忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 トミックス > 【トミックス】「2018年1月発売予定の新製品情報を発表!」その3

【トミックス】「2018年1月発売予定の新製品情報を発表!」その3

トミックス(TOMIX) から鉄道模型新製品の発表がありました。


<98272> 国鉄 103-1000系通勤電車(常磐・成田線・冷改車)基本セット
<98273> 国鉄 103-1000系通勤電車(常磐・成田線・冷改車)増結セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1963年登場した103系は、通勤形電車として3447両が製造されました。
  103系1000番台は、常磐緩行線・営団地下鉄(現:東京メトロ)千代田線直通運転用と
  して、1970年に登場。
  地下鉄乗り入れ対策として、前面貫通扉設置や車体の難燃化が実施されました。
  1986年3月までに203系へ置き換えられた後は、56両は105系に改造され近畿・広島
  地区へ、104両は常磐快速線・成田線へ転用されました。
  常磐快速線・成田線転用車は青緑1号(エメラルドグリーン)に塗色変更され、冷房改造
  もされました。
  残念ながらE231系0番台の投入により、2004年3月までに廃車されました。

 <製品特徴>
  103系1000番台を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  常磐快速・成田線転用後のエメラルドグリーン1色の冷房改造車を再現しています。

 【共通】
  Hゴムはグレーで表現しています。
  クーラーはAU75G型(銀色)を搭載。
  モハ102-1000の床下はブラシレスMGタイプで再現しています。
  新集電システムや黒色車輪を採用。
  TNカプラー(SP)を標準装備しています。

 【基本セット】
  クハ103-1000を新規作成しています。
  車番とJRマークは選択式転写シートを付属しています。
  前面表示部の行先表示は「上野」「取手」「成田」「我孫子」を付属。
  前面表示部はカラープリズムで、白色に近い色で点灯します。
  ヘッドライト(電球色LED)・テールライト・前面表示部は常点灯基板装備で、ON-OFF
  スイッチ付となっています。
  フライホイール付動力を搭載しています。

 【増結セット】
  トレーラー車両の2両セットです。
  モハ103-1000の特徴である床下機器の自然通風式抵抗器をしっかり再現。
  車番は選択式転写シートで対応(基本セット付属品を使用)。


  詳細はメーカーの案内情報<98272><98273>をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ103-1000 モハ103-1000(M)(P) モハ102-1000 クハ103-1000

 <編成例>
  (1986年頃)
  ←取手・成田  上野→
  (10)クハ103-1000 + (9)モハ103-1000(P) + (8)モハ102-1000 +
  (7)モハ103-1000(P) + (6)モハ102-1000 + (5)モハ103-1000(M)(P) +
  (4)モハ102-1000 + (3)モハ103-1000(P) + (2)モハ102-1000 + (1)クハ103-1000
  ※この編成では、<98273>増結セットを3セット使用します

  赤文字:<98272> 国鉄 103-1000系通勤電車(常磐・成田線・冷改車)基本セット
  桃文字:<98273> 国鉄 103-1000系通勤電車(常磐・成田線・冷改車)増結セット

  (1990年頃)
  ←取手・成田  上野→
  (15)クハ103-0(高運転台ATC) + (14)モハ103(ユニットサッシ)(P) +
  (13)モハ102(ユニットサッシ)(M) + (12)サハ103 + (11)クハ103-0(高運転台ATC) +
  (10)クハ103-1000 + (9)モハ103-1000(P) + (8)モハ102-1000 +
  (7)サハ103 + (6)モハ103-1000(M)(P) + (5)モハ102-1000 + (4)サハ103 +
  (3)モハ103-1000(P) + (2)モハ102-1000 + (1)クハ103-1000
  ※この編成では、<98273>増結セットを2セット使用します

  赤文字:<98272> 国鉄 103-1000系通勤電車(常磐・成田線・冷改車)基本セット
  桃文字:<98273> 国鉄 103-1000系通勤電車(常磐・成田線・冷改車)増結セット
  橙文字:<92559> 国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・エメラルドグリーン)基本S
  緑文字:<8956> 国鉄電車 サハ103形(初期型冷改車・エメラルドグリーン) or
      <9306> 国鉄電車 サハ103形(ユニットサッシ・エメラルドグリーン)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<98275> 近畿日本鉄道30000系ビスタEX(新塗装)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  3代目ビスタカーとして1978年に登場した近鉄30000系。
  中間車2両が2階建て構造なのが特徴で、1979年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞
  しました。
  1996~2000年にはリニューアル工事が実施され、全車が「ビスタEX」となりました。
  中間車の2階部分は新製で、天井部分と床部分をかさ上げしており、それに合わせて
  先頭車の屋根には大型カバーを取り付けられました。
  2016年からは順次、車体塗装が変更されています。

 <製品特徴>
  近鉄30000系ビスタEXを、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2016年以降の新塗装車を再現しています。
  連結面の幌枠は別パーツで再現しています。
  前面行先表示パーツ(大阪難波)を装着済で、前面行先表示用パーツ(名古屋・京都・賢
  島・鳥羽)を付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライトは常点灯LED基板を装備し、ON-OFFスイッチ付です。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや銀色車輪を採用しています。
  先頭車運転台側はTNカプラー(SP)を標準装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  Joshinスーパーキッズランド本店 鉄道模型新製品展示会2017にて撮影

 <製品内容>
  モ30200(P) サ30100(M) サハ30150 モ30250(P)

 <編成例>
  ←大阪・京都 (2016年〜)
  モ30200(P) + サ30100(M) + サハ30150 + モ30250(P)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<98630> 東武100系スペーシア(サニーコーラルオレンジカラー・日光詣エンブレム)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  日光線特急列車用として1990年登場した東武100系。
  「スペーシア(SPACIA)」の愛称で親しまれ、1991年に鉄道友の会ブルーリボン賞を
  受賞しました。
  東武初のオールアルミ合金車で、1~5号車は回転式クロスシート車、6号車は4人用個
  室が6室設けられています。
  2011年~12年のリニューアル工事により、「雅」「粋」「サニーコーラルオレンジ」
  の3種類のカラー編成が登場しました。
  104編成は2012年にサニーコーラルオレンジ塗装となり、2017年には日光詣ロゴが
  付けられました。

 <製品特徴>
  東武100系「特急スペーシア」を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  日光詣エンブレム付きのサニーコーラルオレンジ塗装を再現しています。
  座席は一般車がブルー系、ビュッフェ付近はアイボリー系で表現しています。
  側面窓はスモークガラスで表現。
  日光詣エンブレム・車番(104編成)・号車表示・禁煙表示等のロゴ類も印刷済です。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システム・銀色車輪を採用しています。
  ボディーマウント式TNカプラーは非対応です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  うめきた鉄道模型フェスタ2018にて撮影

 <製品内容>
  モハ104-1 モハ104-2(P) モハ104-3(M)
  モハ104-4(P) モハ104-5(P) モハ104-6

 <編成例>
  ●特急「スペーシア」(2017年〜)
  ←浅草  東武日光・鬼怒川温泉→
  (6)モハ104-1 + (5)モハ104-2(P) + (4)モハ104-3(M) +
  (3)モハ104-4(P) + (2)モハ104-5(P) + (1)モハ104-6

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<98982> 限定品 JR E1系東北・上越新幹線(Max・旧塗装)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  東北・上越新幹線用として1994年に登場したJR東日本E1系。
  オール2階建車両の12両編成で、Maxの愛称で親しまれました。
  2006年までは、スカイグレーの上半分、シルバーグレーの下半分、ピーコックグリー
  ンの側面帯という塗装で活躍していました。
  なお、1999年12月に東北新幹線から撤退し、2012年10月には上越新幹線からも撤退。
  同年12月をもって全廃されました。

 <製品特徴>
  東北・上越新幹線E1系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  E1系Maxの旧塗装の姿を再現しています。
  屋根上滑り止め部分は灰色で表現し、可動式パンタグラフを装備しています。
  フック・リング式通電カプラー、カラーシートを採用。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  ガイシパーツを付属。
  ヘッドライトは電球色LEDで、常点灯基板を装備しています。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや銀色車輪を採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  E153-100 E155-100 E156-100 E158-100 E159 E155(M)(P)
  E156(M) E158-200 E148 E145(P) E146 E154

 <編成例>
  ●「Maxやまびこ」「Maxあおば」「Maxあさひ」「Maxとき」(1994〜99年頃)
  ←東京  盛岡・新潟→
  (1)E153-100 + (2)E155-100 + (3)E156-100 + (4)E158-100 +
  (5)E159 + (6)E155(M)(P) + (7)E156(M) + (8)E158-200 +
  (9)E148 + (10)E145(P) + (11)E146 + (12)E154

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<HO-162> JR EF81形電気機関車(133号機・北斗星色)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  EF81形は標準形式の交直流機関車として1968年に登場。
  直流・交流(60Hz)・交流(50Hz)いずれの電気方式でも運用可能です。
  田端運転所所属で、「北斗星」等の寝台特急列車牽引車は、側面に流星が描かれてい
  ます。
  2010年7月に北斗星運用から外れました。

 <製品特徴>
  EF81形電気機関車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  2016年頃の北斗星色133号機を再現しています。
  黒色のHゴム、一体プレート動輪、2段式にかさ上げされて張り出しが大きい前面ステ
  ップ、外側取付のスカートステップ、緑色の碍子パーツを再現しています。
  運転室窓上のひさしは金属製別パーツで、ワイパー部の欠き取りを表現。
  パンタグラフ(PS22)の集電シュー先端はプラ一体成型で再現しています。
  JRマークや車体標記(角S・検査標記等)は印刷済。
  印刷済ヘッドマーク「北斗星・カシオペア・あけぼの・はくつる」、エッチングのナンバー
  プレート(133号機)、エンド標記用エッチング板、区名札シールを付属しています。
  ナンバー・メーカーズプレートはエッチングプレート板貼付。
  通電端子は屋根上モニターの中に装備しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81-133(北斗星色)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<HO-163> JR EF81-600形電気機関車(JR貨物更新車)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  EF81形は標準形式の交直流機関車として1968年に登場。
  直流・交流(60Hz)・交流(50Hz)いずれの電気方式でも運用可能です。  
  車齢が古い車両については更新工事が実施され、その際に車体下部に白帯が追加され
  ました。
  また、2012年から最高速度100km/h超の車両には運転状況記録装置の設置が義務付
  けられ、JR貨物所属の当該車には元の車番に600をプラスする改番が実施されました。

 <製品特徴>
  JR貨物EF81形電気機関車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  元番号に600がプラスされた白帯更新車の2016年頃の姿を再現しています。
  電暖表示灯が撤去され、側面点検口が有る姿を再現しています。
  黒色のHゴム、一体プレート動輪、緑色の碍子パーツを再現しています。
  パンタグラフ(PS22)の集電シュー先端はプラ一体成型で再現しています。
  JRマークや車体標記(角S・検査標記等)は印刷済。
  エンド標記用エッチング板、区名札シールを付属しています。
  ナンバー・メーカーズプレートはエッチングプレート板貼付。
  車番は選択式(エッチングのナンバープレートにメタル転写シートの番号貼付け)。
  通電端子は屋根上モニターの中に装備しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。  
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81-600(貨物更新)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<HO-169> JR EF81形電気機関車(133号機・北斗星色・プレステージモデル)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  EF81形は標準形式の交直流機関車として1968年に登場。
  直流・交流(60Hz)・交流(50Hz)いずれの電気方式でも運用可能です。
  田端運転所所属で、「北斗星」等の寝台特急列車牽引車は、側面に流星が描かれてい
  ます。
  2010年7月に北斗星運用から外れました。  

 <製品特徴>
  EF81形電気機関車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  2016年頃の北斗星色133号機を、部品取付済のプレステージモデルで再現しています。
  黒色のHゴム、一体プレート動輪、2段式にかさ上げされて張り出しが大きい前面ステ
  ップ、外側取付のスカートステップ、緑色の碍子パーツを再現しています。
  運転室窓上のひさしは金属製別パーツで、ワイパー部の欠き取りを表現。
  JRマークや車体標記(角S・検査標記等)・区名札「田」は印刷済。
  印刷済ヘッドマーク「北斗星・カシオペア・あけぼの・はくつる」、エッチングのナンバー
  プレート(133号機)、エンド標記用エッチング板を付属しています。
  ナンバー・メーカーズプレートはエッチングプレート板貼付。
  通電端子は屋根上モニターの中に装備しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。  
  パンタグラフ・各種手すり・ワイパー・解放テコ・信号炎管・エアホースは金属製で、
  装着済です。
  台車ステップ・無線アンテナ・ホイッスル・電暖表示灯はプラ部品で装着済です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81-133(北斗星色・PS)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<HO-170> JR EF81-600形電気機関車(JR貨物更新車・プレステージモデル)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  EF81形は標準形式の交直流機関車として1968年に登場。
  直流・交流(60Hz)・交流(50Hz)いずれの電気方式でも運用可能です。  
  車齢が古い車両については更新工事が実施され、その際に車体下部に白帯が追加され
  ました。
  また、2012年から最高速度100km/h超の車両には運転状況記録装置の設置が義務付
  けられ、JR貨物所属の当該車には元の車番に600をプラスする改番が実施されました。

 <製品特徴>
  JR貨物EF81形電気機関車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  元番号に600がプラスされた白帯更新車の2016年頃の姿を、部品取付済のプレステー
  ジモデルで再現しています。
  電暖表示灯が撤去され、側面点検口が有る姿を再現しています。
  黒色のHゴム、一体プレート動輪、緑色の碍子パーツを再現しています。
  JRマークや車体標記(角S・検査標記等)・区名札「富山」は印刷済。
  エンド標記用エッチング板を付属しています。
  ナンバー・メーカーズプレートはエッチングプレート板貼付。
  車番は選択式です。
  (エッチングの簡易装着ナンバープレート(718号機) or 無地ナンバープレートにメタ
  ル転写シートの番号貼付)
  通電端子は屋根上モニターの中に装備しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。  
  パンタグラフ・各種手すり・ワイパー・解放テコ・信号炎管・エアホースは金属製で、
  装着済です。
  台車ステップ・無線アンテナ・ホイッスルはプラ部品で、装着済です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81-600(貨物更新・PS)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



 <関連記事>
  【トミックス】「2018年1月発売予定の新製品情報を発表!」その1
  【トミックス】「2018年1月発売予定の新製品情報を発表!」その2

  【カテゴリ別記事一覧】 トミックス (TOMIX) 新製品情報