忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【鉄コレ】「鉄道コレクション 営団地下鉄2000形丸ノ内線 3両セット」,鉄道模型Nゲージ

<292234>鉄道コレクション 営団地下鉄2000形丸ノ内線 3両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  銀座線用の標準型車両として、1959年に登場した営団地下鉄2000形。
  1963年まで104両が製造されました。
  丸ノ内線方南町支線(中野坂上~方南町間)へは、
  100形の置換用として1968年に10両が銀座線から転属してきました。
  その際、外観は赤色車体に白帯が入れられ、
  内装は淡緑色から肌色に変更されました。
  導入当初は2連✕5本で活躍しましたが、
  1981年に輸送力増強を目的に、
  さらに8両が転属し、3連✕6本に組み替えられました。
  1993年7月、500形に引き継ぐ形で引退となりました。

 <製品特徴>
  営団地下鉄2000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  丸ノ内線方南町支線用車を鉄コレで再現しています。
  動力ユニットは16m級用A TM-10R、
  走行用パーツはTT-04Rを推奨しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  Joshinスーパーキッズランド本店 鉄道模型新製品展示会2018にて撮影

 <製品内容>
  2034 2092 2033

 <編成例>
  2034 + 2092 + 2033

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 東京地下鉄

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【グリーンマックス】「東京メトロ13000系(日比谷線・第5編成)7両編成セット(動力付き)」,鉄道模型Nゲージ

<30742>東京メトロ13000系(日比谷線・第5編成)7両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  2017年3月に登場した東京メトロ13000系は、
  日比谷線としては29年振りの新型車両です。
  車体は無塗装アルミ合金のダブルスキン構造となっています。
  日比谷線の車両は開業当初から18m級でしたが、
  2016年度からの4年計画で、
  全ての車両を4扉20m級に統一する予定です。
  今後は、2020年度までに7連44本(308両)が導入され、
  03系8連42本(336両)は全車置き換わる予定です。

 <製品特徴>
  東京メトロ日比谷線13000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  車番・シンボルマーク・コミュニケーションマーク・
  車椅子・ベビーカーマークは印刷済です。
  種別・行先(前面・側面:フルカラーLED仕様)・運行番号・
  優先席・弱冷房車・号車表示は選択式ステッカーを付属しています。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻で表現。
  ヘッドライトと前面方向幕は白色で、テールライトは赤色で点灯します。
  M車フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  13105 13205(P) 13305 13405(M)(P) 13605 13605(P) 13005

 <編成例>
  ←中目黒  北千住→
  13105 + 13205(P) + 13305 + 13405(M)(P) + 13605 + 13605(P) + 13005

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 東京地下鉄

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【マイクロエース】「東京メトロ半蔵門線 08系 基本6両セット&増結4両セット」

<A5082> 東京メトロ半蔵門線 08系 基本6両セット
<A5083> 東京メトロ半蔵門線 08系 増結4両セット

  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  半蔵門線水天宮前~押上間延伸開業と東武鉄道伊勢崎線・日光線相互直通運転開始に
  備えて、2003年に登場した08系。
  営団地下鉄最後の新製系列となりました。
  東西線用05N系をベースとしたアルミ車で、営団地下鉄初の120km/h運転対応車・シ
  ングルアーム採用車となっています。
  2004/4/1の東京メトロ発足に伴い、営団地下鉄のSマークから東京メトロマークに変
  更されました。
  2013年頃からは前面窓に掲出されていたマークが順次撤去されています。
  現在は半蔵門線のほか、東京急行電鉄田園都市線や東武鉄道日光線と伊勢崎線でも活
  躍しています。

 <製品特徴>
  東京メトロ半蔵門線08系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  アルミ車体に紫帯+白帯で、前面窓のマーク省略後の姿を再現しています。
  フルカラーLEDを再現した行先シールを付属。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示器はLEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <A5082>基本6両セット
   08-105 08-205(P) 08-305 08-505(M)(P) 08-605 08-005

  <A5083>増結4両セット
   08-405 08-705 08-805(P) 08-905

 <編成例>
  ←押上・久喜・南栗橋  渋谷・中央林間→
  08-105 + 08-205(P) + 08-305 + 08-405 + 08-505(M)(P) +
  08-605 + 08-705 + 08-805(P) + 08-905 + 08-005

  赤文字:<A5082> 東京メトロ半蔵門線 08系 基本6両セット
  桃文字:<A5083> 東京メトロ半蔵門線 08系 増結4両セット

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 東京地下鉄
AD