忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 鉄道模型 発売予定日情報 > 【グリーンマックス】「2019年10月発売予定 鉄道模型製品情報」その1.

【グリーンマックス】「2019年10月発売予定 鉄道模型製品情報」その1.

<30846>JR205系5000番代(武蔵野線・M18編成)8両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  103系に代わる新形式車として、1985年に登場した205系。
  回生ブレーキ付き界磁チョッパ制御を採用した20m4扉ステンレス車で、
  当時の新世代型軽量・省エネ車両でした。
  山手線等の他線区で運行されていた205系を、
  武蔵野線用に改造したのが205系5000番台です。
  直通乗入先である京葉線の急勾配区間に対応する為、
  制御装置・動力装置を換装して強力化しています。
  各線の205系を改造している為、車両によって細部が異なります。

 <製品特徴>
  JR205系5000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  武蔵野線のM18編成を、完全新規金型で再現しています。
  初回生産品は付属ステッカーが限定品。
  初回生産品については限定アイテムを同梱(内容については検討中)。
  列車無線アンテナ・信号炎管・避雷器・前面ジャンパ栓収めはユーザー取付です。
  パンタグラフは“PS21”を取付。
  車番・JRマーク・ATS表記・エンド表記・所属/定員表記は印刷済です。
  種別/行先表示(前面/側面)・運行番号・号車表示札・弱冷房車は
  新規製作の選択式ステッカーを付属しています。
  前面行先表示は幕仕様で、選択式ステッカーを付属しています。
  新規ライトユニットにより行先・運行番号表示を点灯化。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で、
  前面方向幕が白色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを採用。
  台車(モハ:DT50D(DT70) / クハ・サハ:TR235D)や、
  床下機器(モハ205・モハ204)を新規製作しています。
  モハ204はMG付き床下機器を装着しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2019 展示品

 <製品内容>
  クハ205-58 モハ205-5035(P) モハ204-5035 サハ205-115
  サハ205-116 モハ205-5036(M)(P) モハ204-5036 クハ204-58

 <編成例>
  ←東京・新習志野・南船橋  府中本町→
  種別:- 行先:-
  クハ205-58 + モハ205-5035(P) + モハ204-5035 + サハ205-115 +
  サハ205-116 + モハ205-5036(M)(P) + モハ204-5036 + クハ204-58

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



<30824>阪神1000系(「“たいせつ”がギュッと。」マーク付き)6両編成セット(動力付き)
<30825>阪神1000系(「“たいせつ”がギュッと。」マーク付き)先頭車2両セット(動力付き)
<30826>阪神1000系(「“たいせつ”がギュッと。」マーク付き)先頭車2両セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  阪神なんば線西九条~大阪難波間延伸と近鉄との相互直通運転に備えて、
  2007年に登場した阪神1000系。
  阪神・近鉄・山陽電鉄の3社間の走行に対応した急行系車両です。
  急行系車両ですが、普通列車でも使用されています。
  19m級3扉ステンレス車で、6両編成と増結用2両編成があり、
  必要に応じて6~10両編成で運用されています。
  各出入口鴨居部に扉開閉予告灯を設置し、
  全車に車いすスペースを設置しています。
  2015年2月からは「“たいせつ”がギュッと。」の
  プロモーションマークが前面に貼付されています。

 <製品特徴>
  阪神1000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  「“たいせつ”がギュッと。」マークが貼付された姿を再現しています。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻となっています。
  社紋・「“たいせつ”がギュッと。」マークは印刷済。
  車番は選択式車両マークインレタを付属しています。
  方向幕はフルカラーLED仕様の種別・行先表示ステッカーを新規製作。
  弱冷房車・車椅子/ベビーカーマーク・優先席はステッカーを付属しています。
  前面方向幕を新規ライトユニットにより点灯化。
  走行中はヘッドライト・前面方向幕が白色で、
  テールライトが赤色で、通過標識灯がオレンジ色で点灯します。
  <30824>・<30825>のM車は、
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30824>6両編成セット(動力付き)
   1250 1050(P) 1300 1100(P) 1000(M)(P) 1200

  <30825>先頭車2両セット(動力付き)
   1500(M)(P) 1600

  <30826>先頭車2両セット(動力無し)
   1500(P) 1600

 <編成例>
  <30824>6両編成セット(動力付き)
   ←元町・神戸三宮  梅田・大阪難波→
   種別:- 行先:-
   1250 + 1050(P) + 1300 + 1100(P) + 1000(M)(P) + 1200

  <30825>先頭車2両セット(動力付き)
   ←元町・神戸三宮  梅田・大阪難波→
   種別:- 行先:-
   1500(M)(P) + 1600

  <30826>先頭車2両セット(動力無し)
   ←元町・神戸三宮  梅田・大阪難波→
   種別:- 行先:-
   1500(P) + 1600

 <最安値を探してみる>
  <30824>6両編成セット(動力付き)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ

  <30825>先頭車2両セット(動力付き)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ

  <30826>先頭車2両セット(動力無し)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



<30853>南海10000系(現行塗装・過渡期ロゴ)暫定6両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  座席指定特急“サザン”の運行開始に合わせ、1985年に登場した南海10000系。
  “サザン”専用車として、2両編成で登場し、
  1989年までに2両編成10本が製造されました。
  1992年には中間車8両新造+先頭車6両の中間車化が実施され、
  4両編成7本に組み替えられました。
  全編成4連化の過程で、暫定的に6両編成となった編成もありました。
  なお、中間車化された車両の側面窓が、
  30000系と同系の独立窓のままだったのに対し、
  中間新造車の側面窓は、
  11000系と同系の連続窓風になっています。  
  塗装については、登場当時は濃淡グリーンの塗色でしたが、
  4連化時にメタリックシルバー地にオレンジ帯と青帯の塗装に変更されました。
  また、塗装変更時期には現在とは異なる、
  丸み書体のNANKAIロゴが表示されていました。

 <製品特徴>
  南海10000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  4連化の際に暫定的に存在した6両固定編成を再現しています。
  4連化・新塗装化時期に表示されていた過渡期のNANKAIロゴを再現。
  列車無線アンテナはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  車番・社紋・NANKAIロゴは印刷済。
  種別/行先表示(前面/側面)・号車表示は新規の選択式ステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  10907 10108(P) 10808 10107(M)(P) 10807 10007(P)

 <編成例>
  ←和歌山市  難波→
  種別:- 行先:-
  10907 + 10108(P) + 10808 + 10107(M)(P) + 10807 + 10007(P)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



<30854>南海10000系(現行塗装・過渡期ロゴ・中間新造車編成)4両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  座席指定特急“サザン”の運行開始に合わせ、1985年に登場した南海10000系。
  “サザン”専用車として、2両編成で登場し、
  1989年までに2両編成10本が製造されました。
  1992年には中間車8両新造+先頭車6両の中間車化が実施され、
  4両編成7本に組み替えられました。
  全編成4連化の過程で、暫定的に6両編成となった編成もありました。
  なお、中間車化された車両の側面窓が、
  30000系と同系の独立窓のままだったのに対し、
  中間新造車の側面窓は、
  11000系と同系の連続窓風になっています。  
  塗装については、登場当時は濃淡グリーンの塗色でしたが、
  4連化時にメタリックシルバー地にオレンジ帯と青帯の塗装に変更されました。
  また、塗装変更時期には現在とは異なる、
  丸み書体のNANKAIロゴが表示されていました。

 <製品特徴>
  南海10000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  中間新造車を含んだ4両編成を再現しています。
  4連化・新塗装化時期に表示されていた過渡期のNANKAIロゴを再現。
  列車無線アンテナはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  車番・社紋・NANKAIロゴは印刷済。
  種別/行先表示(前面/側面)・号車表示は新規の選択式ステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  10909 10109(M)(P) 10809 10009(P)

 <編成例>
  ←和歌山市  難波→
  種別:- 行先:-
  10909 + 10109(M)(P) + 10809 + 10009(P)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



<30855>南海10000系(現行塗装・過渡期ロゴ・中間改造車編成)4両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  座席指定特急“サザン”の運行開始に合わせ、1985年に登場した南海10000系。
  “サザン”専用車として、2両編成で登場し、
  1989年までに2両編成10本が製造されました。
  1992年には中間車8両新造+先頭車6両の中間車化が実施され、
  4両編成7本に組み替えられました。
  全編成4連化の過程で、暫定的に6両編成となった編成もありました。
  なお、中間車化された車両の側面窓が、
  30000系と同系の独立窓のままだったのに対し、
  中間新造車の側面窓は、
  11000系と同系の連続窓風になっています。  
  塗装については、登場当時は濃淡グリーンの塗色でしたが、
  4連化時にメタリックシルバー地にオレンジ帯と青帯の塗装に変更されました。
  また、塗装変更時期には現在とは異なる、
  丸み書体のNANKAIロゴが表示されていました。

 <製品特徴>
  南海10000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  中間改造車を含んだ4両編成を再現しています。
  4連化・新塗装化時期に表示されていた過渡期のNANKAIロゴを再現。
  列車無線アンテナはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  車番・社紋・NANKAIロゴは印刷済。
  種別/行先表示(前面/側面)・号車表示は新規の選択式ステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  10905 10105(M)(P) 10805 10005(P)

 <編成例>
  ←和歌山市  難波→
  種別:- 行先:-
  10905 + 10105(M)(P) + 10805 + 10005(P)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



<30856>南海10000系(現行塗装・過渡期ロゴ)先頭車2両セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  座席指定特急“サザン”の運行開始に合わせ、1985年に登場した南海10000系。
  “サザン”専用車として、2両編成で登場し、
  1989年までに2両編成10本が製造されました。
  1992年には中間車8両新造+先頭車6両の中間車化が実施され、
  4両編成7本に組み替えられました。
  全編成4連化の過程で、暫定的に6両編成となった編成もありました。
  なお、中間車化された車両の側面窓が、
  30000系と同系の独立窓のままだったのに対し、
  中間新造車の側面窓は、
  11000系と同系の連続窓風になっています。  
  塗装については、登場当時は濃淡グリーンの塗色でしたが、
  4連化時にメタリックシルバー地にオレンジ帯と青帯の塗装に変更されました。
  また、塗装変更時期には現在とは異なる、
  丸み書体のNANKAIロゴが表示されていました。

 <製品特徴>
  南海10000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  4連化・新塗装化時期に表示されていた過渡期のNANKAIロゴが描かれた
  2両編成を再現しています。
  列車無線アンテナはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  車番・社紋・NANKAIロゴは印刷済。
  種別/行先表示(前面/側面)・号車表示は新規の選択式ステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で点灯します。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  10904 10004(P)

 <編成例>
  ←和歌山市  難波→
  種別:- 行先:-
  10904 + 10004(P)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【グリーンマックス】「2019年10月発売予定 鉄道模型製品情報」その2
  【グリーンマックス】「2019年10月発売予定 鉄道模型製品情報」その3

  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 日本最大級のホビー通信販売店 とにかく安い! キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店(5%分)です