忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 グリーンマックス > 【グリーンマックス】「2020年8月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1.

【グリーンマックス】「2020年8月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1.

グリーンマックス(GREENMAX)さん、2020年8月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<50666>東武6050型(リバイバルカラー・6179編成)2両編成セット(動力付き)
<50667>東武6050型(リバイバルカラー・6179編成)2両編成セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  6000系の車体を更新して、1985年に登場した東武6050型。
  2扉セミクロスシート車で、1986年までに2両編成22本が製造されました。
  さらに1988年までに、2両編成8本が完全新造車として製造されましたが、
  2012年には2編成が634系に改造され、
  野岩鉄道や会津鉄道向けに譲渡もしくは新造された車両もありました。
  更新車は主電動機・抵抗器・電動空気圧縮機(CP)・台車等を流用していますが、
  制御器等の主要機器は新製されています。
  1996年には先頭部の連結器が
  自動連結器から電気連結器付き密着連結器へ交換され、
  ジャンパ栓受けも撤去されました。
  東武日光線全線開業90周年を記念して、
  2019年11月に更新車6162Fが、2020年1月には完全新造車6179Fが、
  6000系時代のベージュとマルーン色のリバイバルカラーに塗装変更されました。

 <製品特徴>
  東武6050型を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  6000系リバイバルカラーの2パンタ編成6179Fを再現しています。
  クーラー・ベンチレーター・ヒューズボックスは取付済。
  列車無線アンテナはユーザー取付対応となっています。
  室内座席シートの色はオレンジ色で表現しています。
  車番・東武鉄道(側面)・乗務員室立入り禁止表記は印刷済。
  前面種別/行先表示(普通/新栃木)は印刷済。
  側面の種別/行先表示(普通/新栃木)はステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライト・通過標識灯が電球色で、
  テールライトが赤色で点灯します。
  <50666>はフライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <50666>東武6050型(リバイバルカラー・6179編成)2両編成セット(動力付き)
   モハ6179(M)(P) クハ6279

  <50667>東武6050型(リバイバルカラー・6179編成)2両編成セット(動力無し)
   モハ6179(P) クハ6279

 <編成例>
  <50666>東武6050型(リバイバルカラー・6179編成)2両編成セット(動力付き)
   ←南栗橋  東武日光・新藤原→
   種別:普通 行先:新栃木
   モハ6179(M)(P) + クハ6279

  <50667>東武6050型(リバイバルカラー・6179編成)2両編成セット(動力無し)
   ←南栗橋  東武日光・新藤原→
   種別:普通 行先:新栃木
   モハ6179(P) + クハ6279

 <最安値を探してみる>
  <50666>東武6050型(リバイバルカラー・6179編成)2両編成セット(動力付き)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  <50667>東武6050型(リバイバルカラー・6179編成)2両編成セット(動力無し)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  ※追記) 9月発売に延期されました。



<30336>会津鉄道6050系(2パンタ車)2両編成セット(動力付き)
<30337>会津鉄道6050系(2パンタ車)2両編成セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  会津高原(現;会津高原尾瀬口)~会津田島間電化に伴い、
  1990年10月に登場した会津鉄道6050系。
  東武6050系と同様の仕様で、61201Fの1編成のみが製造されており、
  書類上は東武からの譲受車となっています。
  同じ東武からの譲受車である野岩鉄道6050系や東武6050系と共通運用され、
  2017/4/21以降は日光線南栗橋以北の急行・区間急行や
  日光線・鬼怒川線の普通列車を中心に使用されています。
  2019年には霜取り用パンタグラフが増設され2パンタ仕様となりました。

 <製品特徴>
  会津鉄道6050系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2パンタ仕様となった61201Fを再現しています。
  クーラー・ベンチレーター・ヒューズボックスは取付済。
  列車無線アンテナはユーザー取付対応となっています。
  室内座席シートの色はエンジ色で表現しています。
  車番・コーポレートマーク・乗務員室立入り禁止表記は印刷済。
  前面種別/行先表示(普通/会津田島)は印刷済。
  側面の種別/行先表示(普通/会津田島)はステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライト・通過標識灯が電球色で、
  テールライトが赤色で点灯します。
  <30336>はフライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30336>会津鉄道6050系(2パンタ車)2両編成セット(動力付き)
   モハ61201(M)(P) クハ62201

  <30337>会津鉄道6050系(2パンタ車)2両編成セット(動力無し)
   モハ61201(P) クハ62201

 <編成例>
  <30336>会津鉄道6050系(2パンタ車)2両編成セット(動力付き)
   ←会津高原尾瀬口  会津田島→
   種別:普通 行先:会津田島
   モハ61201(M)(P) + クハ62201

  <30337>会津鉄道6050系(2パンタ車)2両編成セット(動力無し)
   ←会津高原尾瀬口  会津田島→
   種別:普通 行先:会津田島
   モハ61201(P) + クハ62201

 <最安値を探してみる>
  <30336>会津鉄道6050系(2パンタ車)2両編成セット(動力付き)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  <30337>会津鉄道6050系(2パンタ車)2両編成セット(動力無し)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  ※追記) 9月発売に延期されました。



<30334>野岩鉄道6050系(2パンタ車・61101編成+61103編成)4両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  野岩鉄道6050系は第一編成の61101Fが1985年に、
  第二編成の61102Fが1986年に製造されました。
  東武6050系と同様の仕様で製造され、
  両編成とも1986年の野岩鉄道開業時に東武から譲渡されました。
  1988年には第三編成の61103Fが製造・譲渡されました。
  同じ東武からの譲受車である会津鉄道6050系や東武6050系と共通運用され、
  東武浅草~会津鉄道会津田島間の快速・区間快速として運転されました。
  2020年2月現在は東武新栃木~会津田島方面列車として運転されています。
  なお、2019年には3編成とも霜取り用パンタグラフが増設され、
  2パンタ仕様となりました。

 <製品特徴>
  野岩鉄道6050系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2パンタ仕様となった61101F+61103Fを再現しています。
  クーラー・ベンチレーター・ヒューズボックスは取付済。
  列車無線アンテナはユーザー取付対応となっています。
  室内座席シートの色はエンジ色で表現しています。
  車番・コーポレートマーク・乗務員室立入り禁止表記は印刷済。
  前面種別/行先表示(普通/新藤原)は印刷済。
  側面の種別/行先表示(普通/新藤原)はステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライト・通過標識灯が電球色で、
  テールライトが赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  モハ61101(P) クハ62101 モハ61103(M)(P) クハ62103

 <編成例>
  ←新藤原  会津高原尾瀬口→
  種別:普通 行先:新藤原
  モハ61101(P) + クハ62101 + モハ61103(M)(P) + クハ62103

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  ※追記) 9月発売に延期されました。



<30335>野岩鉄道6050系(2パンタ車・61102編成)増結用先頭車2両セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  野岩鉄道6050系は第一編成の61101Fが1985年に、
  第二編成の61102Fが1986年に製造されました。
  東武6050系と同様の仕様で製造され、
  両編成とも1986年の野岩鉄道開業時に東武から譲渡されました。
  1988年には第三編成の61103Fが製造・譲渡されました。
  同じ東武からの譲受車である会津鉄道6050系や東武6050系と共通運用され、
  東武浅草~会津鉄道会津田島間の快速・区間快速として運転されました。
  2020年2月現在は東武新栃木~会津田島方面列車として運転されています。
  なお、2019年には3編成とも霜取り用パンタグラフが増設され、
  2パンタ仕様となりました。

 <製品特徴>
  野岩鉄道6050系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2パンタ仕様となった61102Fを再現しています。
  クーラー・ベンチレーター・ヒューズボックスは取付済。
  列車無線アンテナはユーザー取付対応となっています。
  室内座席シートの色はエンジ色で表現しています。
  車番・コーポレートマーク・乗務員室立入り禁止表記は印刷済。
  前面種別/行先表示(普通/新藤原)は印刷済。
  側面の種別/行先表示(普通/新藤原)はステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライト・通過標識灯が電球色で、
  テールライトが赤色で点灯します。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  モハ61102(P) クハ62102

 <編成例>
  ←新藤原  会津高原尾瀬口→
  種別:普通 行先:新藤原
  モハ61102(P) + クハ62102

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  ※追記) 9月発売に延期されました。



<50661>近鉄2013系観光列車「つどい」リニューアル後 3両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  名古屋線旧性能車の代替用として、1978年に登場した近鉄2000系(3代目)。
  1979年までに3両編成✕12本が製造されました。
  1979年に製造された2107Fは、
  2013年の伊勢神宮式年遷宮にあわせて観光用車両“つどい”に改造され、
  形式も2013系に改められました。
  伊勢・鳥羽・志摩の魅力をテーマにした内外装となり、
  伊勢市~賢島間で活躍しましたが、
  2018年6月から始まった“開湯1300年 ゆこうよ 湯の山”キャンペーンにあわせて、
  塗色がブラウン系に変更されるなど、再び内外装がリニューアルされました。
  現在は近鉄名古屋~湯の山温泉間で運転されている他、
  近鉄線内の団体臨時列車としても運転されています。

 <製品特徴>
  近鉄2013系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2018年にリニューアルされた観光列車“つどい”を再現しています。
  落ち着いた車体外装色と特徴のある内装を新規専用パーツで再現。
  1号車と3号車の室内を再現しています。
  クーラーは取付済。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付対応となっています。
  臭気抜き・ランボードは一体彫刻表現です。
  つどい/ゆこうよ湯の山温泉/SIGHTSEENG TRAINの各ロゴ・
  車番・号車表示は印刷済。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で、通過標識灯は黄色で点灯。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載しています。
  スカートは専用パーツを新規製作。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  2014 2013(M)(P) 2107

 <編成例>
  ←近鉄四日市  湯の山温泉・近鉄名古屋→
  種別:- 行先:-
  2014 + 2013(M)(P) + 2107

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<30895>京王1000系(5次車・ライトグリーン)5両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  34年振りの井の頭線用新型車両として、
  1996年に運行を開始した京王1000系(2代目)。
  3000系が18m級3扉だったのに対し、
  1000系は井の頭線初の20m級4扉車となっています。
  車体は軽量ステンレス製で、井の頭線では初のVVVFインバータ制御車です。
  6次車まで製造されており、細部には若干の違いが見受けられます。
  2008年増備の5次車からは、
  正面のLED式行先表示器が大型・フルカラー化されており、
  窓のない妻面やビードが廃止された側面なども特徴のひとつです。
  車体前頭部は編成毎に7色のレインボーカラーで塗装されています。
  2009年登場の5次車1725Fは前面がライトグリーンとなっています。

 <製品特徴>
  京王1000系(2代目)5次車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ライトグリーン編成の1725Fを再現しています。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付対応です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  車番・コーポレートマークは印刷済。
  種別/行先表示(前面/側面:フルカラーLED仕様)・運行番号(LED仕様)・
  優先席・弱冷房車は選択式ステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で、
  通過標識灯・前面行先表示器が白色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  床下機器は専用品を装着しています。
  着色済グレー車輪を装着しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ1775 デハ1125(P) デハ1075(M)(P) デハ1025(P) クハ1725

 <編成例>
  ←渋谷  吉祥寺→
  種別:- 行先:-
  クハ1775 + デハ1125(P) + デハ1075(M)(P) + デハ1025(P) + クハ1725

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  ※追記) 7月発売に繰り上げされました。



 <関連記事>
  

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 地震・台風・水害に備えよう! 国内実績トップクラスの防災セットメーカー LA・PITA 直営サイト