忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 鉄道模型 発売予定日情報 > 【トミックス】「2019/3/29発売予定 鉄道模型製品情報」その1.

【トミックス】「2019/3/29発売予定 鉄道模型製品情報」その1.

<98311>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)基本セット
<98312>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットA
<98313>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットB
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  日本初の特急形気動車として、1960年に登場したキハ81系。
  先頭車がボンネットスタイルとなっています。
  最初に特急“はつかり”(上野~青森)に投入された事から、
  “はつかり形”とも呼ばれています。
  1961年には第4回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しました。
  キハ82系はキハ81系の改良型として、
  1961年10月に登場しました。
  編成の融通性の悪さとパワー不足というキハ81系の欠点を解消する為、
  先頭車のキハ82形は前面貫通型とし、
  電源セットを備えました。
  また、食堂車のキシ80形にもエンジンを2基搭載しました。
  これにより分割併合や長短編成が自由に組めるようになり、
  全国で特急を大増発できるようになりました。
  その後、キハ81・82系ともに、
  電化が進むにつれ、活躍の場を各地に移していきました。
  1968年には“つばさ”に転用され、
  1969年には“いなほ”・“ひたち”に転用。
  さらに1972年には“くろしお”に転用されました。
  残念ながら1978年に引退し、翌年廃車となりました。

 <製品特徴>
  キハ81・82系を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  特急“くろしお”を再現しています。

 【共通】
  キハは青色シート、キロはエンジ色シートを採用しています。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  ヘッドライト・テールライトは常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯し、
  トレインマーク部は白色に近い色で点灯します。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。

 【98311のみ】
  ボンネットスタイルのキハ81を新規製作しています。
  キハ81・82は印刷済“くろしお”トレインマーク装着
  床下のDMH17Hエンジンは別パーツです(キハ82前頭用とモーター車除く)。
  キハ81先頭部はダミーカプラーを装備しています。
  スカート形状はキハ81-3イメージに再現予定。
  キハ81の屋根は配管と台座のみの常磐無線アンテナ跡を再現しています。
  キハ81・82のJNRマークとキロ80のグリーンカーマークは印刷済。
  TNカプラー(SP)を標準装備(キハ81前頭部側除く)。

 【98312のみ】
  キハ81は印刷済“くろしお”トレインマークを装着。
  他セット及び単品のキハ82用印刷済“くろしお”トレインマークを付属。
  キハ81先頭部はダミーカプラーを装備。
  スカート開口部はキハ81-5をイメージに再現しています。
  床下のDMH17Hエンジンは別パーツです(キハ82発電用とモーター車除く)。
  キハ81の屋根は配管と台座のみの常磐無線アンテナ跡を再現。
  キハ81のJNRマーク・キロ80のグリーンカーマークは印刷済。
  TNカプラー(SP)を標準装備(キハ81前頭部側除く)。

 【98313のみ】
  印刷済“くろしお”トレインマークを装着。
  他セット及び単品のキハ82用印刷済“くろしお”トレインマークを付属。
  キハ82のタイフォン形状は前面新規で、スリット形で再現。
  床下のDMH17Hエンジンは別パーツです(キハ82発電用除く)。
  キハ82のJNRマーク・キロ80のグリーンカーマークは印刷済。
  TNカプラー(SP)を標準装備しています。

  詳細はメーカーの案内情報<98311><98312><98313>をご覧下さい。

 <製品内容>
  <98311>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)基本セット
   キハ81 キロ80 キハ80(M) キハ82(後期型)

  <98312>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットA
   キハ81 キロ80 キハ80(M)

  <98313>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットB
   キハ82(初期型・スリットタイフォン) キロ80 キハ80(M)

 <編成例>
  ●特急「くろしお」(1976年頃)
   ←名古屋・新宮  天王寺→
   (1)キハ81 + (2)キロ80 + (3)キロ80 + (4)キシ80 + (5)キハ80(M) +
   (6)キハ80 + (7)キハ82(後期型) + (8)キハ80(M) + (9)キハ80 + (10)キハ81

  ●特急「くろしお」(1975年頃)
  ←名古屋・新宮  天王寺→
   (1)キハ82(初期型) + (2)キロ80 + (3)キロ80 + (4)キシ80 + 
   (5)キハ80(M) + (6)キハ80 + (7)キハ82(後期型) + (8)キハ80(M) +
   (9)キハ80 + (10)キハ82(初期型・スリットタイフォン)

   赤文字:<98311>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)基本セット
   桃文字:<98312>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットA
   橙文字:<98313>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットB
   青文字<98269>国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー基本セット
   緑文字<98270>国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー増結セット

 <最安値を探してみる>
  <98311>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)基本セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <98312>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットA
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <98313>国鉄 キハ81・82系特急ディーゼルカー(くろしお)増結セットB
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98269>国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー基本セット
<98270>国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー増結セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  キハ81系の改良型として、1961年10月に登場したキハ82。
  編成の融通性の悪さとパワー不足というキハ81系の欠点を解消する為、
  先頭車のキハ82形は前面貫通型とし、電源セットを備えました。
  また、食堂車のキシ80形にもエンジンを2基搭載しました。
  これにより、分割併合や長短編成が自由に組めるようになり、
  全国で特急を大増発できるようになりました。

 <製品特徴>
  キハ82系特急用ディーゼルカーを、
  鉄道模型Nゲージでハイグレード(HG)仕様にて製品化。

 【共通】
  床下のDMH17Hエンジンは別パーツで再現(先頭車発電用とモーター車除く)。
  新規作成のトイレタンクパーツはお好みで取付可能(キシ80は除く)。
  新集電システムや黒色車輪を採用。
  TNカプラー(SP)を標準装備しています。

 【98269のみ】
  運転室側面窓上の雨どいが延長され、
  タブレットキャッチャーがある姿を再現しています。
  タイフォンはシャッター付で再現。
  キハ82はクーラー形状や配置が一部異なる初期型と後期型の2種セットです。
  キロ80の車掌室窓はオリジナルの下降窓で再現しています。
  交換式トレインマークは“白鳥” “まつかぜ”を付属しています。
  キハは青色シート、キロはエンジ色シートとなっています。
  JNRマークは印刷済で、車番は選択式転写シートを付属しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで、トレインマークは白に近い色で点灯し、
  テールライトを含めてON-OFFスイッチ付となっています。
  フライホイール付動力を搭載しています。

 【98270のみ】
  キシ80食堂車は業務用窓が増設されていない姿を新規作成で再現。
  キハは青色シートを採用しています。
  車番は選択式転写シート対応です(基本セット付属品を使用)。

  詳細はメーカーの案内情報<98269><98270>をご覧下さい。

 <製品内容>
  <98269>国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー基本セット
   キハ82(初期型・クーラー増設) キロ80 キハ80(M) キハ82(後期型)

  <98270>国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー増結セット
   キシ80 キハ80(T) キハ80(T)

 <編成例>
  ●特急「まつかぜ」博多〜京都(1〜6号車) / 米子〜京都(7〜10号車) (1967年10月頃)
  ←博多  米子・京都→
  (1)キハ82(初期型) + (2)キロ80 + (3)キシ80 + (4)キハ80(M) + (5)キハ80 +
  (6)キハ82(後期型) + (7)キハ80 + (8)キハ80 + (9)キハ80 + (10)キハ82(後期型)

  赤文字:<98269> 国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー基本セット
  桃文字:<98270> 国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー増結セット
  橙文字:<9421>国鉄ディーゼルカー キハ82形(後期型)
  緑文字:<8469>キハ80(M) or <8470>キハ80(T)
       ※レイアウト条件に合わせて選択して下さい。

  ●特急「白鳥」(1970年3月頃)
  ←大阪・青森  新潟→
  (1)キハ82(初期型) + (2)キハ80 + (3)キハ80 + (4)キハ80 + (5)キハ82(後期型) +
  (6)キハ80(M) + (7)キハ82(後期型) + (8)キハ80 + (9)キハ80(M) + (10)キシ80 +
  (11)キロ80 + (12)キロ80 + (13)キハ82(後期型)

  赤文字:<98269> 国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー基本セット
  桃文字:<98270> 国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー増結セット
  緑文字:<8470>キハ80(T)
  ※新潟で方向転換、新潟〜青森間は逆向き。
  ※この編成は<98269>基本セットを2セット使用します。

 <最安値を探してみる>
  <98269>国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー基本セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <98270>国鉄 キハ82系特急ディーゼルカー増結セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<97903>限定品 JR EF81・24系(トワイライトエクスプレス・登場時)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  トワイライトエクスプレスは1989年から運行を開始した臨時寝台特急で、
  大阪~札幌駅間を結んでいました。
  車両は24系25形客車を改造した専用車で、
  トワイライトエクスプレス色と呼ばれる深緑に金帯の塗装が施されました。
  展望スイートや2階建個室、食堂車“ダイナープレヤデス”等、
  豪華な設備が人気でした。
  残念ながら2015年に臨時寝台特急としての運行を終了しました。
  その後、ツアー専用列車として運行されていましたが、
  これも2016年に終了となりました。

 <製品特徴>
  臨時寝台特急トワイライトエクスプレスを、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1989/7/21運転開始当時の姿を再現しています。
  車体中央の黄色帯に上下銀色の無い姿を再現。
  スロネフ25が2両入った編成で、
  スロネフ25の車端部の窓に雨樋が無い姿を新規製作で再現。

 【客車】
  車番は国鉄書体で印刷済。
  オハネフ25・オハネ25は洗面所窓が有る姿を新規製作しています。
  ロゴマークとカニ24のJRマークは印刷済。
  Hゴムはカニ24・スシ24がグレーで、他は黒色で表現しています。
  スロネフ25-502はダミーカプラーを装着済。
  オハネフ25・オハネ25は2段ベッドシートを採用し、
  ハシゴパーツを装着済です。
  スロネフ25-502・カニ24は常点灯基板を装備し、
  トレインマークを印刷済です。
  スロネフ25-501・オハネフ25は基板未装備で、
  トレインマークは印刷無しとなっています。
  ※スシ24-2は票サシなど一部実車と異なる箇所があります。

 【EF81】
  印刷済ヘッドマークを付属しています。
  運転台側面に点検口装備の姿を再現しています。
  前面はスカートに緩衝装置が装備される前の姿で再現。
  選択式ナンバープレート(EF81-103・104・113・114)を付属。
  電暖表示灯は縦長の姿です。
  フライホイール付動力を採用しています。

  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81 カニ24-12 スロネフ25-501 オハ25-551
  オハネ25-561 オハネ25-562 オハネフ25-501
  オハ25-552 スシ24-2 スロネフ25-502

 <編成例>
  ●特急「トワイライトエクスプレス」(1989年7月〜11月)
   ←札幌  大阪→  *24系の青森〜五稜郭は逆向き
   EF81 + カニ24-12 + (8)スロネフ25-501 + (7)オハ25-551 +
   (6)オハネ25-561 + (5)オハネ25-562 + (4)オハネフ25-501 +
   (3)オハ25-552 + (2)スシ24-2 + (1)スロネフ25-502

   ※牽引機は、大阪〜青森がEF81形、青森〜五稜郭がED79-0形、
    五稜郭〜札幌がDD51形重連でした

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<97909>限定品 JR E233 1000系通勤電車(京浜東北線 ・131編成)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  通勤型車両(201・203・205・209系)と
  近郊型車両(211系)の置き換え用として、
  2006年に登場したE233系。
  車体強化や電気機器・保安装置の二重系統化、
  行先表示機のフルカラー化などが図られています。
  E233系1000番台は、京浜東北線・根岸線を走る209系の置換用として、
  2007年12月に登場しました。

 <製品特徴>
  E233系1000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  京浜東北線131編成を再現しています。
  屋根はビードが太目で、広いピッチで3群に分かれた姿を再現。
  クーラーは1・8号車がAU726B、その他車両はAU726Aを装着済。
  前面の運行番号シールを付属しています。
  車番・号車番号は印刷済。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示部は常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムと黒色車輪を採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  Joshinスーパーキッズランド本店 鉄道模型新製品展示会2018にて撮影

 <製品内容>
  クハE233-1031 サハE233-1231 モハE233-1431(P)
  モハE232-1431 サハE233-1031 モハE233-1031(M)(P)
  モハE232-1031 モハE233-1231(P) モハE232-1231 クハE232-1031

 <編成例>
  ←大宮  大船→
  (10)クハE233-1031 + (9)サハE233-1231 + (8)モハE233-1431(P) +
  (7)モハE232-1431 + (6)サハE233-1031 + (5)モハE233-1031(M)(P) +
  (4)モハE232-1031 + (3)モハE233-1231(P) + (2)モハE232-1231 +
  (1)クハE232-1031

 ※レイアウト条件に合わせて、(3)モハE233-1231 or (8)E233-1431に、
  別売の<0642>動力ユニットFW(DT71A付)を組み込み、動力車化して下さい

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98997>限定品 国鉄 169系急行電車(妙高・冷房準備車)セット
<98998>限定品 国鉄 169系急行電車(妙高・冷房準備車)(室内灯入り)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  直流電化区間の山岳路線向け急行形車両として、
  1963年に登場した165系。
  169系は165系の派生系列で、
  信越本線の碓氷峠区間(横川~軽井沢間)における
  EF63形との協調運転対応車として、
  1968年に登場しました。
  1968年製車は冷房準備車として製造され、
  屋根上の冷房取付部分には蓋が設置されました。
  クモハ・モハ・クハが新製ですが、
  サロは165系からの改造、
  サハシは153系からの改造で賄われました。

 <製品特徴>
  169系を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  クモハ・クハ・モハの屋根を新規作成して、
  冷房準備車を再現しています。
  トイレ窓は白、ドアレールは銀で印刷済。
  急行“妙高”と“信州”の印刷済ヘッドマークを付属しています。
  前面表示部行先表示は“急行”を印刷済。
  車番は印刷済です。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示部は常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。
  前面表示部はカラープリズムで、
  白色に近い色で点灯します。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  TNカプラー(SP)を標準装備。
  <98998>は全車両室内灯を組込済です。  

  詳細はメーカーの案内情報<98997><98998>をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ169-3 モハ168-13(P) クモハ169-13 クハ169-1
  モハ168-7(M)(P) モハ169-7 クハ169-14 サハシ169-1
  サロ169-12 サロ169-5 モハ168-11(M)(P) クモハ169-11   

 <編成例>
  ●急行「妙高」 (1968年10月頃) *12〜10号車は上野〜長野間連結。
  ←直江津・長野  上野→
  (12)クハ169-3 + (11)モハ168-13(P) + (10)クモハ169-13 + (9)クハ169-1 +
  (8)モハ168-7(M)(P)+ (7)クモハ169-7 + (6)クハ169-14 + (5)サハシ169-1 +
  (4)サロ169-12 + (3)サロ169-5 + (2)モハ168-11(M)(P) + (1)クモハ169-11

  ※EF63形は(1)クモハ169-11と連結します。
  ※室内灯付もしくは全車に室内灯を取り付けて運転する場合は、
   パワーユニットの定格出力電流の範囲内(1.2A)に収まるよう、
   9〜7号車を外して9両としてください。
   また、編成中間に入る先頭車のライト類の“ON・OFFスイッチ”は、
   OFFにすることをお奨めします。

 <最安値を探してみる>
  <98997>限定品 国鉄 169系急行電車(妙高・冷房準備車)セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <98998>限定品 国鉄 169系急行電車(妙高・冷房準備車)(室内灯入り)セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<9151>JR EF66形電気機関車(27号機)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  東海道・山陽本線系統の高速貨物列車専用機として、
  1968年に登場したEF66形。
  1966年に開発されたEF90形(試作車)の成果を基に量産化された機関車です。
  EF66形0番台は1968~74年に55両が製造されましたが、
  1973~74年に製造された21~55号機は2次車に分類されます。
  27号機は国鉄色のまま活躍していますが、屋根上は灰色塗装となりました。
  運転台屋根上にはクーラーが搭載されています。

 <製品特徴>
  JR貨物EF66形電気機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  国鉄色の27号機を再現しています。
  メーカーズプレートの位置が変更された姿を再現。
  27号機の特徴である屋根上の灰色を表現しています。。
  PS22C形パンタグラフを搭載。
  屋根上搭載のクーラーは別売りとなります。
  輪心(EF66専用タイプ)は別パーツ対応です。
  前面手すり・信号炎管・ホイッスルは別パーツで付属しています。。
  解放テコ・前面飾り帯は別パーツで取付済。
  GPSアンテナ・無線アンテナを付属しています。
  車体ナンバープレートは取付済。
  運転台はシースルー構造です。
  フライホイール付動力を搭載。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF66-27

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【トミックス】「2019/3/29発売予定 鉄道模型製品情報」その2

  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 自宅のインクジェットプリンターで簡単にオリジナルのデカールが製作出来る自作用デカール用紙