忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 トミックス > 【トミックス】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

【トミックス】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

トミックス(TOMIX)さん、9月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<98295>JR 12・24系客車(きのくにシーサイド)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  南紀熊野体験博(1999/4/29~9/19)にあわせて登場した「きのくにシーサイド」。
  12系・24系客車を改造したジョイフルトレインです。
  客車と機関車には南紀をイメージした塗装が施されました。
  機関車の機回しを無くす為、
  オハフ13には運転台が取り付けられています。
  登場時は串本~新宮間での運転でしたが、
  博覧会終了後も観光列車として季節運転を継続し、
  天王寺~新宮間などで運転されました。
  残念ながら2007年8月をもって運転終了となりました。

 <製品特徴>
  臨時快速列車「きのくにシーサイド」を、
  鉄道模型Nゲージで製品化。
  オハフ13は運転台付に改造された姿を、新規製作で再現。
  オハフ13・オハ12・スハフ12は側面雨樋が内蔵式に改造された姿を、
  新規製作で再現しています。
  オハ25は側面窓ガラスが開放され展望車となった姿を、
  新規製作で再現しています。
  車番は印刷済。
  オハフ13はヘッドライト・テールライトが点灯し、
  常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付となっています。
  スハフ12はテールライトが点灯し、
  常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付となっています。
  新集電システムや黒色車輪を採用。
  DE10形ディーゼル機関車用のヘッドマークを付属しています。
  (DE10形はセットには含まれません)
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  オハフ13-27 オハ12-228 オハ25-57 スハフ12-128

 <編成例>
  ●「きのくにシーサイド」(1999年4月〜2007年8月)
  ←天王寺  白浜→
  (4)オハフ13-27 + (3)オハ12-228 + (2)オハ25-57 + (1)スハフ12-128
  + DE10-1152

  赤文字:<98295>JR 12・24系客車(きのくにシーサイド)セット
  桃文字:<2236>JR DE10-1000形ディーゼル機関車(1152号機・きのくにシーサイド)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98644>JR 14-500系客車(まりも)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  「まりも」は1981年に札幌~釧路間を結ぶ急行列車として登場しました。
  昼行・夜行ともに1往復運行されていましたが、
  1982年から夜行列車の方は、
  引き戸に改造された14系500番台客車に変更されました。
  1988年にはオハ14を改造し、
  サロンを設けたドリームカーを登場させました。
  1993年、「まりも」は特急「おおぞら」に統合され、
  14系客車列車の急行「まりも」は廃止されました。

 <製品特徴>
  14系客車急行「まりも」を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ドリームカーが連結された1988年6月以降の姿を再現しています。
  スハフは雨樋が外付けになっていない姿を新規製作。
  スハネフは特急「まりも」時代と異なるトイレ窓・ルーバー等を新規製作。
  スハネフとオハネのB寝台室内はベッドパーツとハシゴパーツで再現。
  オハのドリームカーは変更されたシートとサロン部分を専用シートで再現。
  スハネフとスハフはトレインマーク「まりも」を印刷済。
  ドリームカー側面のロゴ・スハネフとスハフのJRマークは印刷済です。
  車番と寝台車エンブレムマークは選択式転写シートを付属しています。
  別売の牽引機DD51 JR北海道色用の「まりも」ヘッドマークを付属しています。
  スハネフとスハフのテールライト・トレインマーク部は
  常点灯基板を搭載し、ON-OFFスイッチ付です。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  スハネフの車掌室側はアーノルドカプラーを装備。
  スハフはダミーカプラーを装着しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  スハネフ14-500 オハネ14-500 オハ14-500(ドリームカー)
  オハ14-500(ドリームカー) オハ14-500 スハフ14-550

 <編成例>
  ●急行「まりも」(1992年頃)
  ←釧路  札幌→
  (1)スハネフ14-500 + (2)オハネ14-500 + (3)オハ14-500(ドリームカー) +
  (4)オハ14-500(ドリームカー) + (5)オハ14-500 + (6)スハフ14-550

  ※牽引機は、基本的に全区間で<2215>DD51形(JR北海道色)でした。

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98645>JR 183-1000系電車(幕張車両センター・あずさ色)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  181系・157系の置換用として、1974年に登場した183系1000番台。
  DT32I・TR69I形台車を採用するなど、
  耐寒耐雪構造が強化されました。
  2002年には183系1000番台あずさ色が幕張車両センターに2編成配置され、
  2013年まで臨時列車等に使用されていました。

 <製品特徴>
  183系1000番台を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  幕張車両センター所属のあずさ色を再現しています。
  先頭車側面に「AZUSA」ロゴが無い姿を再現しています。
  モハ182-1000はランボード横が塞がってない前期型の屋根で再現。
  トレインマークは印刷済の「ムーンライトえちご」を装着し、
  「ホリデー快速河口湖」を付属しています。
  Hゴムは黒色、シートはカラーシートで表現しています。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・トレインマークは常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  トレインマークはカラープリズムを採用し、
  白色に近い色で点灯します。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  TNカプラー(SP)を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ183-1000 モハ183-1000 モハ182-1000(M)(P)
  モハ183-1000 モハ182-1000 クハ183-1000

 <編成例>
  ●快速「ムーンライトえちご」(2010年〜2012年頃)
  ←新宿  新潟→
  (6)クハ183-1000 + (5)モハ183-1000 + (4)モハ182-1000(M)(P) +
  (3)モハ183-1000 + (2)モハ182-1000(P) + (1)クハ183-1000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98646>JR 211-3000系近郊電車(高崎車両センター・6両編成)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  211系は111・113・115系の代替用として、
  1985年に登場した直流近郊形電車です。
  211系3000番台は寒地仕様のロングシート車として登場。
  東北本線や高崎線での使用に配慮し、
  スノープラウ(排雪器)や耐雪ブレーキ・レールヒーター・
  半自動ドア等が装備されました。
  2017年より6両固定編成(3両編成✕2本)が、
  上越線・信越本線・両毛線で運行されています。

 <製品特徴>
  211系3000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  高崎車両センター所属の6両編成を再現しています。
  クモハ211-3000のパンタグラフはシングルアームを装着。
  シートはロングシートです。
  JRマーク・半自動ドアスイッチは印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  前面表示部は選択式シールを付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示部は電球色LEDで点灯。
  常点灯基板を装備し、ON-OFFスイッチ付となっています。
  中間封じ込みの先頭車は常点灯基板未装備です。
  先頭車はスノープロウ一体型スカートを装着。
  TNカプラー化対応の原形スカートを付属しています。
  両端の先頭車運転台側はTNカプラー(SP)を装備し、
  中間封じ込みの先頭車運転台側はアーノルドカプラーを装備しています。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ211-3000(P) モハ210-3000(M) クハ210-3000
  クモハ211-3000(P) モハ210-3000 クハ210-3000

 <編成例>
  (2017年3月〜)
  ←横川・水上・小山  高崎→
  (6)クモハ211-3000(P) + (5)モハ210-3000(M) + (4)クハ210-3000 +
  (3)クモハ211-3000(P) + (2)モハ210-3000 + (1)クハ210-3000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<7104>JR EF65-2000形電気機関車(2089号機・JR貨物更新車)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  EF65形は平坦路線向け直流用電気機関車で、1965年に開発されました。
  2000番台は国土交通省の省令により誕生した形式です。
  この省令により、100km/h以上で運転する車両には
  運転状況記録装置の搭載が義務付けられ、
  対象車両は元番号に1000をプラスする措置が取られました。
  全車がEF65形1000番台からの改番となっています。
  空気ブレーキの常用減圧促進改造を受けた車両には
  赤ナンバープレートが掲げられています。
  2089号機は側面に蛍光灯カバーが備え付けられています。

 <製品特徴>
  EF65形2000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  JR貨物更新車2089号機を再現しています。
  車体側面に蛍光灯カバーがある車体を新規で製作。
  車体色は広島更新色で、前面扉が貨物色の姿を再現しています。
  ナンバープレートは朱色で、
  「EF65-2089・1089」を付属しています。
  JR FREIGHTマークは印刷済。
  屋根上モニターは青色、Hゴムは黒色、パンタ下の屋根部は灰色で表現。
  GPSアンテナや前面手すりは別パーツで再現しています。
  解放テコは別パーツで取付済です。
  ヘッドライトはLEDで点灯し、
  常点灯基板を装備しています。
  フライホイール付動力を搭載。
  グレー台車枠・銀色車輪・一体プレート輪心車輪を採用。
  TNカプラーが付属されています。
  ミニカーブを走行可能です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF65-2089(JR貨物更新車)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<8729>JR貨車 コキ104形(新塗装・コンテナなし)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1989年に登場したコキ104形は、
  増・解結を考慮した1両単独運用が可能なコンテナ貨車で、
  1996年までに2908両が製造されました。  
  ISO規格海上コンテナ対応の為に低床車体とし、
  高速化(最高速度110km)等も図られました。
  現在は台枠側面の「JRF」ロゴが省略されています。

 <製品特徴>
  コンテナ貨車コキ104形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  「JRF」表記がない姿を再現しています。
  手すり・ハンドルは取付済。
  車番・「突放禁止」は印刷済です。
  銀色車輪を採用。
  各種コンテナを搭載可能です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  コキ104-2809

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<2645>長良川鉄道 ナガラ300形(305号・ヤマト運輸 貨客混載)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ナガラ1形の置換用として、1998年に登場したナガラ300形。
  16m級の軽快ディーゼルカーで、
  前面貫通式・両運転台・トイレなし仕様となっています。
  2001年までに7両が製造されました。
  305号車は2000年7月にセミクロス車として登場。
  2018年2月には、ヤマト運輸の貨物を運ぶ貨客混載運用に伴い、
  ヤマト運輸カラーのラッピングが施されました。

 <製品特徴>
  長良川鉄道ナガラ300形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  305号車ヤマト運輸カラーを再現しています。
  車番・「ヤマト運輸」ロゴ・前面方向幕「美濃白鳥」等は印刷済。
  幌枠は別パーツで付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・室内灯は常点灯基板を装備。
  フライホイール付動力を搭載しています。
  黒色車輪を採用。
  ミニカーブが通過可能です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ナガラ305(M)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【トミックス】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2
  【トミックス】「2018年9月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD