忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【グリーンマックス】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

グリーンマックス(GREENMAX)さん、9月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<50604>京急新1000形「しあわせのキイロイトリ号」8両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  京急創立120周年とリラックマ誕生15周年を記念したコラボ企画、
  「リラックマ15th✕京急120th記念
  リラックマ&京急 一緒にごゆるりお祝いキャンペーン」を、
  2018/3/5~5/13まで実施しています。
  その一環として、
  2018/3/7から新1000形1057Fが
  「しあわせのキイロイトリ号」として運行されています。
  2018/5/13まで運行される予定です。

 <製品特徴>
  京急新1000形KEIKYU YELLOW HAPPY TRAINを、
  鉄道模型Nゲージで製品化。
  1057F「しあわせのキイロイトリ号」を再現しています。
  車番・KEIKYUマーク・前面形式番号ロゴは印刷済。
  種別・行先表示(前面方向幕・側面方向幕)はフルカラーLED仕様で、
  付属ステッカーで対応しています。
  優先席・弱冷房車・車椅子マーク・ベビーカーマークは
  付属ステッカーで対応しています。
  運行番号はLED仕様で、
  付属ステッカーで対応しています。
  貫通扉は車体色と同じです。
  ヘッドライト・標識種別通過灯は電球色で、
  テールライトは赤色で点灯します。
  床下機器の一部は近似形状となっています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  1057 1058(P) 1059 1060 1061 1062 1063(M)(P) 1064

 <編成例>
  ←浦賀・三崎口・新逗子・羽田空港  品川・泉岳寺→
  種別:- 行先:-
  1057 + 1058(P) + 1059 + 1060 + 1061 + 1062 + 1063(M)(P) + 1064

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<50607>東急1000系(1500番代・生活名所 池上線ヘッドマーク付き)3両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  営団(現;東京メトロ)日比谷線乗入用車両7000系の後継車として、
  1988年に登場した1000系。
  2013年3月の東横線と東京メトロ日比谷線との直通運転休止を受けて、
  東横線用8連車の一部編成が3連化された上で、
  2014/5/10から池上線・多摩川線に転用されました。
  これが1000系1500番台です。
  改造後は7000系のような濃いグリーン・リーフグリーン・ゴールドの車体帯となり、
  戸袋部には三日月のマークが付けられました。
  また、パンタグラフもひし形1基からシングルアーム式2基に変更されました。
  1501Fは2014年に登場。
  2017/10/10からは、池上線沿線活性化を目指すプロジェクト
  「生活名所ヘッドマーク」が掲出されています。

 <製品特徴>
  東急1000系1500番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  生活名所ヘッドマークを掲げた1501Fを再現しています。
  車番・社紋・前面方向幕(フルカラーLED仕様)は印刷済。
  クーラー・列車無線アンテナ・ヒューズボックスは取付済です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  ヘッドライトは白色で、テールライトは赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  床下機器は1500番台専用部品を装着しています。
  台車は近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  デハ1501 デハ1601(M)(P) クハ1701

 <編成例>
  ←五反田・多摩川  蒲田→
  種別:- 行先:池上線 運行番号:04
  デハ1501 + デハ1601(M)(P) + クハ1701

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30761>東急1000系(1500番代・従来型スカート・登場時)3両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  営団(現;東京メトロ)日比谷線乗入用車両7000系の後継車として、
  1988年に登場した1000系。
  2013年3月の東横線と東京メトロ日比谷線との直通運転休止を受けて、
  東横線用8連車の一部編成が3連化された上で、
  2014/5/10から池上線・多摩川線に転用されました。
  これが1000系1500番台です。
  改造後は7000系のような濃いグリーン・リーフグリーン・ゴールドの車体帯となり、
  戸袋部には三日月のマークが付けられました。
  また、パンタグラフもひし形1基からシングルアーム式2基に変更されました。

 <製品特徴>
  東急1000系1500番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シールドビームの前照灯・従来型スカートの姿を再現しています。
  車番・社紋・前面方向幕(池上線・フルカラーLED仕様)は印刷済。
  クーラー・列車無線アンテナ・ヒューズボックスは取付済です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  床下機器は1500番台専用部品を装着しています。
  台車は近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  デハ1503 デハ1603(M)(P) クハ1703

 <編成例>
  ←五反田・多摩川  蒲田→
  種別:- 行先:池上線 運行番号:01
  デハ1503 + デハ1603(M)(P) + クハ1703

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30762>東急1000系(1500番代・強化型スカート・登場時)3両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  営団(現;東京メトロ)日比谷線乗入用車両7000系の後継車として、
  1988年に登場した1000系。
  2013年3月の東横線と東京メトロ日比谷線との直通運転休止を受けて、
  東横線用8連車の一部編成が3連化された上で、
  2014/5/10から池上線・多摩川線に転用されました。
  これが1000系1500番台です。
  改造後は7000系のような濃いグリーン・リーフグリーン・ゴールドの車体帯となり、
  戸袋部には三日月のマークが付けられました。
  また、パンタグラフもひし形1基からシングルアーム式2基に変更されました。

 <製品特徴>
  東急1000系1500番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シールドビームの前照灯・強化型スカートの姿を再現しています。
  車番・社紋・前面方向幕(池上線・フルカラーLED仕様)は印刷済。
  クーラー・列車無線アンテナ・ヒューズボックスは取付済です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  床下機器は1500番台専用部品を装着しています。
  台車は近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  デハ1504 デハ1604(M)(P) クハ1704

 <編成例>
  ←五反田・多摩川  蒲田→
  種別:- 行先:池上線 運行番号:08
  デハ1504 + デハ1604(M)(P) + クハ1704

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30758>東急1000系(東横線・従来型スカート)8両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1988年に登場した1000系。
  営団(現;東京メトロ)日比谷線乗入用車両である
  7000系の後継車として登場したグループと、
  池上線7200系の代替用して登場したグループが存在します。
  9000系をベースにした18m車で、
  9000系と共通部品を使用することにより、
  機器・保守作業・運転取扱いの共通化・効率化が図られています。

 <製品特徴>
  東急1000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  東横線・日比谷線直通車で、従来型スカートの姿を再現しています。
  クーラー・列車無線アンテナ・ヒューズボックス・避雷器は取付済です。
  デハ1350型の誘導無線アンテナは省略しています。
  車番・社紋・前面種別・行先表示は印刷済。
  種別・行先表示は幕仕様で、
  ヘッドライトは電球式の2012年頃の姿を再現しています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯。
  フライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  台車・床下機器は近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ1001 デハ1251 デハ1201(P) デハ1351(M)
  デハ1301(P) デハ1451 デハ1401(P) クハ1101

 <編成例>
  ←中目黒  菊名→
  種別:各停 行先:菊名 運行番号:84K
  クハ1001 + デハ1251 + デハ1201(P) + デハ1351(M) +
  デハ1301(P) + デハ1451 + デハ1401(P) + クハ1101

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30759>東急1000系(東横線・強化型スカート)8両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1988年に登場した1000系。
  営団(現;東京メトロ)日比谷線乗入用車両である
  7000系の後継車として登場したグループと、
  池上線7200系の代替用して登場したグループが存在します。
  9000系をベースにした18m車で、
  9000系と共通部品を使用することにより、
  機器・保守作業・運転取扱いの共通化・効率化が図られています。

 <製品特徴>
  東急1000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  東横線・日比谷線直通車で、強化型スカートの姿を再現しています。
  クーラー・列車無線アンテナ・ヒューズボックス・避雷器は取付済です。
  デハ1350型の誘導無線アンテナは省略しています。
  車番・社紋・前面種別・行先表示は印刷済。
  種別・行先表示は幕仕様で、
  ヘッドライトは電球式の2012年頃の姿を再現しています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯。
  フライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  台車・床下機器は近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ1008 デハ1258 デハ1208(P) デハ1358(M)
  デハ1308(P) デハ1458 デハ1408(P) クハ1108

 <編成例>
  ←中目黒  菊名→
  種別:日比谷線直通 行先:北千住 運行番号:81K
  クハ1008 + デハ1258 + デハ1208(P) + デハ1358(M) +
  デハ1308(P) + デハ1458 + デハ1408(P) + クハ1108

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30760>東急1000系(東横線・スカート無し)8両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1988年に登場した1000系。
  営団(現;東京メトロ)日比谷線乗入用車両である
  7000系の後継車として登場したグループと、
  池上線7200系の代替用して登場したグループが存在します。
  9000系をベースにした18m車で、
  9000系と共通部品を使用することにより、
  機器・保守作業・運転取扱いの共通化・効率化が図られています。

 <製品特徴>
  東急1000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  東横線・日比谷線直通車で、スカート無しの姿を再現しています。
  クーラー・列車無線アンテナ・ヒューズボックス・避雷器は取付済です。
  デハ1350型の誘導無線アンテナは省略しています。
  車番・社紋・前面種別・行先表示は印刷済。
  種別・行先表示は幕仕様で、
  ヘッドライトは電球式の2012年頃の姿を再現しています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯。
  フライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  台車・床下機器は近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ1005 デハ1255 デハ1205(P) デハ1355(M)
  デハ1305(P) デハ1455 デハ1405(P) クハ1105

 <編成例>
  ←中目黒  菊名→
  種別:各停 行先:菊名 運行番号:82K
  クハ1005 + デハ1255 + デハ1205(P) + デハ1355(M) +
  デハ1305(P) + デハ1455 + デハ1405(P) + クハ1105

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

【鉄コレ】「鉄道コレクション 2018/5/25発売予定 鉄道模型製品情報」

<288862>鉄道コレクション JR205系1200番代 南武線6両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  103系に代わる新形式車として1985年に登場した205系。
  205系1200番台は山手線所属付随車の一部を先頭車化した車両で、
  南武線用として2004~2005年に登場しました。
  ナハ50編成は1200番台で唯一鎌倉総合車両センターで改造された車両です。
  運転台設置により埋められた側面方向幕に、
  帯が貼り付けられていないのが特徴です。
  後にシングルアームパンタグラフに交換されました。

 <製品特徴>
  205系1200番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シングルアーム交換後のナハ50編成を鉄コレで再現しています。
  動力は20m級用A2 TM-14、走行化パーツはTT-03R(クロ)を指定し、
  パンタグラフは<0255>PS33D形を推奨します。

 <製品内容>
  クハ205-1205 モハ205-13(P) モハ204-13
  モハ205-15(P) モハ204-15 クハ204-1205
  ※展示用台座は付属していません。

 <編成例>
  クハ205-1205 + モハ205-13(P) + モハ204-13 +
  モハ205-15(P) + モハ204-15 + クハ204-1205

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<288855>鉄道コレクション JR205系3000番代 川越線・八高線4両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  103系に代わる新形式車として1985年に登場した205系。
  205系3000番台は山手線所属車を八高・川越線用に改造した車両で、
  2003年に登場しました。
  4両編成化するにあたり、
  サハ205形中間付随車を先頭車化しています。
  南武支線用205系1000番台や仙石線用205系3100番台と同様に、
  これまでの205系先頭車とは若干の違いがあります。
  ハエ83編成は土崎工場(現:秋田総合車両センター)で先頭改造されました。

 <製品特徴>
  205系3000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ハエ83編成の2017年の姿を鉄コレで再現しています。
  動力は20m級用A2 TM-14、走行化パーツはTT-03R(クロ)を指定し、
  パンタグラフは<0255>PS33D形を推奨します。

 <製品内容>
  クハ205-3003 モハ205-3003(P) モハ204-3003 クハ204-3003
  ※展示用台座は付属してません。

 <編成例>
  クハ205-3003 + モハ205-3003(P) + モハ204-3003 + クハ204-3003

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<289098>鉄道コレクション 筑豊電気鉄道2000形2004号(緑)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  筑豊電気鉄道初の自社車両として1976年に登場した2000形。
  西鉄の福岡市内線1300形・1200形と
  北九州市内線1000形を譲り受けた車両です。
  当初は2両連接車でしたが、
  1977年に北九州線1000形や福岡市内線1000形を改造した中間車を組み込み、
  3両連接車となりました。
  この時の黄色地に赤帯塗装から
  「黄電(きなでん)」と呼ばれ親しまれました。
  2007~2009年に「レインポー電車」と称して、
  7編成全てが7色(紫・藍・青・緑・黄・橙・赤)に塗装変更されました。
  2012年からは廃車が続き、
  現在は2003号(藍)1編成を残すのみとなっています。
 
 <製品特徴>
  筑豊電気鉄道2000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2004号(緑)を再現しています。
  動カユニットはTM-TR06を指定しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  2004A(P) + 2004C + 2004B
  ※展示用台座は付属してません。

 <編成例>
  2004A(P) + 2004C + 2004B

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<289142>鉄道コレクション 筑豊電気鉄道2000形2007号(赤)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  筑豊電気鉄道初の自社車両として1976年に登場した2000形。
  西鉄の福岡市内線1300形・1200形と
  北九州市内線1000形を譲り受けた車両です。
  当初は2両連接車でしたが、
  1977年に北九州線1000形や福岡市内線1000形を改造した中間車を組み込み、
  3両連接車となりました。
  この時の黄色地に赤帯塗装から
  「黄電(きなでん)」と呼ばれ親しまれました。
  2007~2009年に「レインポー電車」と称して、
  7編成全てが7色(紫・藍・青・緑・黄・橙・赤)に塗装変更されました。
  2012年からは廃車が続き、
  現在は2003号(藍)1編成を残すのみとなっています。

 <製品特徴>
  筑豊電気鉄道2000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  前面方向幕が大きい2007号(赤)を再現しています。
  動カユニットはTM-TR06を指定しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  2007A(P) + 2007C + 2007B
  ※展示用台座は付属してません。

 <編成例>
  2007A(P) + 2007C + 2007B

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

【トミックス】「JR キハ40-2000形(JR西日本更新車・首都圏色) M & T」,鉄道模型Nゲージ

<8454>JR キハ40-2000形(JR西日本更新車・首都圏色・M)
<8455>JR キハ40-2000形(JR西日本更新車・首都圏色・T)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ40系は1977~82年にかけて製造された一般形気動車で、
  両運片開き扉のキハ40、片運両開き扉のキハ47、
  片運片開き扉のキハ48があります。
  キハ40形2000番台は温暖地用一般仕様車として、
  1979年から製造が開始されました。
  JR西日本所属のキハ40形は機関換装や更新工事を実施しており、
  側面窓変更や屋根上ベンチレーター撤去、冷房用機器搭載等が施されました。
  2009年からは首都圏色(朱色5号)への塗装変更が実施されています。

 <製品特徴>
  キハ40形2000番台首都圏色を、
  鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  更新工事で側面窓が変更された車体や
  機関更新された床下を再現しています。
  屋根はベンチレーター撤去、冷房用機器搭載の姿を再現。
  DT22形台車は灰色で、Hゴムは黒色で表現しています。
  タイフォンは「シャッター形・スリット形」各大小の4種類からの選択式です。
  前面種別幕は交換式で、印刷済パーツ「普通」を装着済。
  交換用として印刷済別パーツ「快速」「普通」を付属しています。
  元広島色のキハ40系側面にある行先表示器は転写シートで再現しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライト・前面種別幕は常点灯基板を装備し、
  白色LEDで点灯し、ON/OFFスイッチ付となっています。
  ヘッドライトはカラープリズムを採用しており、
  電球色点灯を再現しています。
  <8454>はフライホイール付動力を搭載。
  新集電システム(<8455>のみ)や銀色車輪を採用しています。
  TNカプラー(SP)を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報<8454><8455>をご覧下さい。

 <製品内容>
  <8454>JR キハ40-2000形(JR西日本更新車・首都圏色・M)
   キハ40-2000(JR西日本更新車・首都圏色・M)

  <8455>JR キハ40-2000形(JR西日本更新車・首都圏色・T)
   キハ40-2000(JR西日本更新車・首都圏色・T)

 <編成例>
  <8454>キハ40-2000(M) + <8455>キハ40-2000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報