忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【マイクロエース】「2018年12月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

マイクロエース(MICRO ACE)さん、12月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<A0876>東武1700型 DRC 晩年 6両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  日光線特急用車両として、1956年に登場した東武1700型。
  1957年までに12両が製造されました。
  導入当時は貫通型前面を持つ2両編成で、
  浅草~日光・鬼怒川温泉間の特急として活躍しました。
  しかし、老朽化が目立ってきたために、
  1971年に“さよなら運転”を実施しました。
  その後、1720型と同じ車体を新造し、
  1700型の制御装置・補助機器・台車などを流用する形で、
  1700型“DRC”として2編成が生まれ変わりました。
  1720型と共に、“けごん” “きぬ”等の特急列車として活躍しましたが、
  残念ながら1991年に引退しました。

 <製品特徴>
  東武1700型を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  東武デラックスロマンスカー1700型DRCの最晩年の姿を再現しています。
  ベージュとマルーンの東武特急色を表現。
  側面ナンバーはマルーンの一段表記です。
  先頭車床下にATS車上子を取付。
  ヘッドライト・テールライト・ヘッドマークが点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  モハ1701(P) モハ1702(M) モハ1703
  モハ1704(P) モハ1705 モハ1706(P)

 <編成例>
  ←浅草  東武日光・鬼怒川温泉→
  モハ1701(P) + モハ1702(M) + モハ1703 +
  モハ1704(P) + モハ1705 + モハ1706(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<A0877>東武1720型 DRC 最終編成・登場時 6両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  併走する国鉄東北本線・日光線の電化と新型列車の登場に対抗する為、
  1960年に登場した東武1720型。
  全電動車方式の6両固定編成で、
  特急列車専用車両として活躍しました。
  最終編成の1781Fは、1720型の中でも特異な外観となっています。
  スカートにスリットが開けられ、
  運転室屋根上には客室からの冷気を取り込む風道が取り付けられました。
  この風道は後にクーラーに変更されました。

 <製品特徴>
  東武1720型を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  最終編成1781Fを再現しています。
  最終編成の特長である運転室屋根の風導装置を新規作成。
  スカートのスリットは印刷で表現しています。
  先頭車床下にATS車上子を取付。
  ヘッドライト・テールライト・ヘッドマークが点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  モハ1781(P) モハ1782(M) モハ1783
  モハ1784(P) モハ1785 モハ1786(P)

 <編成例>
  ←浅草  東武日光・鬼怒川温泉→
  モハ1781(P) + モハ1782(M) + モハ1783 +
  モハ1784(P) + モハ1785 + モハ1786(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<A3758>京王7000系・新塗装・基本8両セット
<A3762>京王7000系・新塗装・増結2両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  京王線初のステンレス車として1984年に登場した7000系。
  界磁チョッパ制御の20m車で、
  3M2Tの5連での登場でした。
  1987年には中間車デハ7050形7150番台が増備され、
  6両編成となりました。
  その後も増備が続き、
  2~10連のバラエティ豊かな編成が組まれています。
  登場初期は側面がコルゲート車体でしたが、
  後期にはビードプレス車体での製造となりました。
  2001年からのリニューアル工事では、
  車体帯色がえんじ色から京王レッド&京王ブルーに変更されました。

 <製品特徴>
  京王7000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  塗装変更後の2002年10月頃~2004年6月頃の姿を再現しています。
  外観はステンレス車体に赤帯+青帯の塗装となっています。
  <A3758>(基本8両)は側面コルゲートの初期車、
  <A3762>(増結2両)はビードプレス車体の後期車を再現しています。
  菱形パンタグラフを搭載しています。
  ヘッドライト、テールライトはLEDで、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  動力はフライホイール付動力ユニットを採用。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2017にて撮影

 <製品内容>
  <A3758>京王7000系・新塗装・基本8両セット
   クハ7707 デハ7007(P) デハ7057 デハ7107(M)(P)
   サハ7557 デハ7207(P) デハ7257 クハ7757

  <A3762>京王7000系・新塗装・増結2両セット
   デハ7422(P) クハ7872(P)

 <編成例>
  ←新宿  高尾山口→
  デハ7422(P) + クハ7872(P) + クハ7707 + デハ7007(P) + デハ7057 +
  デハ7107(M)(P) + サハ7557 + デハ7207(P) + デハ7257 + クハ7757

  赤文字:<A3758>京王7000系・新塗装・基本8両セット
  桃文字:<A3762>京王7000系・新塗装・増結2両セット

 <最安値を探してみる>
  <A3758>京王7000系・新塗装・基本8両セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <A3762>京王7000系・新塗装・増結2両セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<A4971>えちごトキめき鉄道・ET-127系 2両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  2015年の北陸新幹線開業により、
  信越本線区間と北陸本線区間が経営分離して誕生したえちごトキめき鉄道。
  信越本線区間(妙高高原~直江津)は“妙高はねうまライン”、
  北陸本線区間(市振~直江津)は“日本海ひすいライン”と呼ばれています。
  ET127系は“妙高はねうまライン”用の車両です。
  元はJR東日本E127系0番台で、
  開業に合わせて10編成が譲渡されました。
  譲渡に際し、大型スカートへの交換や
  車体デザインの変更等が実施されました。

 <製品特徴>
  えちごトキめき鉄道ET127系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ステンレス車体に緑色の山並みをしっかり再現しています。
  前作より前面形状をよりリアルに改良。
  大型化されたスカートを再現しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示器はLEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  ET127-6(M)(P) ET126-6

 <編成例>
  ET127-6(M)(P) + ET126-6

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【マイクロエース】「2018年12月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【トミックス】「2018/9/27発売予定 鉄道模型製品情報」

<98295>JR 12・24系客車(きのくにシーサイド)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  南紀熊野体験博(1999/4/29~9/19)にあわせて登場した「きのくにシーサイド」。
  12系・24系客車を改造したジョイフルトレインです。
  客車と機関車には南紀をイメージした塗装が施されました。
  機関車の機回しを無くす為、
  オハフ13には運転台が取り付けられています。
  登場時は串本~新宮間での運転でしたが、
  博覧会終了後も観光列車として季節運転を継続し、
  天王寺~新宮間などで運転されました。
  残念ながら2007年8月をもって運転終了となりました。

 <製品特徴>
  臨時快速列車「きのくにシーサイド」を、
  鉄道模型Nゲージで製品化。
  オハフ13は運転台付に改造された姿を、新規製作で再現。
  オハフ13・オハ12・スハフ12は側面雨樋が内蔵式に改造された姿を、
  新規製作で再現しています。
  オハ25は側面窓ガラスが開放され展望車となった姿を、
  新規製作で再現しています。
  車番は印刷済。
  オハフ13はヘッドライト・テールライトが点灯し、
  常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付となっています。
  スハフ12はテールライトが点灯し、
  常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付となっています。
  新集電システムや黒色車輪を採用。
  DE10形ディーゼル機関車用のヘッドマークを付属しています。
  (DE10形はセットには含まれません)
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  

  
  鉄道模型フェスティバル2018にて撮影

 <製品内容>
  オハフ13-27 オハ12-228 オハ25-57 スハフ12-128

 <編成例>
  ●「きのくにシーサイド」(1999年4月〜2007年8月)
  ←天王寺  白浜→
  (4)オハフ13-27 + (3)オハ12-228 + (2)オハ25-57 + (1)スハフ12-128
  + DE10-1152

  赤文字:<98295>JR 12・24系客車(きのくにシーサイド)セット
  桃文字:<2236>JR DE10-1000形ディーゼル機関車(1152号機・きのくにシーサイド)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98645>JR 183-1000系電車(幕張車両センター・あずさ色)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  181系・157系の置換用として、1974年に登場した183系1000番台。
  DT32I・TR69I形台車を採用するなど、
  耐寒耐雪構造が強化されました。
  2002年には183系1000番台あずさ色が幕張車両センターに2編成配置され、
  2013年まで臨時列車等に使用されていました。

 <製品特徴>
  183系1000番台を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  幕張車両センター所属のあずさ色を再現しています。
  先頭車側面に「AZUSA」ロゴが無い姿を再現しています。
  モハ182-1000はランボード横が塞がってない前期型の屋根で再現。
  トレインマークは印刷済の「ムーンライトえちご」を装着し、
  「ホリデー快速河口湖」を付属しています。
  Hゴムは黒色、シートはカラーシートで表現しています。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・トレインマークは常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  トレインマークはカラープリズムを採用し、
  白色に近い色で点灯します。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  TNカプラー(SP)を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2018にて撮影

 <製品内容>
  クハ183-1000 モハ183-1000 モハ182-1000(M)(P)
  モハ183-1000 モハ182-1000 クハ183-1000

 <編成例>
  ●快速「ムーンライトえちご」(2010年〜2012年頃)
  ←新宿  新潟→
  (6)クハ183-1000 + (5)モハ183-1000 + (4)モハ182-1000(M)(P) +
  (3)モハ183-1000 + (2)モハ182-1000(P) + (1)クハ183-1000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【トミックス】「JR キハ261 1000系特急ディーゼルカー(1・2次車・新塗装)セット」,鉄道模型Nゲージ

<98298>JR キハ261 1000系特急ディーゼルカー(1・2次車・新塗装)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  キハ183系0番台の置換え用として2006年に登場したキハ261系1000番台。
  当初は「スーパーとかち」で使用されていましたが、
  2016年北海道新幹線開業時からは「スーパー北斗」にも投入されました。
  従来は先頭部が青い塗装でしたが、
  白い先頭部に紫と銀の帯が配された新塗装が導入される事になり、
  2015/12/25から運行を開始しています。
  1・2次車も順次塗装が変更され、
  前頭部トレインマークも幕式からLED式に変更されました。

 <製品特徴>
  キハ261系1000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1・2次車の新塗装バージョンを再現しています。
  単品のキハ260-1300各種を連結すれば、
  最大10両編成が再現可能です。
  キハ260-1300は座席一列分の小窓がある1301~1305番で再現。
  キハ260-1200は座席一列分の小窓がある1201・1202番で再現。
  シートはキロ261が紺色、キハ260がエンジ色、
  キハ261が青色のカラーシートを採用しています。
  印刷済トレインマーク(LED表示)は「スーパーとかち」を装着し、
  「スーパー北斗」「臨時」を付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  先頭車に対応する台車マウント式スノープロウを付属。
  フライホイール付動力・新集電システム・黒色車輪を採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2018にて撮影

 <製品内容>
  キロ261-1100 キハ260-1100(M) キハ260-1300
  キハ260-1200 キハ261-1200

 <編成例>
  ●特急「スーパーとかち」
  ←帯広  札幌→
  (1)キロ261-1100 + (2)キハ260-1100(M) + (3)キハ260-1300 +
  (4)キハ260-1300 + (5)キハ260-1200 + (6)キハ261-1200

  ※塗色変更過渡期の従来塗装との混結編成も楽しめます。
   その際は旧塗装の<9419>キハ260 1300(T)を使用し、
   3・4号車を1両単位で組み替えてください。

  赤文字:<98298>JR キハ261 1000系特急ディーゼルカー(1・2次車・新塗装)セット
  桃文字:<9405>キハ260-1300
 
  ●特急「スーパー北斗」
  ←函館  札幌→
  (1)キロ261-1100 + (2)キハ260-1100(M) + (3)キハ260-1300 +
  (4)キハ260-1300 + (5)キハ260-1300 + (6)キハ260-1300 +
  (7)キハ260-1200 + (8)キハ261-1200

  ※3〜5号車のキハ260-1300形はレイアウトの条件に合わせて、
  <9404>キハ260-1300(M) or <9405>キハ260-1300(T)を選択して下さい。

  ※塗色変更過渡期の従来塗装との混結編成も楽しめます。
   その際は旧塗装の<9418>キハ260-1300(M) or
   <9419>キハ260-1300(T)を選択し、
   3〜6号車を1両単位で組み替えてください。

  赤文字:<98298>JR キハ261 1000系特急ディーゼルカー(1・2次車・新塗装)セット
  橙文字:<9404>キハ260-1300(M) or <9405>キハ260-1300(T)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD