忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【カトー】「2018年8月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

カトー(KATO)さん、8月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<10-1494>E231系3000番台 八高線・川越線 4両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  通勤車両(103系・201系・205系・301系)や
  近郊形車両(113系・115系)の置換用として登場したE231系。
  中央・総武緩行線で運行されていたE231系0番台を4両編成化し、
  八高線・川越線用に改造したのがE231系3000番台です。
  制御機器更新や客室扉用ドアスイッチ新設等の改造工事が実施され、
  帯色もオレンジ・ウグイス色に変更された後、
  2017年11月に川越車両センターに配属されました。
  八高線電化区間の八王子~高麗川間と
  川越線高麗川~川越間で運行されています。

 <製品特徴>
  E231系3000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2017年12月に川越車両センターへ転入したカワ42編成を再現しています。
  側面スピーカー準備蓋がない車体を新規で製作。
  転入時に更新された電動車の床下機器や、
  新設された客室扉ドアスイッチも再現しています。
  屋根上クーラーは側面枠がFRP製のAU725です。
  銀色の前面FRPカバーもしっかり再現。
  総武緩行線時代に装備された先頭部強化スカートとホーム位置検知装置も再現。
  先頭車の車イスマーク・ベビーカーマークを再現。
  現行デザインの優先席表示や正面・側面行先表示、編成番号札を収録した
  行先表示シールを付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面行先表示・運番表示は
  電球色LEDで点灯します。
  先頭車先頭部はダミーカプラーを装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハE231-3002 モハE231-3002(M)(P)
  モハE230-3002 クハE230-3002

 <編成例>
  ←川越  八王子→
  (4)クハE231-3002 + (3)モハE231-3002(M)(P) +
  (2)モハE230-3002 + (1)クハE230-3002

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1498>205系5000番台 武蔵野線(サハ205 ドア大窓) 8両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  103系に代わる新形式車として1985年に登場した205系。
  山手線等の他線区で運行されていた205系を、
  武蔵野線用に改造したのが205系5000番台です。
  各線の205系を改造している為、
  車両によって細部が異なります。
  M34編成はサハ205とそれ以外の車両で、
  ドア窓の大きさが異なります。

 <製品特徴>
  205系5000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  京葉車両センターのM34編成を再現しています。
  小窓ドアの山手線転属車と、
  大窓ドアの埼京線転属車サハ205との組み合わせ編成をしっかり再現。
  VVVF化された中間電動車の仕様も再現しています。
  行先表示LED式や優先席表示は現行デザインのモノを、
  付属シールに収録しています。
  号車サボは現行デザインのグレー地のモノと、
  旧タイプの白地のモノの2種類が収録されています。
  ヘッドライト・テールライトが点灯します。
  中間車連結部はKATOカプラー密連形PAT.を標準装備。
  動力はフライホイール非搭載です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ205-16(小窓) モハ205-5067(P)(小窓) モハ204-5067(M)(小窓)
  サハ205-158(大窓) サハ205-159(大窓) モハ205-5068(P)(小窓)
  モハ204-5068(小窓) クハ204-16(小窓)

 <編成例>
  ←東京・新習志野・海浜幕張  八王子・大宮・府中本町→
  (1)クハ205-16(小窓) + (2)モハ205-5067(P)(小窓) + (3)モハ204-5067(M)(小窓)
  + (4)サハ205-158(大窓) + (5)サハ205-159(大窓) + (6)モハ205-5068(P)(小窓)
  + (7)モハ204-5068(小窓) + (8)クハ204-16(小窓)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1267>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 4両基本セット
<10-1268>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
<10-1269>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 2両増結セットB
<10-1270>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
 ※<10-1267><10-1269>が8月発売予定となっています
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  通勤型車両(201・203・205・209系)と
  近郊型車両(211系)の置き換え用として、
  2006年に登場したE233系。
  車体強化や電気機器・保安装置の二重系統化、
  行先表示機のフルカラー化などが図られています。
  E233系3000番台は2008年に登場。
  東海道線や伊東線・東北本線・高崎線・両毛線等で運行されています。

 <製品特徴>
  E233系3000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  国府津車両センター所属のE16+E66編成を再現しています。
  JR東日本新津車両製作所製車両の屋根上のビードの違いを表現(グリーン車を除く)。
  6号車モハE232-3800番台はトイレ部の窓なしや床下の汚物処理装置を表現。
  先頭車にはヘッド/テールライト標準装備。
  基本・付属編成の先頭車連結側(10・11号車)は消灯スイッチ付です。
  行先表示は印刷済で、
  交換用の前面行先表示を付属しています。
  先頭車(1・15号車)の先頭連結器はダミーカプラーです。
  中間先頭車の先頭部は併結用として伸縮密連カプラーを採用しています。
  中間連結部にはボディマウント式KATOカプラー密連形を標準装備。
  動力車はフライホイール付き動力ユニットを搭載しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <10-1267>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 4両基本セット
   クハE232-3016 サロE233-3016 モハE233-3216(M)(P) クハE233-3016

  <10-1268>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
   モハE232-3416 モハE233-3016(P) サロE232-3016 モハE232-3016

  <10-1269>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 2両増結セットB
   モハE233-3416(P) モハE232-3016

  <10-1270>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
   クハE232-3516 モハE232-3616 モハE233-3616(M)(P)
   サハE233-3016 クハE233-3516

 <編成例>
  (1)クハE232-3016 + (2)モハE232-3416 + (3)モハE233-3016(P) +
  (4)サロE232-3016 + (5)サロE233-3016 + (6)モハE232-3016 +
  (7)モハE233-3416(P) + (8)モハE232-3016 + (9)モハE233-3216(M)(P) +
  (10)クハE233-3016 + (11)クハE232-3516 + (12)モハE232-3616 +
  (13)モハE233-3616(M)(P) + (14)サハE233-3016 + (15)クハE233-3516

  赤文字:<10-1267>4両基本セット
  桃文字:<10-1268>増結セットA(4両)
  橙文字:<10-1269>2両増結セットB
  緑文字:<10-1270>付属編成セット(5両)

 <最安値を探してみる>
  <10-1267>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 4両基本セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <10-1268>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 増結セットA(4両)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <10-1269>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 2両増結セットB
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <10-1270>E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン 付属編成セット(5両)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1237>583系 6両基本セット
<10-1238>583系 モハネ2両増結セット
<10-1239>583系 3両増結セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  583系は動力分散方式の交直両用特急形寝台電車として1968年に登場。
  昼間は昼行特急「はつかり」等に、
  夜間は夜行寝台特急「はくつる」「ゆうづる」等に使用されました。
  その後、山陽新幹線や東北新幹線の開業や老朽化等により、
  徐々に廃車が進行。
  2017/4/8のツアー形式による記念運転と、
  翌日の秋田駅での展示会をもって形式消滅となりました。

 <製品特徴>
  月光形寝台電車583系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  昭和50年代中頃の姿を新規金型で再現しています。
  車内の座席は夜行寝台の状態を再現しており、
  中段寝台パーツを取り外せば昼行の座席状態も再現可能です。
  クハネ583・モハネ582は
  581系とは異なる窓配置・屋根ベンチレータの配列等を新規金型で再現。
  先頭車クハネ583は寒冷地向けタイフォンカバーを再現しています。
  屋根上クーラーは別パーツ化しています。
  押込形ベンチレータは直線配置となっています。
  扉脇手スリは埋め込まれた形で、
  581系との違いを表現しています。
  先頭車前面にはトレインマーク変換装置を装備。
  「はつかり」「はくつる」「明星」「雷鳥」(イラストタイプ)を選定できます。
  別売のトレインマーク変換装置セット(文字とイラストの2種)も同時発売。
  側面方向幕・号車番号はシールが付属しています。
  側面種別サボ「特急」と寝台マーク「★★」は印刷済。
  車端のトイレ部分床下の「循環式汚物処理装置」を再現。
  クハネ583先頭部のダミーカプラーは
  連結器カバーを取り付けた状態を再現しています。
  中間部はボディーマウント式KATOカプラー伸縮密連形を標準装備しています。
  動力はフライホイール付動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <10-1237>583系 6両基本セット
   クハネ583-21 モハネ582-96(P) モハネ583-96
   モハネ582-83(M)(P) モハネ583-83 クハネ583-17

  <10-1238>583系 モハネ2両増結セット
   モハネ582-98(P) モハネ583-98

  <10-1239>583系 3両増結セット
   サロ581-7 サシ581-28 サハネ581-46

 <編成例>
  (1)クハネ583-21 + (2)モハネ582-96(P) + (3)モハネ583-96 +
  (4)モハネ582-83(M)(P) + (5)モハネ583-83 + (6)サロ581-7 +
  (7)サシ581-28 + (8)モハネ582-98(P) + (9)モハネ583-98 +
  (10)モハネ582-98(P) + (11)モハネ583-98 +
  (12)サハネ581-46 + (13)クハネ583-17

  赤文字:<10-1237>583系 6両基本セット
  桃文字:<10-1238>583系 モハネ2両増結セット
  橙文字:<10-1239>583系 3両増結セット

 <最安値を探してみる>
  <10-1237>583系 6両基本セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <10-1238>583系 モハネ2両増結セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <10-1239>583系 3両増結セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

【カトー】「2018年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

カトー(KATO)さん、7月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<1-316>(HO)EF65 2000番台 後期形 JR貨物2次更新色
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  EF65形は平坦路線向け直流用電気機関車で、1965年に開発されました。
  2000番台は国土交通省の省令により誕生した形式です。
  この省令により、100km/h以上で運転する車両には
  運転状況記録装置の搭載が義務付けられ、
  対象車両は元番号に1000をプラスする措置が取られました。
  全車がEF65形1000番台からの改番です。
  空気ブレーキの常用減圧促進改造を受けた車両には
  赤ナンバープレートが掲げられています。

 <製品特徴>
  EF65形2000番台を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  PS22パンタグラフとなったEF65形1056号機以降の後期形を
  プロトタイプに再現しています。
  避雷器はLA17形です。
  屋根上のGPSアンテナは装備した姿と撤去した姿のいずれも再現可能。
  スノープロウは着脱可能です。
  車上子保護板のみの姿も再現可能。
  各窓部のHゴムは黒色で表現しています。
  運転台は操作盤・イスも表現し、
  室内シースルー化しています。
  GPSアンテナ・レタリングシート・メーカーズプレート・
  手すり・ワイパー・屋根上機器が付属しています。
  ナンバープレートは「2080」「2083」「2086」「2090」 。
  メーカーズプレートは「川重・富士」。
  ヘッドライトが点灯します。
  小穴ボックス輪芯付き動輪を再現しています。
  フライホイール搭載動力ユニットを採用。
  DCC対応(NMRA8ピンプラグ付デコーダー搭載用)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF65-2000

 <編成例>
  EF65-2000 + タキ43000 + タキ143645 + タキ43000 ✕4
  EF65-2000 + コキ104 ✕10

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<1-825>(HO)タキ43000 シルバー(タキ143645)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ガソリン専用のタンク車として1967年に登場したタキ43000形。
  当初はブルー塗装の日本オイルターミナル専用車のみでしたが、
  1974年には黒塗装の日本石油輸送所属車も登場。
  1990年以降の日本石油輸送所属新製車(タキ243666~)は、
  エメラルドグリーンとライトグレー塗装になりました。
  2001年からはENEOSマーク付の車両が登場しました。
  タキ143645は1987年に日本車両製造で1両のみ製造されました。
  タンク体がステンレス製で、
  TR215F台車を装備しているのが特徴です。

 <製品特徴>
  ガソリン専用タンク車タキ43000形を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  唯一の銀色車体タキ143645を再現しています。
  軸距離が長いTR215F台車を新規パーツで再現しており、
  コロ軸受部が回転します。
  タンク受・フレーム・台車は黒色で表現。
  社紋・社名「日本石油輸送株式会社」・車番「タキ143645」(黒文字)・
  荷重・換算・常備駅「浜五井駅」(黒文字)・形式表記は印刷済。
  検査表記や周期表記はレタリングシートで再現。
  「35-1-12/30-1-12 川崎車」「29-12-18/24-9-19 川崎車」「A1」
  レタリングシートには常備駅「浜五井駅」(白抜き文字)のバリエーションを収録。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  タキ143645

 <編成例>
  牽引機 + タキ43000 + タキ143645 + タキ43000 ✕4
  ※牽引機:EF65-2000 JR貨物色、DE10 JR貨物更新色など

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<1-816>(HO)タキ43000 ブルー
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ガソリン専用のタンク車として1967年に登場したタキ43000形。
  当初はブルー塗装の日本オイルターミナル専用車のみでしたが、
  1974年には黒塗装の日本石油輸送所属車も登場。
  1990年以降の日本石油輸送所属新製車(タキ243666~)は、
  エメラルドグリーンとライトグレー塗装になりました。
  2001年からはENEOSマーク付の車両が登場しました。

 <製品特徴>
  ガソリン専用タンク車タキ43000形を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  日本オイルターミナルのブルー塗装を再現しています。
  台車はTR214でコロ軸受部が回転します。
  車体ナンバー・所属表記・検査表記は選択式転写シールを付属。
  石油輸送会社マークや車体表記は印刷済です。
  黒色車輪を採用。
  各部手すり・吐出管・エアタンク・ブレーキシリンダー・
  ハンドブレーキ・コロ軸端部・転写シール・石油会社シール等を
  ユーザー付部品として付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  タキ43000 ブルー

 <編成例>
  機関車 + タキ43000 ✕10

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<1-817>(HO)タキ43000 黒
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ガソリン専用のタンク車として1967年に登場したタキ43000形。
  当初はブルー塗装の日本オイルターミナル専用車のみでしたが、
  1974年には黒塗装の日本石油輸送所属車も登場。
  1990年以降の日本石油輸送所属新製車(タキ243666~)は、
  エメラルドグリーンとライトグレー塗装になりました。
  2001年からはENEOSマーク付の車両が登場しました。

 <製品特徴>
  ガソリン専用タンク車タキ43000形を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  日本石油輸送の黒塗装を再現しています。
  台車はTR214でコロ軸受部が回転します。
  車体ナンバー・所属表記・検査表記は選択式転写シールを付属。
  石油輸送会社マークや車体表記は印刷済です。
  黒色車輪を採用。
  各部手すり・吐出管・エアタンク・ブレーキシリンダー・
  ハンドブレーキ・コロ軸端部・転写シール・石油会社シール等を
  ユーザー付部品として付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  タキ43000 黒

 <編成例>
  機関車 + タキ43000 ✕10

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング 楽天市場 あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2018年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1
  【カトー】「2018年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

【カトー】「2018年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

カトー(KATO)さん、7月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<10-1497>キハ81系「いなほ・つばさ」 7両基本セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  日本初の特急形気動車として1960年に登場したキハ81系。
  最初に特急「はつかり」(上野~青森)に投入された事から、
  「はつかり形」とも呼ばれています。
  1961年には第4回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しました。
  その後、電化が進むにつれ、活躍の場を各地に移していきました。
  1968年には「つばさ」に転用され、
  1969年には「いなほ」と「ひたち」に転用。
  さらに1972年には「くろしお」に転用されました。
  残念ながら1978年に引退し、翌年廃車となりました。

 <製品特徴>
  キハ81系特急形気動車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  キハ81系中間期の「いなほ」「つばさ」「ひたち」を再現しています。
  キハ81は乗務員扉横のタブレットキャッチャーの無い姿を再現。
  先頭車先頭部の連結器はダミーカプラー標準装備し、
  ナックルカプラーも付属しています。
  中間連結部はボディーマウント式のKATOカプラー伸縮密自連形を標準装備。
  中間車キハ80・キロ80はカバーの無いエンジンや
  車端部床下に取り付けられたタンクを再現しています。
  キロ80はグリーンマークのある1969年5月以降の姿を再現。
  屋根上には常磐無線アンテナを装備しています。
  食堂車キシ80-900は初の製品化で、
  床下にある走行用エンジンを再現しています。
  ヘッドライトやテールライト・愛称表示が点灯します。
  台車は全てDT31です。
  イスの色はグリーン車が茶色、普通車は青色、食堂車はアイボリーで表現。
  愛称サボ、号車サボ、行先表示はシールを付属しています。
  ヘッドマークは「いなほ」を取付済。
  交換用として「つばさ」「ひたち」を付属しています。
  フライホイール・サスペンション機構搭載動力ユニットを採用。
  DCCフレンドリー対応です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ81-6 キロ80-4 キシ80-901 キハ80-12(M)
  キハ80-9 キハ80-8 キハ81-2

 <編成例>
  「いなほ」「ひたち」 (S47年3月〜9月)
   (1)キハ81-6 + (2)キハ80-2 + (3)キハ82-901 + (4)キロ80-4 +
   (5)キシ80-901 + (6)キハ80-12(M) + (7)キハ80-9 + (8)キハ80-8 + (9)キハ81-2

  「つばさ」(S44年10月〜S47年2月までは「いなほ」「ひたち」も同編成)
   (1)キハ81-6 + (4)キロ80-4 + (5)キシ80-901 + (6)キハ80-12(M) +
   (7)キハ80-9 + (8)キハ80-8 + (9)キハ81-2

  「つばさ」福島〜山形間
   <3079-1>EF71 1次形 + (1)キハ81-6 + (4)キロ80-4 + (5)キシ80-901 +
   (6)キハ80-12(M) + (7)キハ80-9 + (8)キハ80-8 + (9)キハ81-2

  赤文字:<10-1497>キハ81系「いなほ・つばさ」 7両基本セット
  桃文字:<6064-2>キハ80 初期形
  橙文字:<6068>キハ82 900

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<6068>キハ82 900
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  日本初の特急形気動車として1960年に登場したキハ81系。
  最初に特急「はつかり」(上野~青森)に投入された事から、
  「はつかり形」とも呼ばれています。
  1961年には第4回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しました。
  キハ82形900番台は、
  走行用エンジンを2基搭載した中間1等車キロ80を普通先頭車に改造した車両で、
  1968年に登場しました。
  トイレ・洗面所・一部客席部分を運転室・機械室に改装し、
  車掌室・荷物保管室を撤去、走行用エンジンの1基化、
  発電セット搭載等が実施されています。

 <製品特徴>
  キハ82形900番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  元グリーン車ならではの窓配置等をしっかり再現しています。
  無地の愛称表示を取付済。
  交換用として「北斗」「オホーツク」と両列車用のサボシールを付属。
  愛称表示は点灯し、消灯スイッチ付となっています。
  台車はDT31を装備しています。
  ボディーマウント式のKATOカプラー伸縮密自連形を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ82-901

 <編成例>
  「いなほ」「ひたち」 (S47年3月〜9月)
   (1)キハ81-6 + (2)キハ80-2 + (3)キハ82-901 + (4)キロ80-4 +
   (5)キシ80-901 + (6)キハ80-12(M) + (7)キハ80-9 + (8)キハ80-8 + (9)キハ81-2

  赤文字:<10-1497>キハ81系「いなほ・つばさ」 7両基本セット
  桃文字:<6064-2>キハ80 初期形
  橙文字:<6068>キハ82 900

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<6064-2>キハ80 初期形
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  日本初の特急形気動車として1960年に登場したキハ81系。
  最初に特急「はつかり」(上野~青森)に投入された事から、
  「はつかり形」とも呼ばれています。
  1961年には第4回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しました。
  キハ80形は走行用エンジン2基を搭載する中間2等車です。

 <製品特徴>
  キハ80形特急形気動車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  台車はDT31を装備しています。
  ボディーマウント式のKATOカプラー伸縮密自連形を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ80-2

 <編成例>
  「いなほ」「ひたち」 (S47年3月〜9月)
   (1)キハ81-6 + (2)キハ80-2 + (3)キハ82-901 + (4)キロ80-4 +
   (5)キシ80-901 + (6)キハ80-12(M) + (7)キハ80-9 + (8)キハ80-8 + (9)キハ81-2

  赤文字:<10-1497>キハ81系「いなほ・つばさ」 7両基本セット
  桃文字:<6064-2>キハ80 初期形
  橙文字:<6068>キハ82 900

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<3079-1>EF71 1次形
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  奥羽本線板谷峠にある33.3‰区間に対応する専用機として、
  1968年に登場したEF71形電気機関車。
  交流電機では珍しい動軸6軸のF形で、
  電気回生ブレーキを装備していました。
  客貨両用で使用され、
  ディーゼル特急「つばさ」をはじめ、
  寝台特急「あけぼの」や急行「津軽」の牽引機としても有名です。

 <製品特徴>
  EF71形交流電気機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1次形で内バメ式テールライトに前面通風口が付いた姿を再現しています。
  前面窓破損防止のプロテクター取付ボルトもしっかり表現。
  前面窓ガラスや側面明かり窓のHゴムはグレーです。
  交流機特有の屋根上碍子は白色です。
  前面手すり・開放てこは別パーツで、装着済です。
  前面ステップやスカート周りのジャンパ栓は別パーツで付属しています。
  交換用ナンバープレートは切抜文字ナンバーで、
  1、4、7、9号機の4種となっています。
  メーカーズプレートは「東芝」「三菱」が付属しています。
  クイックヘッドマークは「あけぼの」「快速 かもしか」の2種を付属。
  フライホイール搭載の動力ユニットを採用しています。
  アーノルドカプラーを標準装備。
  交換用にKATOナックルカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF71 1次形

 <編成例>
  ・「つばさ」福島〜山形間
   EF71 + <10-1497>キハ81系「つばさ」
   EF71 + キハ181系「つばさ」

  ・貨物列車の例
   EF71 + EF71 + ワム80000 + ワム70000 + ワム70000 + トラ45000 +
   ワム90000 + コキ5500 + キ5500 + ワム90000 + ワラ1 + ワラ1 +
   トラ45000 + ワム80000 + ヨ5000

  ・客車列車の例
   EF71 + オハフ50 + オハ50 + オハ50 + オハ50 + オハ50 + オハフ50

   EF71 + オハフ33 茶 一般形 + オハ35 ブルー 一般形 +
   オハ47 ブルー + スハフ42 ブルー

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<23-575>ISOタンクコンテナ 日陸 2個入
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ISOタンクコンテナは液体・気体輸送用のタンク形コンテナです。
  大きさはISO(国際標準化機構)規格対応の20フィートで、
  海陸一貫輸送することができます。

 <製品特徴>
  日陸所有の22T6型タンクコンテナを、鉄道模型Nゲージで製品化。
  「NRS」ロゴのみのタイプを再現しており、
  <8042-2>コキ200 ISOタンクコンテナ「日陸」積載のコンテナとは
  ロゴデザインが異なります。
  各部のロゴ・表記は印刷済。
  外フレームは青色で表現しています。
  既存の各コンテナ積載用貨車(コキ100系、コキ200)に搭載可能です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  22T6型タンクコンテナ ✕2

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2018年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1
  【カトー】「2018年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報