忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【マイクロエース】「東京メトロ半蔵門線 08系 基本6両セット&増結4両セット」

<A5082> 東京メトロ半蔵門線 08系 基本6両セット
<A5083> 東京メトロ半蔵門線 08系 増結4両セット

  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  半蔵門線水天宮前~押上間延伸開業と東武鉄道伊勢崎線・日光線相互直通運転開始に
  備えて、2003年に登場した08系。
  営団地下鉄最後の新製系列となりました。
  東西線用05N系をベースとしたアルミ車で、営団地下鉄初の120km/h運転対応車・シ
  ングルアーム採用車となっています。
  2004/4/1の東京メトロ発足に伴い、営団地下鉄のSマークから東京メトロマークに変
  更されました。
  2013年頃からは前面窓に掲出されていたマークが順次撤去されています。
  現在は半蔵門線のほか、東京急行電鉄田園都市線や東武鉄道日光線と伊勢崎線でも活
  躍しています。

 <製品特徴>
  東京メトロ半蔵門線08系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  アルミ車体に紫帯+白帯で、前面窓のマーク省略後の姿を再現しています。
  フルカラーLEDを再現した行先シールを付属。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示器はLEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <A5082>基本6両セット
   08-105 08-205(P) 08-305 08-505(M)(P) 08-605 08-005

  <A5083>増結4両セット
   08-405 08-705 08-805(P) 08-905

 <編成例>
  ←押上・久喜・南栗橋  渋谷・中央林間→
  08-105 + 08-205(P) + 08-305 + 08-405 + 08-505(M)(P) +
  08-605 + 08-705 + 08-805(P) + 08-905 + 08-005

  赤文字:<A5082> 東京メトロ半蔵門線 08系 基本6両セット
  桃文字:<A5083> 東京メトロ半蔵門線 08系 増結4両セット

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 東京地下鉄

【グリーンマックス】「東京メトロ13000系(日比谷線) 7両編成セット(動力付き)」

<30680> 東京メトロ13000系(日比谷線) 7両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  2017年3月に登場した東京メトロ13000系は、日比谷線としては29年振りの新型車両
  です。
  日比谷線の車両は開業当初から18m級でしたが、2016年度からの4年計画で、全ての
  車両を4扉20m級に統一する予定です。
  その一環として登場した13000系は無塗装アルミ合金のダブルスキン構造で、歴代の
  3000系や03系の雰囲気を残しながらも近未来的な形状を取り入れています。
  今後は、2020年度までに7連44本(308両)が導入され、03系8連42本(336両)は全車
  置き換わる予定です。

 <製品特徴>
  東京メトロ日比谷線13000系を、鉄道模型Nゲージにて完全新規金型で製品化。
  前面方向幕「16S H01 中目黒」・車両番号・コミュニケーションマーク・シンボル
  マーク・ベビーカーマーク・車椅子マークは印刷済です。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付となっています。
  前面行先方向幕・ヘッドライトは白色LED、テールライトは赤色LEDで点灯します。
  ライトのON/OFFスイッチは無しとなっています。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  13101 13201(P) 13301 13401(M)(P) 13501 13601(P) 13001

 <編成例>
  ←中目黒  北千住→
  13101 + 13201(P) + 13301 + 13401(M)(P) + 13501 + 13601(P) + 13001

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 東京地下鉄

【グリーンマックス】「東京メトロ05系13次車(東西線・第42編成) 基本4両編成セット(動力付き)&増結用中間車6両セット(動力無し)」,

<30211> 東京メトロ05系13次車(東西線・第42編成)基本4両編成セット(動力付き)
<30212> 東京メトロ05系13次車(東西線・第42編成)増結用中間車6両セット(動力無し)

  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  東西線の輸送力増強と5000系置き換えを目的に1988/11/16に登場した東京メトロ
  (営団)05系。
  細かい仕様変更を経ながら16年間に渡り製造されました。
  1~7次車までを05系、と8次車以降を05N系と分類される事もあります。
  05系13次車は2004年度に製造された第40~43編成の4編成が該当します。
  東葉高速鉄道2000系と共通設計の日立製作所製「A-train」構体を採用しており、
  有楽町線・副都心線用の10000系のベースにもなっています。
  張り上げ屋根構造になっている点や車端部が三角型の断面構造となっている点が特
  徴です。

 <製品特徴>
  東京メトロ05系13次車を鉄道模型Nゲージで製品化。
  前面メトロマークが撤去された2017年頃の第42編成を再現しています。
  コーポレートマーク、車両番号(第42編成)は印刷済。
  前面行先方向幕は「27S 中野」が印刷済で、側面行先方向幕は彫刻のみ(印刷省略)。
  ヒューズボックスとIRアンテナ(<30212>に付属)はユーザー取付です。
  ヘッドライトは白色LED、テールライトは赤色LEDで、ON/OFFスイッチはなし。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30211> 基本4両編成セット(動力付き)
   05-142 05-242(P) 05-342(M) 05-042

  <30212> 増結用中間車6両セット(動力無し)
   05-442 05-542(P) 05-642 05-742 05-842(P) 05-942

 <編成例>
  ←西船橋  中野→
  05-142 + 05-242(P) + 05-342(M) + 05-442 + 05-542(P) +
  05-642 + 05-742 + 05-842(P) + 05-942 + 05-042

  赤文字:<30211> 基本4両編成セット(動力付き)
  桃文字:<30212> 増結用中間車6両セット(動力無し)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 東京地下鉄
        
  • 1
  • 2
  • 3