忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2019年8月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1.

【カトー】「2019年8月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1.

カトー(KATO)さん、2019年8月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<3089-1>EF65 1000 前期形
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  EF60形に続く平坦線区向け直流電気機関車として、1965年に登場したEF65形。
  EF65形1000番台は旅客・貨物の両方に使用可能な汎用機として、
  1969~1979年に139両が製造されました。
  1969~1972年に製造された前期形(1001~1055)と
  1976~1979年に製造された後期形(1056~1139)に分類され、
  外観等に違いが見られます。

 <製品特徴>
  EF65形1000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  新製時~1987年頃までの1023~1039号機を再現しています。
  青15号とクリーム1号で構成された車体を新規作成しており、
  内バメ式テールライト・前面通風口あり・
  貫通扉下部のステップ幅が狭い姿を再現しています。
  屋根を新規作成し、扇風機カバーなし・ランボードの高さが低い姿を再現。
  屋根色は青色で表現しています。
  信号炎管はグレーで、ホイッスルカバーは青で、
  Hゴムはグレーで、前面窓の縦桟とワイパーは銀色で表現しています。
  スカートを新規作成し、KE59ジャンパ栓ありの形態を再現しています。
  前面手スリ・解放テコ(黒色)は別パーツで取付済。
  メーカーズプレートは“川崎重工+富士電機” “東洋電機+汽車会社”の選択式。
  ナンバープレートは“1027” “1030” “1033” “1039”の選択式。
  クイックヘッドマーク対応で、
  “あけぼの” “つばさ”のヘッドマークが付属しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを採用。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用ナックルカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2019 展示品

 <製品内容>
  EF65-1000

 <編成例>
  ・急行「八甲田」(上野〜黒磯間)
   EF65-1000 + スニ41 + <10-1550>12系 急行形客車

  ・東北本線コンテナ列車
   EF65-1000 + <10-815>コキ50000・<8054>コキフ50000 ✕20両

  ・東北本線貨物列車
   EF65-1000 + <8078><10-1448>ク5000 ✕20両 + <8064>ヨ6000
   EF65-1000 + ワム80000 ✕10〜20両 + ヨ5000

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



<10-1550>12系急行形客車 国鉄仕様 6両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1969~78年に計603両が製造された急行形座席客車が12系です。
  全ての客車に電気暖房装置と分散式ユニットクーラーを搭載しています。
  さらに、スハフ12の床下には発電用ディーゼル・エンジンを搭載しており、
  客車だけで必要な電源を確保できるようにしています。
  これにより、電源供給装置や暖房用ボイラーがない貨物用機関車でも
  客車が牽引できるようになりました。

 <製品特徴>
  12系客車を鉄道模型Nゲージで製品化。
  1980年頃の西日本地区所属車を再現しています。
  JRマークなし・客扉と前面貫通扉に帯あり・
  トイレは流し管の形態で再現しています。
  0番台をプロトタイプとし、屋根補強あり・緩急車前位妻面テールライト無し・
  スリットタイプのクーラー・スハフ12の吸気口が小形で1-3位側のみ・
  オハ12の前位側貫通扉無しの形態を再現しています。
  Hゴムはグレーで表現しています。
  スハフ12・オハフ13のジャンパ栓は別パーツで再現しています。
  側扉の手掛けを再現。
  スナップオン台車を採用しています。
  スハフ12・オハフ13は緩急室側のテールライトが点灯し、
  消灯スイッチ付となっています。
  スハフ12・オハフ13はボディマウントタイプのアーノルドカプラーを装備し、
  各車両の中間連結部は密自連形ボディマウントカプラーを装備しています。
  スハフ12は交換用ナックルカプラーを付属しています。
  スハフ12とオハフ13の前面幌枠は銀色で表現しています。
  また前面幌を再現できるパーツが付属しており、
  必要に応じて着脱が可能となっています。
  スハフ12は行先表示シールを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2019 展示品

 <製品内容>
  スハフ12-76 オハ12 244 オハ12-252 オハ12-270 オハ12-302 オハフ13-51

 <編成例>
 ・八甲田 (昭和54年4月~昭和60年2月)
  ←上野  青森→
  EF58(上野〜黒磯) (〜昭和59年) or
  EF58/EF65-1000 前期形 (上野〜黒磯) (昭和59年〜) or
  ED75-1000 (黒磯〜青森) +
  スニ41 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・十和田(昭和50年3月~昭和53年2月、昭和57年11月~昭和60年2月)
  ←上野  青森→
  EF80 (上野〜水戸) or ED75-1000 (水戸〜青森) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・十和田(昭和55年10月~昭和57年10月)
  ←上野  青森→
  EF80 (上野〜水戸) or ED75-1000 (水戸〜青森) +
  マニ37 + オユ10 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  オハフ13 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・ばんだい ざおう (昭和50年冬など)
  ←上野  会津若松・山形→
  EF57 (上野〜黒磯) or ED75-1000 (黒磯〜福島) or
  ED75-1000 (郡山〜会津若松) or ED75-1000 (福島〜山形) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・日南 (昭和61年11月~昭和62年3月)
  ←西鹿児島  門司港→
  ED76 + オハネフ25 + オハネ25 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 + スハフ12
  ※宮崎~西鹿児島間普通列車

 ・かいもん (昭和61年11月~昭和62年3月)
  ←西鹿児島  門司港→
  ED76 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 +
  オハフ13 + スハフ12 + オハネ25 + オハネフ25

 ・エキスポライナー (昭和60年3月~9月)
  ←上野・大宮  土浦→
  EF81 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・音戸51号 (昭和44年夏)
  ←広島  大阪→
  EF58 (大阪〜糸崎) or C62 (糸崎〜広島) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 +
  オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・但馬ビーチ (昭和47年夏)
  ←浜坂  大阪→
  EF58 (大阪〜姫路) or C57 (姫路〜浜坂) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・団体列車の例
  DD51 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

  EF58 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  スハフ12 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

  赤文字:<10-1550>12系急行形客車 国鉄仕様 6両セット
  桃文字:<5302>オハ12 国鉄仕様
  橙文字:<5304>スハフ12 100前期形 国鉄仕様

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



<5302>オハ12 国鉄仕様
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1969~78年に計603両が製造された急行形座席客車が12系です。
  全ての客車に電気暖房装置と分散式ユニットクーラーを搭載しています。
  さらに、スハフ12の床下には発電用ディーゼル・エンジンを搭載しており、
  客車だけで必要な電源を確保できるようにしています。
  これにより、電源供給装置や暖房用ボイラーがない貨物用機関車でも
  客車が牽引できるようになりました。
  オハ12形は編成中間に連結する客車です。

 <製品特徴>
  12系客車オハ12形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1980年頃の西日本地区所属車を再現しています。
  JRマークなし・客扉と前面貫通扉に帯あり・
  トイレは流し管の形態で再現しています。
  後期形で、屋根補強あり、緩急車前位妻面・テールライトあり、
  緩急室側貫通扉窓は押え縁なし、メッシュタイプのクーラー、
  前位側貫通扉ありの形態で再現しています。
  Hゴムはグレーで表現しています。
  側扉の手掛けを再現。
  スナップオン台車を採用しています。
  中間連結部は密自連形ボディマウントカプラーを装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2019 展示品

 <製品内容>
  オハ12-349

 <編成例>
 ・八甲田 (昭和54年4月~昭和60年2月)
  ←上野  青森→
  EF58(上野〜黒磯) (〜昭和59年) or
  EF58/EF65-1000 前期形 (上野〜黒磯) (昭和59年〜) or
  ED75-1000 (黒磯〜青森) +
  スニ41 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・十和田(昭和50年3月~昭和53年2月、昭和57年11月~昭和60年2月)
  ←上野  青森→
  EF80 (上野〜水戸) or ED75-1000 (水戸〜青森) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・十和田(昭和55年10月~昭和57年10月)
  ←上野  青森→
  EF80 (上野〜水戸) or ED75-1000 (水戸〜青森) +
  マニ37 + オユ10 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  オハフ13 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・ばんだい ざおう (昭和50年冬など)
  ←上野  会津若松・山形→
  EF57 (上野〜黒磯) or ED75-1000 (黒磯〜福島) or
  ED75-1000 (郡山〜会津若松) or ED75-1000 (福島〜山形) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・日南 (昭和61年11月~昭和62年3月)
  ←西鹿児島  門司港→
  ED76 + オハネフ25 + オハネ25 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 + スハフ12
  ※宮崎~西鹿児島間普通列車

 ・かいもん (昭和61年11月~昭和62年3月)
  ←西鹿児島  門司港→
  ED76 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 +
  オハフ13 + スハフ12 + オハネ25 + オハネフ25

 ・エキスポライナー (昭和60年3月~9月)
  ←上野・大宮  土浦→
  EF81 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・音戸51号 (昭和44年夏)
  ←広島  大阪→
  EF58 (大阪〜糸崎) or C62 (糸崎〜広島) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 +
  オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・但馬ビーチ (昭和47年夏)
  ←浜坂  大阪→
  EF58 (大阪〜姫路) or C57 (姫路〜浜坂) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・団体列車の例
  DD51 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

  EF58 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  スハフ12 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

  赤文字:<10-1550>12系急行形客車 国鉄仕様 6両セット
  桃文字:<5302>オハ12 国鉄仕様
  橙文字:<5304>スハフ12 100前期形 国鉄仕様

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



<5304>スハフ12 100前期形 国鉄仕様
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1969~78年に計603両が製造された急行形座席客車が12系です。
  全ての客車に電気暖房装置と分散式ユニットクーラーを搭載しています。
  さらに、スハフ12の床下には発電用ディーゼル・エンジンを搭載しており、
  客車だけで必要な電源を確保できるようにしています。
  これにより、電源供給装置や暖房用ボイラーがない貨物用機関車でも
  客車が牽引できるようになりました。
  スハフ12形は電源装置付の緩急車です。

 <製品特徴>
  12系客車スハフ12形100番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1980年頃の西日本地区所属車を再現しています。
  JRマークなし・客扉と前面貫通扉に帯あり・
  トイレは流し管の形態で再現しています。
  スハフ12は100番台初期形がプロトタイプで、
  屋根補強あり、緩急車前位妻面・テールライトあり、
  緩急室側貫通扉窓は押え縁なし、メッシュタイプのクーラー、
  吸気口が大形で両側面ありの形態で再現しています。
  Hゴムはグレーで表現しています。
  スハフ12・オハフ13のジャンパ栓は別パーツで再現しています。
  側扉の手掛けを再現。
  スナップオン台車を採用しています。
  緩急室側のテールライトが点灯し、消灯スイッチ付です。
  緩急室側先頭部はボディマウントタイプのアーノルドカプラーを装備し、
  各車両の中間連結部は密自連形ボディマウントカプラーを装備しています。
  また、交換用ナックルカプラーを付属しています。
  前面幌枠は銀色で表現しています。
  また、前面幌を再現できるパーツが付属しており、
  必要に応じて着脱が可能となっています。
  行先表示シールを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2019 展示品

 <製品内容>
  スハフ12-133

 <編成例>
 ・八甲田 (昭和54年4月~昭和60年2月)
  ←上野  青森→
  EF58(上野〜黒磯) (〜昭和59年) or
  EF58/EF65-1000 前期形 (上野〜黒磯) (昭和59年〜) or
  ED75-1000 (黒磯〜青森) +
  スニ41 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・十和田(昭和50年3月~昭和53年2月、昭和57年11月~昭和60年2月)
  ←上野  青森→
  EF80 (上野〜水戸) or ED75-1000 (水戸〜青森) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・十和田(昭和55年10月~昭和57年10月)
  ←上野  青森→
  EF80 (上野〜水戸) or ED75-1000 (水戸〜青森) +
  マニ37 + オユ10 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  オハフ13 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・ばんだい ざおう (昭和50年冬など)
  ←上野  会津若松・山形→
  EF57 (上野〜黒磯) or ED75-1000 (黒磯〜福島) or
  ED75-1000 (郡山〜会津若松) or ED75-1000 (福島〜山形) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・日南 (昭和61年11月~昭和62年3月)
  ←西鹿児島  門司港→
  ED76 + オハネフ25 + オハネ25 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 + スハフ12
  ※宮崎~西鹿児島間普通列車

 ・かいもん (昭和61年11月~昭和62年3月)
  ←西鹿児島  門司港→
  ED76 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 +
  オハフ13 + スハフ12 + オハネ25 + オハネフ25

 ・エキスポライナー (昭和60年3月~9月)
  ←上野・大宮  土浦→
  EF81 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・音戸51号 (昭和44年夏)
  ←広島  大阪→
  EF58 (大阪〜糸崎) or C62 (糸崎〜広島) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 +
  オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

 ・但馬ビーチ (昭和47年夏)
  ←浜坂  大阪→
  EF58 (大阪〜姫路) or C57 (姫路〜浜坂) +
  スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

 ・団体列車の例
  DD51 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

  EF58 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 +
  スハフ12 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

  赤文字:<10-1550>12系急行形客車 国鉄仕様 6両セット
  桃文字:<5302>オハ12 国鉄仕様
  橙文字:<5304>スハフ12 100前期形 国鉄仕様

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2019年8月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2
  【カトー】「2019年8月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 地震・台風・水害に備えよう! 国内実績トップクラスの防災セットメーカー LA・PITA 直営サイト