札幌→
  (1)スロネフE26-1(禁煙車) + (2)スロネE26-1 + (3)マシE26-1 +
  (4)スロネE27-101(禁煙車) + (5)スロネE27-402 + (6)スロネE27-302 +
  (7)スロネE27-202(禁煙車) + (8)スロネE27-1(禁煙車) +
  (9)スロネE27-401(禁煙車) + (10)スロネE27-301(禁煙車) +
  (11)スロネE27-201 + (12)カハフE26-1(禁煙車)

  ※牽引車
   ・上野~青森間 E26系 + EF81 カシオペア色
          牽引機は、EF510 500も好適

   ・青森~函館間 E26系 + ED79

   ・函館~札幌間 E26系 + DD51北斗星色 + DD51北斗星色

  赤文字:<10-1608>E26系「カシオペア」6両基本セット
  桃文字:<10-1609>E26系「カシオペア」6両増結セット

 <最安値を探してみる>
  <10-1608>E26系「カシオペア」6両基本セット
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  <10-1609>E26系「カシオペア」6両増結セット
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<10-1630>E233系7000番台 埼京線 6両基本セット
<10-1631>E233系7000番台 埼京線 4両増結セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  通勤型車両(201・203・205・209系)と
  近郊型車両(211系)の置き換え用として、2006年に登場したE233系。
  車体強化や電気機器・保安装置の二重系統化、
  行先表示機のフルカラー化などが図られています。
  E233系7000番台は、埼京線205系の置換用として、
  2013年に営業運転を開始しました。
  埼京線・川越線のほかに東京臨海高速鉄道りんかい線にも乗り入れ、
  2019年11月には相模鉄道(相鉄)本線・相鉄新横浜線への乗り入れも開始しました。
  登場当初からは屋根上ATACS関連機器設置、ベビーカーマーク貼付、
  弱冷房車の号車変更(4→9号車)などの外観変化がありました。

 <製品特徴>
  JR東日本E233系7000番台を鉄道模型Nゲージで製品化。
  川越車両センター所属ハエ109編成を再現しています。
  車両によって異なる屋根上のクーラーを再現しています。
  (1・3~10号車は三菱製AU726、2号車はトランスポーテック製AU726B)
  ATACSアンテナが追加された先頭車屋根を再現。
  前面ガラスのATACS ID “ID-39” をはじめ、
  1・10号車のベビーカーマーク・9号車の弱冷房車マークを印刷で再現。
  前面行先表示は“4734K 各駅停車 埼京線 相鉄線直通”を印刷済で、
  交換用前面表示は“通勤快速 川越” “快速 新木場”を2個ずつ付属しています。
  側面行先表示は“各駅停車 埼京線 相鉄線直通”。
  カプラーは各車ともフック付きのボディマウント密連形カプラーを採用。
  先頭部はダミーカプラーです。
  フライホイール付動力ユニットを搭載しています。
  DCCフレンドリー対応。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <10-1630>E233系7000番台 埼京線 6両基本セット
   クハE232-7009(AU726) モハE232-7209(AU726B)
   モハE233-7209(M)(P)(AU726) モハE232-7009(AU726)
   モハE233-7009(P)(AU726) クハE233-7009(AU726)

  <10-1631>E233系7000番台 埼京線 4両増結セット
   サハE233-7009(AU726) サハE233-7209(AU726)
   モハE232-7409(AU726) モハE233-7409(P)(AU726)(弱冷房車)

 <編成例>
  ←川越・大宮  大崎・新木場・海老名→
  (1)クハE232-7009(AU726) + (2)モハE232-7209(AU726B) +
  (3)モハE233-7209(M)(P)(AU726) + (4)モハE232-7009(AU726) +
  (5)モハE233-7009(P)(AU726) + (6)サハE233-7009(AU726) +
  (7)サハE233-7209(AU726) + (8)モハE232-7409(AU726) +
  (9)モハE233-7409(P)(AU726)(弱冷房車) + (10)クハE233-7009(AU726)

  赤文字:<10-1630>E233系7000番台 埼京線 6両基本セット
  桃文字:<10-1631>E233系7000番台 埼京線 4両増結セット

 <最安値を探してみる>
  <10-1630>E233系7000番台 埼京線 6両基本セット
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  <10-1631>E233系7000番台 埼京線 4両増結セット
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<10-1277>ホキ9500 矢橋工業 8両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  砕石輸送用の私有貨車として、1970年に登場したホキ9500形。
  新東京国際空港(成田空港)建設資材輸送用として、193両が製造されました。
  35t積みの無蓋ホッパー車で、国鉄のホキ2500の同形車です。
  空港建設終了後は数社に転属し、石灰石輸送などに従事しました。
  矢橋工業所有車は、西濃鉄道乙女坂駅から新日鐵住金名古屋製鉄所への
  石灰石輸送に、16両 or 24両編成で使用されています。
  粉状石灰石の輸送時には、飛散防止用の固定式カバーが設けられています。

 <製品特徴>
  ホキ9500形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  矢橋工業所有のカバー付車を再現しています。
  新たに再現した天蓋(カバー)は取りはずし可能です。
  積荷の石灰石を表現したモールドパーツを実物に合わせた形状で新規製作。
  取り外すことによって回送状態も再現可能です。
  側面のハシゴ・手すりや開閉扉のヒンジ、妻面のリブや空気管、
  ブレーキハンドルなどのディテールをリアルに表現しています。
  “矢橋工業株式会社”ロゴ・表記類は印刷済。
  枕バネ部がカバーで覆われたTR213台車を装着しています。
  アーノルドカプラーを標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ホキ9775 ホキ9766 ホキ9773 ホキ9714
  ホキ9777 ホキ9770 ホキ9729 ホキ9768

 <編成例>
  牽引機 + ホキ9500✕16両 or 24両

  牽引機:<3024-1>EF64 1000 JR貨物新更新色
      <3034-4>EF210 100番台 シングルアームパンタグラフ など

  ※かつてはEF65-1000やEF66でも牽引されていたこともあります。
  ※西濃鉄道では、DE10と同形のDE10-501が美濃赤坂~乙女坂を牽引。

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  ※追記) 6/16発売に繰り上げされました。



<10-1439>225系100番台「新快速」8両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  223系の後継車として、2010年に登場した225系。
  225系100番台は2016年に製造された0番台の2次車です。
  前面デザインが521系3次車と同様のデザインに変更され、
  先頭車間転落防止幌が最初から取り付けられています。
  223系各番台や225系0番台との併結運転も実施されており、
  東海道本線・山陽本線・北陸本線・湖西線・赤穂線等で活躍しています。
  編成記号は、4両編成がU編成、8両編成はI編成となっています。

 <製品特徴>
  JR西日本225系100番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  網干総合車両所のI008編成の現行の姿を再現しています。
  0番台とは異なる前面形状や一体形となった側面表示を、ボディ新規製作で再現。
  前面の転落防止幌を新規パーツで再現しており、
  外観重視の先頭部用と、併結時用の中間連結用の2種類を用意。
  転落防止幌はユーザー取付対応となっています。
  前面表示は“A新快速 姫路”を取付済で、
  交換用として“A新快速 米原” “B新快速 近江今津”を付属しています。
  側面行先表示は黒ベタ印刷で、
  新デザインの“優先座席表示”も収録した専用の行先表示シールを付属しています。
  弱冷房車表記は、2020年現在の実車貼付位置・号車に合わせた仕様で表現。
  8両セット…(2)モハ225-404(M)(P)/(7)モハ224-103
  前面貫通扉の編成番号は印刷済。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は白色LEDで点灯します。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ←播州赤穂・姫路   米原・近江今津→
  (1) クモハ224-103 + (2) モハ225-404(M)(P) + (3) モハ224-106 +
  (4) モハ224-105 + (5) モハ225-603(P) + (6) モハ224-104 +
  (7) モハ224-103 + (8) クモハ225-103(P)

 <編成例>
  ←播州赤穂・姫路  米原・近江今津→
  クモハ224-100 + モハ225-400(M)(P) + モハ224-100 + モハ224-100 +
  モハ225-600(P) + モハ224-100 + モハ224-100 + クモハ225-100(P) +
  クモハ224-100 + モハ225-100(M)(P) + モハ224-100 + クモハ225-100(P)

  クハ222-2000 + モハ223-2000(P) + サハ223-2000 + サハ223-2000 +
  モハ223-2000(M)(P) + サハ223-2000 + サハ223-2000 + クモハ223-2000(P) +
  クモハ224-100 + モハ225-100(M)(P) + モハ224-100 + クモハ225-100(P)

  クハ222-2000 + モハ222-2000・3000(M)(P) + サハ223-2000 +
  クモハ223-2000/3000(P) + クモハ224-100 + モハ225-100(M)(P) +
  モハ224-100 + クモハ225-100(P)

  赤文字:<10-1439>225系100番台<新快速>8両セット
  桃文字:<10-1440>225系100番台<新快速>4両セット
  橙文字:223系2000番台「新快速」8両セット
  緑文字:223系2000番台「新快速」4両セット

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  ※追記) 6/25発売に繰り上げされました。



<10-1440>225系100番台「新快速」4両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  223系の後継車として、2010年に登場した225系。
  225系100番台は2016年に製造された0番台の2次車です。
  前面デザインが521系3次車と同様のデザインに変更され、
  先頭車間転落防止幌が最初から取り付けられています。
  223系各番台や225系0番台との併結運転も実施されており、
  東海道本線・山陽本線・北陸本線・湖西線・赤穂線等で活躍しています。
  編成記号は、4両編成がU編成、8両編成はI編成となっています。

 <製品特徴>
  JR西日本225系100番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  網干総合車両所のU005編成の現行の姿を再現しています。
  0番台とは異なる前面形状や一体形となった側面表示を、ボディ新規製作で再現。
  前面の転落防止幌を新規パーツで再現しており、
  外観重視の先頭部用と、併結時用の中間連結用の2種類を用意。
  転落防止幌はユーザー取付対応となっています。
  前面表示は“A新快速 姫路”を取付済で、
  交換用として“A新快速 長浜” “BB新快速 敦賀”を付属しています。
  側面行先表示は黒ベタ印刷で、
  新デザインの“優先座席表示”も収録した専用の行先表示シールを付属しています。
  弱冷房車表記は、2020年現在の実車貼付位置・号車に合わせた仕様で表現。
  4両セット…モハ225-102(M)(P)
  前面貫通扉の編成番号は印刷済。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は白色LEDで点灯します。
  動力車は他の車両との併結を考慮してトラクションタイヤ無し。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  (1)クモハ224-102 + (2)モハ225-102(M)(P) +
  (3)モハ224-102 + (4)クモハ225-102(P)

 <編成例>
  ←播州赤穂・姫路  米原・近江今津→
  クモハ224-100 + モハ225-400(M)(P) + モハ224-100 + モハ224-100 +
  モハ225-600(P) + モハ224-100 + モハ224-100 + クモハ225-100(P) +
  クモハ224-100 + モハ225-100(M)(P) + モハ224-100 + クモハ225-100(P)

  クハ222-2000 + モハ223-2000(P) + サハ223-2000 + サハ223-2000 +
  モハ223-2000(M)(P) + サハ223-2000 + サハ223-2000 + クモハ223-2000(P) +
  クモハ224-100 + モハ225-100(M)(P) + モハ224-100 + クモハ225-100(P)

  クハ222-2000 + モハ222-2000・3000(M)(P) + サハ223-2000 +
  クモハ223-2000/3000(P) + クモハ224-100 + モハ225-100(M)(P) +
  モハ224-100 + クモハ225-100(P)

  赤文字:<10-1439> 225系100番台<新快速> 8両セット
  桃文字:<10-1440> 225系100番台<新快速> 4両セット
  橙文字:223系2000番台「新快速」8両セット
  緑文字:223系2000番台「新快速」4両セット

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  ※追記) 6/25発売に繰り上げされました。



 <関連記事>
  【カトー】「2020年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 地震・台風・水害に備えよう! 国内実績トップクラスの防災セットメーカー LA・PITA 直営サイト