忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2020年3月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

【カトー】「2020年3月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

カトー(KATO)さん、2020年3月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<10-1591>20系 寝台客車 7両基本セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1958年に登場した20系は寝台特急列車用客車で、
  特急“あさかぜ”用として登場したことから、“あさかぜ形客車”と呼ばれました。
  “ブルートレイン”と呼ばれる起源となった車両で、
  登場当時は“走るホテル”とも言われました。
  固定編成方式の採用、電源車からの電力一括供給、全車固定窓の冷暖房完備、
  食堂車調理設備の完全電化、旅客車全車に空気ばね台車採用など、
  画期的な車両として人気を博しました。

 <製品特徴>
  国鉄20系寝台客車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ナハネフ23は車掌室側貫通扉を銀色で再現。
  ナハネフ23は付属のボディマウントカプラーを取付可能。
  緩急車は車掌室内部を表現し、シースルー化しています。
  車端部床下の粉砕式汚物処理装置を再現。
  カニ21・ナハネフ22の機関車連結側はボディマウントカプラーを採用。
  アーノルドカプラーを標準装備し、交換用ナックルカプラー付。
  中間連結面はいずれも台車マウントのKATOカプラーN JP Bを採用。
  テールライト・バックサインが点灯します。
  ナハネフ23は消灯スイッチ付。
  LEDライトユニットを採用し、低電圧から明るく点灯します。
  側面行先方向幕は白色パーツで表現。
  B寝台車のベッド・A寝台車開放(プルマン)形寝台・食堂車のテーブルなど、
  室内もしっかり表現しています。
  バックサイン “出雲” “瀬戸” “あけぼの” “あさかぜ” を付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  カニ21-11 ナロネ21-129 ナハネ20-231 ナシ20-5
  ナハネフ23-6 ナハネ20-248 ナハネフ22-7

 <編成例>
  ・「出雲」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 + ナハネフ23(東京~浜田) +
    ナハネ20 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~出雲市)

    牽引機→東京~京都:EF65 500P形特急色、京都~浜田:DD54

  ・「あけぼの」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナシ20 + ナハネ20 + ナハネフ23(上野~青森) +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(上野~秋田)

    牽引機→上野~黒磯:EF65-1000 前期形、黒磯~福島:ED75-1000、
        福島~山形:EF71/ED78、山形~秋田:DD51、秋田~青森:ED75-700

  ・「あさかぜ3・1号」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナシ20 + ナハネ20 + ナハネフ23(東京~下関) +
    ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~広島)

    牽引機→EF65 PF形特急色

  ・「瀬戸」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ23 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~宇野)

    牽引機→EF65 PF形特急色

  ・「北星」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ22(上野~盛岡)

    牽引機→上野~黒磯:EF58、黒磯~盛岡:ED75-1000

  ・「北陸」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ22(上野から金沢)

    牽引機→上野~長岡:EF58、長岡~金沢:EF81

    赤文字:<10-1591>20系 寝台客車 7両基本セット
    桃文字:<10-1353>20系寝台特急ナハネ20 6両増結セット
    橙文字:<5086-B>ナロネ21(車端部床下機器付)
    青文字:<5158-B>ナハネ20(車端部床下機器付)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<10-1353>20系寝台客車 ナハネ20 増結用6両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1958年に登場した20系は寝台特急列車用客車で、
  特急“あさかぜ”用として登場したことから、“あさかぜ形客車”と呼ばれました。
  “ブルートレイン”と呼ばれる起源となった車両で、
  登場当時は“走るホテル”とも言われました。
  ナハネ20は2等寝台車で、
  1958~70年に253両が製造されました。
  車内は側廊下式で、
  3段式寝台が9ボックス54名分並んでいます。

 <製品特徴>
  20系寝台特急列車用客車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1965~68年頃の尾久客車区所属ナハネ20を再現しています。
  座席部分は緑色で表現しています。
  中間連結面はいずれも台車マウントのKATOカプラーN JP Bを採用。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ナハネ20-114 ナハネ20-110 ナハネ20-129
  ナハネ20-137 ナハネ20-147 ナハネ20-123

 <編成例>
  ・「出雲」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 + ナハネフ23(東京~浜田) +
    ナハネ20 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~出雲市)

    牽引機→東京~京都:EF65 500P形特急色、京都~浜田:DD54

  ・「あけぼの」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナシ20 + ナハネ20 + ナハネフ23(上野~青森) +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(上野~秋田)

    牽引機→上野~黒磯:EF65-1000 前期形、黒磯~福島:ED75-1000、
        福島~山形:EF71/ED78、山形~秋田:DD51、秋田~青森:ED75-700

  ・「あさかぜ3・1号」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナシ20 + ナハネ20 + ナハネフ23(東京~下関) +
    ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~広島)

    牽引機→EF65 PF形特急色

  ・「瀬戸」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ23 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~宇野)

    牽引機→EF65 PF形特急色

  ・「北星」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ22(上野~盛岡)

    牽引機→上野~黒磯:EF58、黒磯~盛岡:ED75-1000

  ・「北陸」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ22(上野から金沢)

    牽引機→上野~長岡:EF58、長岡~金沢:EF81

    赤文字:<10-1591>20系 寝台客車 7両基本セット
    桃文字:<10-1353>20系寝台特急ナハネ20 6両増結セット
    橙文字:<5086-B>ナロネ21(車端部床下機器付)
    青文字:<5158-B>ナハネ20(車端部床下機器付)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<5086-B>ナロネ21 (車端部床下機器付)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1958年に登場した20系は寝台特急列車用客車で、
  特急“あさかぜ”用として登場したことから、“あさかぜ形客車”と呼ばれました。
  “ブルートレイン”と呼ばれる起源となった車両で、
  登場当時は“走るホテル”とも言われました。
  ナハネ21はプルマン形開放式1等寝台車で、
  1958~70年に59両が製造されました。
  車内は中央通路を挟んで左右に上下2段寝台がレール方向に並んでおり、
  7区画ずつ28名分寝台が配置されています。

 <製品特徴>
  国鉄20系寝台客車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ナロネ21形を再現しています。
  車端部床下機器付です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ナロネ21-115

 <編成例>
  ・「出雲」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 + ナハネフ23(東京~浜田) +
    ナハネ20 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~出雲市)

    牽引機→東京~京都:EF65 500P形特急色、京都~浜田:DD54

  ・「あさかぜ3・1号」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナシ20 + ナハネ20 + ナハネフ23(東京~下関) +
    ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~広島)

    牽引機→EF65 PF形特急色

  ・「瀬戸」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ23 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~宇野)

    牽引機→EF65 PF形特急色

    赤文字:<10-1591>20系 寝台客車 7両基本セット
    桃文字:<10-1353>20系寝台特急ナハネ20 6両増結セット
    橙文字:<5086-B>ナロネ21(車端部床下機器付)
    青文字:<5158-B>ナハネ20(車端部床下機器付)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<5158-B>ナハネ20 (車端部床下機器付)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1958年に登場した20系は寝台特急列車用客車で、
  特急“あさかぜ”用として登場したことから、“あさかぜ形客車”と呼ばれました。
  “ブルートレイン”と呼ばれる起源となった車両で、
  登場当時は“走るホテル”とも言われました。
  ナハネ20は2等寝台車で、
  1958~70年に253両が製造されました。
  車内は側廊下式で、
  3段式寝台が9ボックス54名分並んでいます。

 <製品特徴>
  国鉄20系寝台客車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ナロネ20形を再現しています。
  車端部床下機器付です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ナハネ20-81

 <編成例>
  ・「あさかぜ3・1号」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナシ20 + ナハネ20 + ナハネフ23(東京~下関) +
    ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~広島)

    牽引機→EF65 PF形特急色

  ・「瀬戸」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナシ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ23 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネフ22(東京~宇野)

    牽引機→EF65 PF形特急色

  ・「北星」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ22(上野~盛岡)

    牽引機→上野~黒磯:EF58、黒磯~盛岡:ED75-1000

  ・「北陸」(昭和47年頃)
    牽引機 + カニ21 + ナロネ21 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 + ナハネ20 +
    ナハネ20 + ナハネフ22(上野から金沢)

    牽引機→上野~長岡:EF58、長岡~金沢:EF81

    赤文字:<10-1591>20系 寝台客車 7両基本セット
    桃文字:<10-1353>20系寝台特急ナハネ20 6両増結セット
    橙文字:<5086-B>ナロネ21(車端部床下機器付)
    青文字:<5158-B>ナハネ20(車端部床下機器付)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<7010-1>DD54 ブルートレイン牽引機
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  試作機として製造されたDD91形をベースに、
  大出力1エンジンの亜幹線用液体式ディーゼル機関車の量産機として、
  1966年に登場した国鉄DD54形ディーゼル機関車。
  エンジンや変速機は西ドイツ側からのメーカーライセンス供与を受け、
  三菱重工業が国内で40両製造しました。
  車体はヨーロッパ調のエクステリアデザインとなっており、
  軸重軽減の為に足回りをB-1-Bとした軸配置も特徴となっています。
  福知山機関区や米子機関区に配置され、
  山陰本線(京都~浜田間)・福知山線・播但線・伯備線で、
  普通列車(客車)や貨物列車として活躍しました。
  また、急行“だいせん” “出雲” “おき” や20系特急 “出雲” にも使用されました。
  しかし、相次ぐ故障から法定耐用年数(18年)未満にも関わらず廃車が進み、
  播但線での運用を最後に1978年6月に引退しました。
  33号機はブルートレイン牽引用として1971年に製造されました。

 <製品特徴>
  国鉄DD54形ディーゼル機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  5・6次形ブルートレイン牽引用32~37号機のうち、
  1972年頃の33号機の姿を再現しています。
  運転台窓ガラスがHゴム支持の姿を再現。
  20系牽引用ジャンパ栓を表現しています。
  選択式ナンバーは“32・33・34・37号機”。
  クイックヘッドマークは“出雲”。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  DD54

 <編成例>
  DD54 + 20系寝台客車

  DD54 + オハフ61 + オハ35 + オハ35 + オハフ61 + オハ35 + オハ35 + オハフ61

  DD54 + オハフ33 + オハ35 + オハ47 + オハ35 + オハ35 + オハニ36

  DD54 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13

  DD54 + ワフ29500 + ワラ1 + ワ12000 +
      トラ90000✕4 + トラ55000✕4 + ヨ5000

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<3-515>(HO)24系 寝台特急「北斗星」4両基本セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1988年の青函トンネル開通に合わせて登場した“北斗星”。
  個室寝台や食堂車・ロビーカーを連結した豪華寝台特急として、
  上野~札幌間を結びました。
  JR東日本とJR北海道が運用していましたが、
  それぞれの受け持ち列車で仕様が違いました。
  晩年はJR北海道とJR東日本に所属する車両の混結編成で運行され、
  1~6号車(ロビーや個室B寝台等)がJR北海道所属車、
  7~11号車(食堂車グランシャリオ・個室A寝台等)と電源車が
  JR東日本所属車で構成されていました。
  残念ながら、2015年の北海道新幹線開業に伴い、引退しました。

 <製品特徴>
  寝台特急“北斗星”を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  JR北海道とJR東日本との混成編成の2010年頃の姿を再現しています。
  オリジナルの24系とは違う窓配置や北斗星ならではの外観を再現。
  カニ24の屋根は更新改造後を再現しています。
  側面窓から見える客室内を表現(スシ24:イス・テーブル、カニ24:発電エンジンほか)
  オロハネ24・スシ24の1階部分にはカーテンを表現しています。
  スシ24のランプシェードは電球色で点灯します。
  車体表記は印刷済。
  側面行先表示は交換可能な着脱式で、“北斗星・札幌”を設定。
  交換パーツとして“北斗星・上野”を付属しています。
  デュエットのみ車番転写シールを付属しています。
  カニ24・オハネフ25は各車ともテールライトとトレインマークが点灯します。
  テールマークは“北斗星”を標準装備。
  KATOカプラー伸縮密着自連形を採用しています。
  全車、室内灯対応(別売)。
  2階部分には窓から照明板が見えるのを避けるため、
  別売のNゲージ用LED室内灯クリアを適用。
  DCCフレンドリー。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  オハネフ25-4 スシ24-505 オロハネ24-553 カニ24-507

 <編成例>
  牽引機 + (1)オハネフ25-4 + (2)オハネ25-560 + (3)オハネ25-560 +
  (4)オハネ25-560 + (5)オハネ25-552 + (6)スハネ25-501 + (7)スシ24-505 +
  (8)オロネ25-506 + (9)オロハネ25-502 + (10)オロハネ24-553 +
  (11)オハネフ25-12 + カニ24-507

  赤文字:<3-515>(HO)24系 寝台特急「北斗星」4両基本セット
  桃文字:<1-565>(HO)オハネ25 560 デュエット 北斗星
  橙文字:<1-566>(HO)スハネ25 500 ソロ・ロビー
  青文字:<1-567>(HO)オハネフ25 北斗星増結用
  緑文字:<1-568>(HO)オハネ25 550ソロ
  紫文字:<1-569>(HO)オロネ25 500ツインDX
  黒文字:<1-570>(HO)オロハネ25 500ロイヤル・ソロ
  牽引機:上野〜青森間→EF81(北斗星色)、EF510-500(北斗星色)、
             EF510-500(カシオペア色)
      青森〜函館間→ED79
      函館〜札幌間→DD51(北斗星色) ✕2

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



 <関連記事>
  

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 地震・台風・水害に備えよう! 国内実績トップクラスの防災セットメーカー LA・PITA 直営サイト