忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2018年11月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2.

【カトー】「2018年11月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2.

カトー(KATO)さん、11月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<3064-2>EF80 1次形(ヒサシなし)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  常磐線系統用の交直流電気機関車として、
  1962年に登場したEF80形電気機関車。
  1967年までに63両が製造されました。
  機器搭載による重量増を抑える為に、
  1台車1モーター方式を採用しているのが特徴です。
  1962~63年製造車は1次形、
  1966~67年製造車は2次形に分類されます。
  1次形のうち、1~30号機は旅客貨物両用で、
  EG(電気暖房用発電機)を搭載しています。

 <製品特徴>
  EF80形電気機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1966~73年頃の田端機関区所属1~12号機を再現しています。
  登場当時の姿で、前面にヒサシなしの前面形状を新規車体で再現。
  運転席側窓は、改造前の引き違い式を再現しています。
  交換用のスノープロウを付属しています。
  屋根上の碍子は白色です。
  各所のHゴムはグレーで表現しています。
  前面手スリ・解放テコ・信号炎管・ホイッスル・アンテナは取付済。
  製造銘板(ボディ彫込)は“日立”を印刷済。
  ATS表記は“S”、全検表記は“41-8 大宮工”、
  ナンバープレートは3、6、7、9号機の選択式です。
  クイックヘッドマーク対応。
  “ゆうづる”のヘッドマークを2個付属しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用ナックルカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  Joshinスーパーキッズランド本店 鉄道模型新製品展示会2018にて撮影

 <製品内容>
  EF80

 <編成例>
  ・寝台特急「ゆうづる」(上野〜青森) 昭和41年7月〜昭和42年7月
   ※上野〜平間をEF80が牽引
   EF80 + カニ21 + ナロネ21✕2 + ナハネ20✕2
    + ナシ20 + ナハネ20✕6 + ナハフ20

  ・寝台特急「ゆうづる」(上野〜青森) 昭和43年10月〜昭和44年9月
   ※上野〜水戸間をEF80が牽引 (上り1号のみ上野〜平間をEF80が牽引)
   EF80 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20✕2 + ナシ20
    + ナハネ20✕3 + ナロネ21 + ナハネ20✕2 + ナハ20 + ナハフ20

  ・北海道観光 (上野〜青森) 昭和41年頃
   ※上野〜平間をEF80が牽引
   ※寝台急行「音戸」4両増結セット✕3セットで再現可能
   EF80 + ナハネフ10 + オハネ17✕7 + ナハネフ10 + オハネ17✕3 + ナハネフ10

  ・常磐線普通列車 昭和47年頃
   EF80 + スハフ42 + スハ43 + スハフ42 + スハ43✕6 + スハフ42

  ・常磐線貨物列車 昭和47年頃
   EF80 + ワム90000✕2 + トキ15000 + トキ25000✕2
    + トキ15000 + トキ25000 + トキ15000✕5 + ヨ6000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1518>20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」8両基本セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1958年に登場した20系は寝台特急列車用客車で、
  “あさかぜ形客車”と呼ばれました。
  “ブルートレイン”と呼ばれる起源となった車両で、
  登場当時は“走るホテル”とも言われました。
  “はくつる”は上野口初の寝台特急として、1964年に登場。
  上野~青森間を東北線経由で結びました。
  希少なナハ20を組み込んだ編成で活躍しましたが、
  1968年に583系に切り替えられました。
  “ゆうづる”は2列車目の上野口発寝台特急として1965年に登場。
  上野~青森間を常磐線経由で結びました。
  当時、平~仙台間は非電化区間であった為、
  C62蒸気機関車が牽引を担当していました。

 <製品特徴>
  20系寝台特急列車用客車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1965~68年頃の尾久客車区所属車を再現しています。
  ナハ20は、末期の非常口改造後の形態を新規金型で再現。
  内装の座席部分はカニ21が黄緑、ナロネ21は緑、
  ナハ20・ナハフ20は青色で表現しています。
  粉砕式汚物処理装置を再現しています。
  カニ21・ナハフ20の機関車連結側はボディマウントカプラーを採用し、
  アーノルドカプラーを標準装備、交換用ナックルカプラー付です。
  中間連結面はいずれも台車マウントのKATOカプラーN JP Bを採用。
  バックサインは“ゆうづる”を取付済。
  交換用として“はくつる”を付属しています。
  DD51用の“ゆうづる” “はくつる”ヘッドマークと
  交換用ナンバープレート“560” “561”、
  ED71用“はくつる”ヘッドマークを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  おおさかホビーフェス2018にて撮影

 <製品内容>
  カニ21-12 ナロネ21-117 ナロネ21-115 ナハネ20-118
  ナハネ20-133 ナシ20-11 ナハ20-51 ナハフ20-5

 <編成例>
  ←上野  青森→
 ・「ゆうづる」(昭和41年7月〜昭和42年7月)
  牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
  ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハフ20

  ※牽引機は上野〜平間:EF80、平〜仙台間:C62、
   仙台〜盛岡間:ED75 0番台、盛岡〜青森:DD51 500番台×2両
   使用しない車両:ナハ20

 ・「ゆうづる」(昭和43年10月〜昭和44年9月)
   牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 + ナハネ20 +
   ナハネ20 + ナハネ20 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハ20 + ナハフ20

   ※牽引機は上野〜水戸間:EF80、水戸〜青森間:ED75 1000番台
    上り1号 上野〜平間:EF80、平〜青森間:ED75 1000番台
    使用しない車両:ナハネ20

 ・「ゆうづる」(昭和44年10月〜昭和45年7月)
   牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
   ナシ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナロネ21 + ナハ20 + ナハフ20

   ※牽引機は上野〜水戸間:EF80、水戸〜青森間:ED75 1000番台
    上り1号 上野〜平間:EF80、平〜青森間:ED75 1000番台
    使用しない車両:ナハネ20

  ←上野  青森→
 ・「はくつる」(昭和40年10月〜昭和41年2月)
   牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
   ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハ20 + ナハフ20

   ※牽引機は上野〜黒磯間:EF58、黒磯〜仙台間:ED71、
    仙台〜盛岡間:ED75 0番台、盛岡〜青森:DD51 0番台×2両
    使用しない車両:ナハネ20

 ・「はくつる」(昭和41年3月〜昭和43年9月)
   牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
   ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハ20 + ナハフ20

   ※牽引機は上野〜黒磯間:EF58、黒磯〜盛岡間:ED75 0番台、
    盛岡〜青森:DD51 500番台×2両
    使用しない車両:ナハネ20

   赤文字:<10-1518>20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」8両基本セット
   桃文字:<10-1353>20系寝台客車 ナハネ20 増結用6両セット

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1353>20系寝台客車 ナハネ20 増結用6両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1958年に登場した20系は寝台特急列車用客車で、
  “あさかぜ形客車”と呼ばれました。
  “ブルートレイン”と呼ばれる起源となった車両で、
  登場当時は“走るホテル”とも言われました。
  ナハネ20は2等寝台車で、
  1958~70年に253両が製造されました。
  車内は側廊下式で、
  3段式寝台が9ボックス54名分並んでいます。

 <製品特徴>
  20系寝台特急列車用客車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1965~68年頃の尾久客車区所属ナハネ20を再現しています。
  中間連結面はいずれも台車マウントのKATOカプラーN JP Bを採用。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ナハネ20-114 ナハネ20-110 ナハネ20-129
  ナハネ20-137 ナハネ20-147 ナハネ20-123

 <編成例>
  ←上野  青森→
 ・「ゆうづる」(昭和41年7月〜昭和42年7月)
  牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
  ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハフ20

  ※牽引機は上野〜平間:EF80、平〜仙台間:C62、
   仙台〜盛岡間:ED75 0番台、盛岡〜青森:DD51 500番台×2両
   使用しない車両:ナハ20

 ・「ゆうづる」(昭和43年10月〜昭和44年9月)
   牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 + ナハネ20 +
   ナハネ20 + ナハネ20 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハ20 + ナハフ20

   ※牽引機は上野〜水戸間:EF80、水戸〜青森間:ED75 1000番台
    上り1号 上野〜平間:EF80、平〜青森間:ED75 1000番台
    使用しない車両:ナハネ20

 ・「ゆうづる」(昭和44年10月〜昭和45年7月)
   牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
   ナシ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナロネ21 + ナハ20 + ナハフ20

   ※牽引機は上野〜水戸間:EF80、水戸〜青森間:ED75 1000番台
    上り1号 上野〜平間:EF80、平〜青森間:ED75 1000番台
    使用しない車両:ナハネ20

  ←上野  青森→
 ・「はくつる」(昭和40年10月〜昭和41年2月)
   牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
   ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハ20 + ナハフ20

   ※牽引機は上野〜黒磯間:EF58、黒磯〜仙台間:ED71、
    仙台〜盛岡間:ED75 0番台、盛岡〜青森:DD51 0番台×2両
    使用しない車両:ナハネ20

 ・「はくつる」(昭和41年3月〜昭和43年9月)
   牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
   ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハ20 + ナハフ20

   ※牽引機は上野〜黒磯間:EF58、黒磯〜盛岡間:ED75 0番台、
    盛岡〜青森:DD51 500番台×2両
    使用しない車両:ナハネ20

   赤文字:<10-1518>20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」8両基本セット
   桃文字:<10-1353>20系寝台客車 ナハネ20 増結用6両セット

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<7008-7>DD51 500 中期 耐寒形
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1962~78年の16年間にわたり649両が製造されたDD51形ディーゼル機関車。
  寒地用・暖地用、旅客用・貨物用等の様々なバリエーションで製造され、
  非重連形の基本番台、重連総括制御可能な500番台、
  蒸気発生装置がない800番台が活躍しています。
  DD51形500番台は1966~77年に製造され、
  重連総括制御装置を搭載しています。
  A寒地仕様車は北海道・東北・東海・新潟の各地区で活躍し、
  凍結防止用加熱装置や前面窓プロテクター等が設置されています。

 <製品特徴>
  DD51形ディーゼル機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  500番台A寒地仕様を再現しています。
  ボンネット前部側面の放熱器カバーを外した姿を新規製作。
  運転台屋根も、扇風機カバーが無く、
  SG煙突とホイッスルカバーの付いた屋根を新規制作しています。
  運転台前面ガラスは、旋回窓を標準装備。
  運転台側面のSG室ガラスや乗務員ドアなどに装備された、
  タブレットプロテクタを再現しています。
  ナンバープレートは選択式で、
  小樽築港機関区所属機を中心に、675・681・702・718を選出。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用KATOナックルカプラーを付属しています。
  フライホイール搭載動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  DD51-500

 <編成例>
 ・20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」
  DD51-500 中期 耐寒形 + DD51-500 中期 耐寒形
   + <10-1518>・<10-1353>20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」
   ※盛岡〜青森間でDD51が牽引

 ・急行「ニセコ」
  DD51-500 中期 耐寒形(3灯式) + DD51-500 中期 耐寒形
   + <10-1214>・<10-1215>急行「ニセコ・宗谷」

 ・室蘭本線の石炭運搬列車
  DD51-500 中期 耐寒形 + <10-1220>・<8028-1>セキ3000

 ・北海道地区の貨物列車
  DD51-500 中期 耐寒形 + タキ3000 + タキ9900 + ワム80000 +
  チキ5000 + ワム90000 + タキ35000 + トキ15000 + ワム90000 +
  チキ5000 + ワム80000 + ヨ5000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2018年11月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 地震・台風・水害に備えよう! 国内実績トップクラスの防災セットメーカー LA・PITA 直営サイト