忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【カトー】「おおさかホビーフェス2017 鉄道模型展示品」その1

マイドーム大阪で開催の
「第2回おおさかホビーフェス」で展示されていたKATO製品をご紹介します。


<10-1399>E231系500番台<すみっコぐらし✕やまのてせん>ラッピングトレイン 11両セット<特別企画品>

製品の詳細説明はこちらの記事をご覧下さい。

<最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1418>M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ) 基本セット(4両)
<10-1419>M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ) 増結セット(4両)
<10-1420>M250系スーパーレールカーゴ(新デザインコンテナ) 増結セット(8両)


製品の詳細説明はこちらの記事をご覧下さい。

<最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1430>EF63 2次形・3次形 JR仕様(茶) 2両セット<特別企画品>

製品の詳細説明はこちらの記事をご覧下さい。

<最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1432>コキ106+107 コンテナ無積載 10両セット

製品の詳細説明はこちらの記事をご覧下さい。

<最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1433>コキ107 コンテナ無積載 2両セット

製品の詳細説明はこちらの記事をご覧下さい。

<最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1439> 225系100番台<新快速> 8両セット
<10-1440> 225系100番台<新快速> 4両セット


製品の詳細説明はこちらの記事をご覧下さい。

<最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<関連記事>
  

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【カトー】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

カトー(KATO)さん、9月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<10-1508>IRいしかわ鉄道521系(古代紫系) 2両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  2006/10/21の北陸本線長浜~敦賀間・湖西線永原~近江塩津間の
  直流化に合わせて登場した521系。
  JR西日本初の新製交直流近郊形電車で、
  223系5500番台や321系を基に設計されたステンレス車となっています。
  521系2次車は金沢地区を走る419系・475系・457系の置換用として2009年に登場。
  1次車から吊り手や手すり・ロングシート袖の仕切り等が改良されました。
  2015年の北陸新幹線開通により、
  北陸本線倶利伽羅~金沢間がIRいしかわ鉄道となった際、
  JR西日本より521系2次車が2両編成5本(新造2・既存3)譲渡されました。
  石川の伝統工芸を彩る加賀五彩(臙脂・黄土・草・古代紫・藍)をテーマに、
  編成毎に異なる車体デザインが採用されています。

 <製品特徴>
  IRいしかわ鉄道521系を鉄道模型Nゲージで製品化。
  IR02編成(古代紫系)を再現しています。
  IRいしかわ鉄道独自の塗色と、
  転落防止ホロと側面ストライプのアクセントカラーが古代紫系の紫色、
  各種ロゴ・表記類、特徴的なホイッスルカバーをしっかり再現しています。
  先頭車間転落防止幌は2種(先頭用・中間連結用)を選択できます。
  前面と側面の行先表示は「普通 富山」を印刷済。
  交換用として「普通 金沢」「ホリデー 金沢」を付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示が点灯します(消灯スイッチ付)。
  先頭部はカプラーカバー+電連のダミーカプラーを装備。
  付属の先頭連結用・カプラーに交換することで先頭車同士の連結が可能です。
  中間連結部はフック無しのボディマウント密自連カプラーを使用しています。
  フライホイール付き動力ユニットを搭載し、
  トラクションタイヤを装着しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ521-14(M) クハ520-14(P)

 <編成例>
  ←富山・倶利伽羅  金沢→
  (2)クモハ521-14(M) + (1)クハ520-14(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1509>IRいしかわ鉄道521系(藍系) 2両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  2006/10/21の北陸本線長浜~敦賀間・湖西線永原~近江塩津間の
  直流化に合わせて登場した521系。
  JR西日本初の新製交直流近郊形電車で、
  223系5500番台や321系を基に設計されたステンレス車となっています。
  521系2次車は金沢地区を走る419系・475系・457系の置換用として2009年に登場。
  1次車から吊り手や手すり・ロングシート袖の仕切り等が改良されました。
  2015年の北陸新幹線開通により、
  北陸本線倶利伽羅~金沢間がIRいしかわ鉄道となった際、
  JR西日本より521系2次車が2両編成5本(新造2・既存3)譲渡されました。
  石川の伝統工芸を彩る加賀五彩(臙脂・黄土・草・古代紫・藍)をテーマに、
  編成毎に異なる車体デザインが採用されています。

 <製品特徴>
  IRいしかわ鉄道521系を鉄道模型Nゲージで製品化。
  IR03編成(藍系)を再現しています。
  IRいしかわ鉄道独自の塗色と、
  転落防止ホロと側面ストライプのアクセントカラーが藍系の青色、
  各種ロゴ・表記類、特徴的なホイッスルカバーをしっかり再現しています。
  先頭車間転落防止幌は2種(先頭用・中間連結用)を選択できます。
  前面と側面の行先表示は「普通 富山」を印刷済。
  交換用として「普通 金沢」「ホリデー 金沢」を付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示が点灯します(消灯スイッチ付)。
  先頭部はカプラーカバー+電連のダミーカプラーを装備。
  付属の先頭連結用・カプラーに交換することで先頭車同士の連結が可能です。
  中間連結部はフック無しのボディマウント密自連カプラーを使用しています。
  フライホイール付き動力ユニットを搭載し、
  トラクションタイヤを装着しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ521-30(M) クハ520-30(P)

 <編成例>
  ←富山・倶利伽羅  金沢→
  (2)クモハ521-30(M) + (1)クハ520-30(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-847>E259系 成田エクスプレス 基本セット(3両)
<10-848>E259系 成田エクスプレス 増結セット(3両)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  253系の置換用として2009年に登場したJR東日本E259系。
  東京都心と新東京国際空港(成田空港)とを結ぶ
  アクセス特急「成田エクスプレス」に使用されています。
  2010年に第53回鉄道友の会ブルーリボン賞と
  第11回ブルネル賞を受賞しました。
  編成は6両を基本としており、
  最大12両編成で活躍しています。

 <製品特徴>
  JR東日本E259系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  鎌倉車両センター所属の東急車両製NE010編成を再現しています。
  信号炎管・列車電話アンテナ・防護無線アンテナは別パーツです。
  側面行先表示「成田エクスプレス 成田空港」を印刷済です。
  E259系の特徴である車体間ダンパー(PAT.P)を再現。
  先頭車運転台側の連結器はカトーカプラー伸縮密連形で、
  ヘッドライト・テールライトは消灯スイッチを装備しているので、
  併結運転も再現できます。
  ヘッドライトは上部が白色のHID灯で、
  中部が電球色のシールドビーム、下部は赤色のテールライトが点灯します。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <10-847>E259系 成田エクスプレス 基本セット(3両)
   クハE258-10 モハE259-10(M) クロE259-10

  <10-848>E259系 成田エクスプレス 増結セット(3両)
   モハE258-10 モハE258-510 モハE259-510

 <編成例>
  ←大船・大宮・池袋・高尾・新宿  成田空港→
  (1)クハE258-10 + (2)モハE258-10 + (3)モハE259-10(M)(P) +
  (4)モハE258-510 + (5)モハE259-510(P) + (6)クロE259-10 +
  (7)クハE258-7 + (8)モハE258-7 + (9)モハE259-7(M) +
  (10)モハE258-507 + (11)モハE259-507 + (12)クロE259-7

  赤文字:<10-847>E259系 成田エクスプレス 基本セット(3両)
  桃文字:<10-848>E259系 成田エクスプレス 増結セット(3両)
  橙文字:<10-821>E259系 成田エクスプレス 6両セット

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1313>681系「しらさぎ」6両基本セット
<10-1314>681系「しらさぎ」3両増結セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  スーパー雷鳥(サンダーバード)用に登場した681系。
  先行試作車が1992年に、
  量産車が1995~97年に製造されました。
  1997年からは特急はくたかにも投入されました。
  北陸新幹線開業(長野~金沢間)による特急「はくたか」廃止に伴い、
  2015年3月のダイヤ改正からは特急しらさぎにも投入されました。
  その際、帯色(ブルー・オレンジ)変更やモハ681の位置入換が実施されました。
  他にも特急「ダイナスター」(福井~金沢)や「能登かがり火」(金沢~和倉温泉)、
  ホームライナーでも活躍しています。

 <製品特徴>
  JR西日本681系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  金沢総合車両所所属でしらさぎ塗色のW02とW12編成を再現しています。
  側面愛称表示は「しらさぎ」「ダイナスター」「能登かがり火」「ホームライナー」。
  行先表示は「名古屋」「米原」「金沢」「福井」「和倉温泉」「関ヶ原」。
  側面号車/座席表示は「1~6、8、9/指定席」「5~7/自由席」を収録。
  ヘッドライトは電球色LEDです。
  カプラーは台車マウントのKATOカプラー密連形です。
  3・6・8号車の車輪にあるディスクブレーキを再現しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <10-1313>681系「しらさぎ」6両基本セット
   クロ681 サハ680 モハ681 サハ681-200(M) サハ680(P) クモハ681-500

  <10-1314>681系「しらさぎ」3両増結セット
   クハ680-500(P) モハ681-200 クハ681

 <編成例>
  ●「しらさぎ」
   ←金沢 (名古屋~米原間逆編成) 名古屋→
   ※7~9号車は多客時のみ米原~金沢間で増結
   (1)クロ681 + (2)サハ680 + (3)モハ681 + (4)サハ681-200(M) +
   (5)サハ680(P) + (6)クモハ681-500 + (7)クハ680-500(P) +
   (8)モハ681-200 + (9)クハ681

  ●「ダイナスター」
   ←金沢  福井→
   (1)クロ681 + (2)サハ680 + (3)モハ681 + (4)サハ681-200(M) +
   (5)サハ680(P) + (6)クモハ681-500

  ●「ホームライナー大垣」
   ←大垣  名古屋→
  ●「ホームライナー関ヶ原」
   ←関ヶ原  名古屋→
   (1)クロ681 + (2)サハ680 + (3)モハ681 + (4)サハ681-200(M) +
   (5)サハ680(P) + (6)クモハ681-500

   赤文字:<10-1313>681系「しらさぎ」6両基本セット
   桃文字:<10-1314>681系「しらさぎ」3両増結セット

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1
  【カトー】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【カトー】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

カトー(KATO)さん、9月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<3061-4>EF65 2000 JR貨物2次更新色
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  EF65形は平坦路線向け直流用電気機関車で、
  1965年に開発されました。
  2000番台は国土交通省の省令により誕生した形式です。
  この省令により、100km/h以上で運転する車両には
  運転状況記録装置の搭載が義務付けられ、
  対象車両は元番号に1000をプラスする措置が取られました。
  全車がEF65形1000番台からの改番です。
  空気ブレーキの常用減圧促進改造を受けた車両には
  赤ナンバープレートが掲げられています。

 <製品特徴>
  EF65形2000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  スノープロウを装着したJR貨物新鶴見機関区所属機の
  2018年現在の姿を再現しています。
  ライトパープルとディープブルーの車体色に、
  クリーム色の乗務員扉のJR貨物二次更新機を再現。
  助士席側窓にある冷風装置用ダクトや、
  遮光フィルムが貼られた運転席側窓をしっかり再現しています。
  現在撤去が進められているGPSアンテナは、
  お好みで取付可能(取付の際は穴あけ加工が必要)。
  Hゴムは黒色で、前面窓の縦桟は黒で、ワイパーは銀で表現しています。
  選択式ナンバープレート付属しています。
  (「2063」「2117」が白字、「2080」「2085」が銀字)
  製造銘板は「川崎重工+富士電機」を印刷済です。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用ナックルカプラーを付属しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。
  フライホイール搭載動力ユニットを採用。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF65-2000

 <編成例>
  EF65-2000 + タキ43000 日本石油輸送(黒・青・シルバー)8両セット
   + <8037-5>タキ1000 ✕6〜12両 計14〜20両

  EF65-2000 + コキ104・106・107・50000など 計14〜20両

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1515>タキ43000 日本石油輸送(黒・青・シルバー)8両セット【特別企画品】
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ガソリン専用のタンク車として1967年に登場したタキ43000形。
  当初はブルー塗装の日本オイルターミナル専用車のみでしたが、
  1974年には黒塗装の日本石油輸送所属車も登場。
  また、ブルー塗装のまま、日本石油輸送に転籍した車両もありました。
  1990年以降の日本石油輸送所属新製車(タキ243666~)は、
  エメラルドグリーンとライトグレー塗装になりました。
  タキ143645は1987年に日本車両製造で1両のみ製造されました。
  タンク体がステンレス製で、
  TR215F台車を装備しているのが特徴です。

 <製品特徴>
  ガソリン専用タンク車タキ43000形を、
  鉄道模型Nゲージで製品化。
  日本石油輸送車の2018年現在の姿を再現しています。
  タキ43000(黒)は既存製品とは異なるナンバーとなっています。
  タキ43000(青)は日本オイルターミナル時代の青塗色のまま、
  表記類が日本石油輸送仕様に変更された姿を再現しています。
  タキ143645はタキ43000系で唯一のステンレスタンク体と、
  黒色デッキ部分を再現。
  他車と軸間距離や形態が異なるTR215F台車を新規製作で再現しています。
  各車ともアーノルドカプラーを装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  タキ43256(黒/浜五井) + タキ43174(黒/浜五井) + タキ143645(シルバー/浜五井)
  + タキ43419(青/浜五井) + タキ43410(黒/根岸) + タキ43398(青/浜五井)
  + タキ43257(黒/仙台北港) + タキ43377(黒/郡山)

 <編成例>
  EF65-2000 + タキ43000 日本石油輸送(黒・青・シルバー)8両セット
    + <8037-5>タキ1000 ✕6〜12両 計14〜20両

  EF210 + <8037-5>タキ1000 ✕2両
    + タキ43000 日本石油輸送(黒・青・シルバー)8両セット + タキ1000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<8013-7>タキ43000 日本石油輸送
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ガソリン専用のタンク車として1967年に登場したタキ43000形。
  当初はブルー塗装の日本オイルターミナル専用車のみでしたが、
  1974年には黒塗装の日本石油輸送所属車も登場しました。

 <製品特徴>
  ガソリン専用タンク車タキ43000形を、
  鉄道模型Nゲージで製品化。
  既存品からの仕様変更品となっています。
  社紋・社名等は紙シール対応から胴体各種表記印刷済へ改良。
  化成品分類番号(燃32)・注入口を示す矢印を追加しています。
  「日本オイルターミナル株式会社」の社名部は地色を黒としています。
  「タキ43266/倉賀野駅常備/自重16.2t」を印刷済。
  日本石油輸送 「タキ43182/浜五井駅常備/自重16.0t」を印刷済。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  タキ43182

 <編成例>
  牽引機 + タキ43000 ✕10両

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<8016>ホキ2200
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  粉粒体農産物(小麦や飼料等)のバラ積み輸送用として、
  1966年に登場したホキ2200は、30t積のホッパ車です。
  車体は車両限界まで拡張された楕円形断面を採用しており、
  二分された内部は上部に積込口が、下部に落し口があります。
  輸送量の減少に伴い、2000年度末を前に形式消滅しました。

 <製品特徴>
  粉粒体農産物バラ積み輸送用のホキ2200形を、
  鉄道模型Nゲージで製品化。
  複雑で立体感に富んだホッパー車の形態をしっかり再現しています。
  黒色車輪を採用。
  アーノルドカプラーを標準装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ホキ12580

 <編成例>
  ●臨海地域から飼料や小麦の輸送に活躍しました。
   DD13初期・後期形 + ホキ2200 ✕5両
   + <8013-6>タキ43000 + <8037-5>タキ1000

  ●ビール工場への原材料輸送によく見られた編成例です。
   機関車各種 + ホキ2200 ✕8両 + <8046-1>ヨ5000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<8028-1>セキ3000(石炭積載・2両入)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  30t積の石炭車として、1951年に登場したセキ3000形。
  側開き式の全鋼製車となっています。
  主に北海道で炭鉱から積出港への石炭輸送に活躍しました。
  車体側面には制限速度65km/hを表わす黄色帯と、
  “道外禁止”の文字が入っています。
  残念ながら1993年までに全廃されました。

 <製品特徴>
  石炭車セキ3000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  既存品をリニューアルし、車番も変更しています。
  新たに積荷の石炭を表現するパーツを追加、
  石炭積荷/無し状態がしっかり再現可能です。
  制限速度65km/hを示す黄色帯や“道外禁止”の文字を印刷済。 
  側扉開閉ハンドルは妻面移設後の姿で、
  手ブレーキハンドルとともに別パーツで付属しています。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  オプションの<11-702>KATOカプラーNに交換も可能です。
  また、「車間短縮ナックルカプラー 黒(ボギー貨車用)」の装着も可能です。
  (ホビーセンターカトー取扱商品)
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  セキ3674 セキ3796

 <編成例>
  D51北海道形 + <8028-1>セキ3000(石炭積載・2両入) +
   + <10-1220>セキ3000(石炭積載)10両セット + <8046-1>ヨ5000

  牽引機 + セキ3000 ✕12両程度 + <8046-1>ヨ5000

  ※牽引機はD51や9600形など
  ※実車ではセキ3000✕50両の編成もありました。

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1
  【カトー】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD