忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【グリーンマックス】「2019年2月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」

グリーンマックス(GREENMAX)さん、2019年2月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<50617>東急8500系(青帯・ドア装飾編成) 基本6両編成セット(動力付き)
<50618>東急8500系(青帯・ドア装飾編成) 増結用中間車4両セット(動力無し)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  8000系をベースに、半蔵門線相互乗入対応車として、
  1975年に登場した東急8500系。
  1976年には第16回ローレル賞を受賞しました。
  現在は田園都市線~半蔵門線~東武伊勢崎線などで運用されています。
  8637Fは1986年に製造されました。
  当初は赤帯塗装でしたが、
  1987年に青帯塗装に変更されました。
  1991年、先頭車にシャボン玉の装飾が加えられましたが、
  2008年には青帯塗装に戻されました。
  2018年になると、
  乗降扉が渋谷寄りからそれぞれ赤・緑・黄・青に装飾されました。
  さらにその後、“Bunkamura”ラッピングも施されました。

 <製品特徴>
  東急8500系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  カラフルなドア装飾時代の8637Fを再現しています。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  編成一部に搭載のステンレス製クーラーキセを再現しています。
  パンタグラフはホーンタイプのPT42Lを採用。
  車番・社紋・ヘッドマーク・乗務員扉赤色テープ・車端部黄色テープは印刷済。
  種別・行先表示(前面・側面)・運行番号・優先席・弱冷房車・
  車椅子・ベビーカーマークは選択式ステッカーを付属しています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  動力ユニットはフライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <50617>東急8500系(青帯・ドア装飾編成) 基本6両編成セット(動力付き)
   デハ8537(P) デハ0803 デハ8798(M)(P)
   デハ0801 デハ8797(P) デハ8637

  <50618>東急8500系(青帯・ドア装飾編成) 増結用中間車4両セット(動力無し)
   サハ8980 デハ0711(P) デハ0808 サハ8973

 <編成例>
  <50617>東急8500系(青帯・ドア装飾編成) 基本6両編成セット(動力付き)
   ←中央林間  渋谷→
   種別:- 行先:-
   (10)デハ8537(P) + (9)デハ0803 + (5)デハ8798(M)(P) +
   (4)デハ0801 + (2)デハ8797(P) + (1)デハ8637

  <50618>東急8500系(青帯・ドア装飾編成) 増結用中間車4両セット(動力無し)
   ←中央林間  渋谷→
   種別:- 行先:-
   (8)サハ8980 + (7)デハ0711(P) + (6)デハ0808 + (3)サハ8973

 <最安値を探してみる>
  <50617>東急8500系(青帯・ドア装飾編成) 基本6両編成セット(動力付き)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <50618>東急8500系(青帯・ドア装飾編成) 増結用中間車4両セット(動力無し)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30795>北総鉄道7800形(7828編成)8両編成セット(動力付き)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  京成電鉄からのリース車両7050形・7250形の代替用として、
  2003年に登場した北総鉄道7800形。
  北総鉄道7800形は京成3700形をリースにより導入した形式です。
  まず、2003年に京成3700形4次車3808Fを導入し、7808Fとしました。
  2015年には京成3700形2次車3748Fを導入し、7818Fとしました。
  2018年には京成3700形3次車3778Fを導入し、7828Fとしました。

 <製品特徴>
  北総鉄道7800形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2018年に導入された7828Fを再現しています。
  列車無線アンテナ・避雷器はユーザー取付です。
  ヒューズボックス・ラジオアンテナ・ランボードは取付済。
  前面方向幕(フルカラーLED仕様)・運行番号・車番・車体ロゴマークは印刷済。
  乗入先により変化する種別表示は選択式ステッカーを付属しています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  動力ユニットはフライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  床下機器は既存部品流用の為、近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  7828 7827(P) 7826(M) 7825(P) 7824 7823 7822(P) 7821

 <編成例>
  ←京成高砂(押上・羽田空港)  印旛日本医大→
  種別:普通 行先:印旛日本医大 運番:21N
  7828 + 7827(P) + 7826(M) + 7825(P) + 7824 + 7823 + 7822(P) + 7821

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<50619>JR201系体質改善車「ICOCA10周年記念ラッピング」8両編成セット(動力付き)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  101系の後継車として1979年に登場した201系。
  国鉄初のチョッパ制御・回生ブレーキ装備の省エネ車で、
  合計1018両が製造されました。
  1987年の国鉄分割民営化後は、
  JR東日本に794両、JR西日本には224両が移籍しました。
  JR東日本では2011年6月に全車営業運行終了となりましたが、
  JR西日本は2003年から延命工事を実施。
  大阪環状線や大和路線を中心に、体質改善車が活躍しています。
  2013年11月から2014年3月にかけては、
  ICカード乗車券“ICOCA”導入10周年を記念した
  ラッピング車(LB3編成)が運行されていました。

 <製品特徴>
  JR西日本201系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ICOCA 10周年記念ラッピングが施されてたLB3編成を再現しています。
  列車無線アンテナ・信号炎管・避雷器はユーザー取付対応です。
  車番・JRマーク・前面ガラスの車番・
  車体標記(ATS・エンド・所属・コック表示)は印刷済。
  前面・側面方向幕(種別・行先:3色LED仕様)、運行番号、優先席、
  弱冷房車、女性専用車(専用ドアステッカー含むドアステッカー・
  “ICOCA”10周年ヘッドマークはステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを採用。
  床下機器は既存部品を流用しているため近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ201-63 モハ201-146(P) モハ200-146 サハ201-71
  サハ201-99 モハ201-147(M)(P) モハ200-147 クハ200-63

 <編成例>
  ←大阪(外回り)  大阪(内回り)→
  種別:- 行先:-
  クハ201-63 + モハ201-146(P) + モハ200-146 + サハ201-71 +
  サハ201-99 + モハ201-147(M)(P) + モハ200-147 + クハ200-63

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30267>JR201系体質改善車 スカイブルー 大阪環状線 8両編成セット(動力付き)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  101系の後継車として1979年に登場した201系。
  国鉄初のチョッパ制御・回生ブレーキ装備の省エネ車で、
  合計1018両が製造されました。
  1987年の国鉄分割民営化後は、
  JR東日本に794両、JR西日本には224両が移籍しました。
  JR東日本では2011年6月に全車営業運行終了となりましたが、
  JR西日本は2003年から延命工事を実施。
  大阪環状線や大和路線を中心に、体質改善車が活躍しています。
  大阪環状線の塗色は朱色1号の編成が中心ですが、
  一部編成はスカイブルーで運行されていました。
  2009年に最後のスカイブルー編成が朱色1号に塗り替えられました。

 <製品特徴>
  JR西日本201系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  大阪環状線のスカイブルー体質改善車を再現しています。
  列車無線アンテナ・信号炎管・避雷器はユーザー取付です。
  クハ200の前面ジャンパ栓受けは表現を省略しています。
  車番・JRマーク・ATS標記・エンド標記・所属表記・
  前面ガラスとスカートの車番は印刷済です。
  前面・側面方向幕は選択式ステッカーです。
  優先席・弱冷房車・女性専用車(専用ドアステッカー含む)・
  ドアステッカーはステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で点灯します。
  コアレスモーター動力ユニットを搭載。
  床下機器は既存部品流用のために近似形状となっています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ201-62 モハ201-144(P) モハ200-144 サハ201-70
  サハ201-96 モハ201-145(M)(P) モハ200-145 クハ200-62

 <編成例>
  ←大阪(外回り)  大阪(内回り)→
  種別:- 行先:-
  クハ201-62 + モハ201-144(P) + モハ200-144 + サハ201-70 +
  サハ201-96 + モハ201-145(M)(P) + モハ200-145 + クハ200-62

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30268>JR201系体質改善車 大阪環状線 LB8編成 2014 8両編成セット(動力付き)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  101系の後継車として1979年に登場した201系。
  国鉄初のチョッパ制御・回生ブレーキ装備の省エネ車で、
  合計1018両が製造されました。
  1987年の国鉄分割民営化後は、
  JR東日本に794両、JR西日本には224両が移籍しました。
  JR東日本では2011年6月に全車営業運行終了となりましたが、
  JR西日本は2003年から延命工事を実施。
  大阪環状線や大和路線を中心に、体質改善車が活躍しています。
  大阪環状線の一部編成はスカイブルーで運行されていましたが、
  2009年に全編成が朱色1号(オレンジバーミリオン)に塗り替えられました。

 <製品特徴>
  JR西日本201系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  大阪環状線の朱色1号体質改善車LB8編成を再現しています。
  列車無線アンテナ・信号炎管・避雷器はユーザー取付です。
  クハ200の前面ジャンパ栓受けは表現を省略しています。
  車番・JRマーク・ATS標記・エンド標記・所属表記・
  前面ガラスとスカートの車番は印刷済です。
  前面・側面方向幕は選択式ステッカーです。
  優先席・弱冷房車・女性専用車(専用ドアステッカー含む)・
  ドアステッカーはステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で点灯します。
  コアレスモーター動力ユニットを搭載。
  床下機器は既存部品流用のために近似形状となっています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ201-93 モハ201-197(P) モハ200-197 サハ201-78
  サハ201-83 モハ201-198(M)(P) モハ200-198 クハ200-93

 <編成例>
  ←大阪(外回り)  大阪(内回り)→
  種別:- 行先:-
  クハ201-93 + モハ201-197(P) + モハ200-197 + サハ201-78 +
  サハ201-83 + モハ201-198(M)(P) + モハ200-198 + クハ200-93

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30269>JR201系体質改善車 大和路線 ND608編成 2014 6両編成セット(動力付き)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  101系の後継車として1979年に登場した201系。
  国鉄初のチョッパ制御・回生ブレーキ装備の省エネ車で、
  合計1018両が製造されました。
  1987年の国鉄分割民営化後は、
  JR東日本に794両、JR西日本には224両が移籍しました。
  JR東日本では2011年6月に全車営業運行終了となりましたが、
  JR西日本は2003年から延命工事を実施。
  大阪環状線や大和路線を中心に、体質改善車が活躍しています。
  大和路線の編成はウグイス色の塗色がされています。

 <製品特徴>
  JR西日本201系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  大和路線のウグイス色体質改善車ND608編成を再現しています。
  列車無線アンテナ・信号炎管・避雷器はユーザー取付です。
  クハ200の前面ジャンパ栓受けは表現を省略しています。
  車番・JRマーク・ATS標記・エンド標記・所属表記・
  前面ガラスとスカートの車番は印刷済です。
  前面・側面方向幕は選択式ステッカーです。
  優先席・弱冷房車・女性専用車(専用ドアステッカー含む)・
  ドアステッカーはステッカーを付属しています。
  走行中はヘッドライトが電球色で、テールライトが赤色で点灯します。
  コアレスモーター動力ユニットを搭載。
  床下機器は既存部品流用のために近似形状となっています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ201-119 モハ201-237(P) モハ200-237
  モハ201-238(M)(P) モハ200-238 クハ200-119

 <編成例>
  ←JR難波・天王寺・放出  高田・奈良・加茂→
  種別:- 行先:-
  クハ201-119 + モハ201-237(P) + モハ200-237 +
  モハ201-238(M)(P) + モハ200-238 + クハ200-119

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【グリーンマックス】「2019年1月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

グリーンマックス(GREENMAX)さん、2019年1月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<50605>JR125系(小浜線・おばませんキャラ号6)2両編成セット(動力付き)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  小浜線の電化に合わせ、2002年に登場したJR西日本125系。
  223系2000番台をベースにした軽量ステンレス車で、
  ワンマン運転とバリアフリーに配慮した車両となっています。
  “おばませんキャラ号6”は2015年に登場。
  F18編成に嶺南6市町のご当地キャラがラッピングされています。

 <製品特徴>
  JR西日本125系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  F18編成“おばませんキャラ号6”を再現しています。
  クモハ125-18はキャラクターラッピングを印刷済で、
  ラッピング車と通常色車の2両編成セットとなっています。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックス・避雷器はユーザー取付です。
  信号炎管は一体彫刻表現となっています。
  車番・JRマーク(側面)・形式・自重・
  換算表記・検査表記、ATS表記・エンド表記は印刷済。
  方向幕(前面・側面)・ワンマン表示・番号札(前面)・
  号車表記・優先席・車椅子マークは新規付属ステッカーで対応。
  前面JRマークはステッカー貼付で対応しています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  ただし、連結面のライト類は非点灯です。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを採用。
  連結面側はドローバーを装着し、
  ダミーカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ125-18(M)(P) クモハ125-15(P)

 <編成例>
  ←東舞鶴  敦賀→
  種別:- 行先:-
  クモハ125-18(M)(P) + クモハ125-15(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【グリーンマックス】「2019年1月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【グリーンマックス】「2019年1月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

グリーンマックス(GREENMAX)さん、2019年1月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<30796>京王5000系(ロングシートモード)基本6両編成セット(動力付き)
<30797>京王5000系(ロングシートモード)増結用中間車4両セット(動力無し)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  京王電鉄初の座席指定制列車用車両として、
  2017年に登場した京王5000系。
  車内はデュアルシートとなっており、
  座席指定列車使用時にはクロスシート、
  それ以外の時はロングシートに転換できるようになっています。
  2017年9月から一般列車として運行を開始しており、
  2018年2月からは座席指定列車“京王ライナー”としても使用されています。

 <製品特徴>
  京王5000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  一般運用のロングシートモードで再現しています。
  ヘッドレスト付きロングシートを新規金型で再現。
  列車無線アンテナ・WiMAXアンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  前面方向幕(フルカラーLED仕様、区間急行・橋本)・運行番号(51K)・
  車番・KEIOマーク・優先席(車体)・車椅子・ベビーカーマークは印刷済。
  側面方向幕(区間急行・橋本)・優先席(窓)・弱冷房車・
  スカート凹部の色調(黒色)は付属ステッカー(<30796>に付属)対応です。
  ヘッドライト・前面方向幕・運行番号・標識種別通過灯は白色で、
  テールライトは赤色で点灯します。
  動力ユニットはフライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30796>京王5000系(ロングシートモード)基本6両編成セット(動力付き)
   クハ5732 デハ5032(P) デハ5082(P)
   サハ5532 デハ5132(M)(P) クハ5782

  <30797>京王5000系(ロングシートモード)増結用中間車4両セット(動力無し)
   デハ5182 サハ5582 デハ5232(P) デハ5282(P)

 <編成例>
  <30796>京王5000系(ロングシートモード)基本6両編成セット(動力付き)
   ←新宿  橋本・京王八王子→
   種別:区間急行 行先:橋本 運番:51K
   (10)クハ5732 + (9)デハ5032(P) + (8)デハ5082(P) +
   (7)サハ5532 + (6)デハ5132(M)(P) + (1)クハ5782

  <30797>京王5000系(ロングシートモード)増結用中間車4両セット(動力無し)
   ←新宿  橋本・京王八王子→
   種別:- 行先:-
   (5)デハ5182 + (4)サハ5582 + (3)デハ5232(P) + (2)デハ5282(P)

 <最安値を探してみる>
  <30796>京王5000系(ロングシートモード)基本6両編成セット(動力付き)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <30797>京王5000系(ロングシートモード)増結用中間車4両セット(動力無し)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<50615>東急8500系(Bunkamura号)基本6両編成セット(動力付き)
<50616>東急8500系(Bunkamura号)増結用中間車4両セット(動力無し)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  8000系をベースに、半蔵門線相互乗入対応車として、
  1975年に登場した東急8500系。
  1976年には第16回ローレル賞を受賞しました。
  現在は田園都市線~半蔵門線~東武伊勢崎線などで運用されています。
  8637Fは1986年に製造されました。
  当初は赤帯塗装でしたが、
  1987年に青帯塗装に変更されました。
  1991年、先頭車にシャボン玉の装飾が加えられましたが、
  2008年には青帯塗装に戻されました。
  2018年になると、
  乗降扉が渋谷寄りからそれぞれ赤・緑・黄・青に装飾されました。
  さらにその後、“Bunkamura”ラッピングも施されました。

 <製品特徴>
  東急8500系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  8637F “Bunkamura号”を再現しています。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付です。
  避雷器は一体彫刻表現となっています。
  編成一部に搭載のステンレス製クーラーキセを再現しています。
  パンタグラフはホーンタイプのPT42Lを採用。
  車番・社紋・ヘッドマーク・乗務員扉赤色テープ・車端部黄色テープは印刷済。
  種別・行先表示(前面・側面)・運行番号・優先席・弱冷房車・
  車椅子・ベビーカーマークは選択式ステッカーを付属しています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  動力ユニットはフライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <50615>東急8500系(Bunkamura号)基本6両編成セット(動力付き)
   デハ8537(P) デハ0803 デハ8798(M)(P)
   デハ0801 デハ8797(P) デハ8637

  <50616>東急8500系(Bunkamura号)増結用中間車4両セット(動力無し)
   サハ8980 デハ0711(P) デハ0808 サハ8973

 <編成例>
  <50615>東急8500系(Bunkamura号)基本6両編成セット(動力付き)
   ←中央林間  渋谷→
   種別:- 行先:-
   (10)デハ8537(P) + (9)デハ0803 + (5)デハ8798(M)(P) +
   (4)デハ0801 + (2)デハ8797(P) + (1)デハ8637

  <50616>東急8500系(Bunkamura号)増結用中間車4両セット(動力無し)
   ←中央林間  渋谷→
   種別:- 行先:-
   (8)サハ8980 + (7)デハ0711(P) + (6)デハ0808 + (3)サハ8973

 <最安値を探してみる>
  <50615>東急8500系(Bunkamura号)基本6両編成セット(動力付き)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <50616>東急8500系(Bunkamura号)増結用中間車4両セット(動力無し)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30794>北総鉄道7300形(7318編成)8両編成セット(動力付き)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  北総線京成高砂~新鎌ヶ谷間開業に合わせ、
  1991年に登場した北総鉄道7300形。
  京成電鉄3700形の基本設計をベースにした18m級3扉ステンレス車で、
  VVVFインバータ制御方式を採用。
  車体帯色は北総カラーの青となっています。
  7318Fは1991年に登場。
  2006年に運行番号表示器がLED式に交換され、
  2011年には行先・種別表示器がフルカラーLED式に変更されました。
  また2007年には“HOK'SO”ロゴをはじめ、
  先頭車側面の帯に航空機の翼をイメージしたデザインが追加されました。
  さらに、2015年からはパンタグラフがシングルアームに換装され、
  窓ガラスもグリーン系のUVカットガラスに変更されました。

 <製品特徴>
  北総鉄道7300形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シングルアームパンタ・UVカットガラスの7318Fを再現しています。
  列車無線アンテナはユーザー取付です。
  ヒューズボックス・ラジオアンテナ・ランボードは取付済。
  前面方向幕(フルカラーLED仕様)・運行番号・車番・車体ロゴマークは印刷済。
  前面種別表示機枠は印刷表現となっています。
  乗入先により変化する種別表示は選択式ステッカーを付属しています。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  動力ユニットはフライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  床下機器は既存部品流用の為、近似形状です。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  7318 7317(P) 7316(M) 7315(P) 7314 7313 7312(P) 7311

 <編成例>
  ←京成高砂(押上・羽田空港)  印旛日本医大→
  種別:普通 行先:印旛日本医大 運番:25N
  7318 + 7317(P) + 7316(M) + 7315(P) + 7314 + 7313 + 7312(P) + 7311

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30786>東武70000系(71707編成)7両編成セット(動力付き)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  18m級車で3扉車と5扉車が混在していた
  20000系・20050系・20070系の置換用として、
  2017年7月に登場した東武70000系。
  乗入先である東京メトロ日比谷線の20m級車化に合わせ、
  70000系は4扉20m級車となっています。
  東京メトロ13000系とほぼ同一仕様で、
  電動機や制御機器類・台車等は同じモノが採用されています。
  車内照明は東京メトロ13000系が間接照明であるのに対し、
  東武70000系は直接LED照明となっています。
  2017年度中に10編成が導入され、
  2019年度までに22編成が製造される予定です。

 <製品特徴>
  東武70000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  71707Fを再現しています。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスは別パーツで、
  ユーザー取付となっています。
  避雷器は一体彫刻表現です。
  TOBUグループロゴ・車椅子・ベビーカーマーク・車番は印刷済。
  種別・行先方向幕(前面・側面)・運行番号はフルカラーLED仕様で、
  新規選択式ステッカーを付属しています。
  優先席・弱冷房車・号車表示は選択式ステッカーを付属しています。
  ヘッドライト・前面方向幕は白色で、テールライトは赤色で点灯します。
  動力ユニットはフライホイール付きコアレスモーターを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  71707 72707(P) 73707 74707(M)(P) 75707 76707(P) 77707

 <編成例>
  ←北千住  南栗橋→
  種別:- 行先:-
  71707 + 72707(P) + 73707 + 74707(M)(P) + 75707 + 76707(P) + 77707

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<30778>近鉄22000系ACE(リニューアル車) 基本2両編成セット(動力付き)
<30779>近鉄22000系ACE(リニューアル車) 増結2両編成セット(動力無し)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  10400系や11400系の置換用として、1992年に登場した近鉄22000系。
  特急車両初のVVVFインバータ制御を採用し、
  乗降扉もプラグ式に改める等、
  従来の特急車から大幅なモデルチェンジが図られました。
  2両編成と4両編成がありますが、いずれもオール電動車となっています。
  2015年11月からリニューアル工事が実施され、
  喫煙室設置や座席交換等が行われました。
  これに合わせて、塗色変更も実施されました。

 <製品特徴>
  近鉄22000系ACEを、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2015年11月から登場したリニューアル車を再現しています。
  パンタグラフ付き先頭車屋根と妻面は新規金型で再現。
  先頭車の長さの違いもしっかり表現しています。
  列車無線アンテナ・臭気抜きは一体彫刻表現となっています。
  ヒューズボックスはユーザー取付です。
  前面スカートは専用品を装着しています。
  前面方向幕(フルカラーLED仕様)・車番・
  ACEロゴマーク・座席番号表示等は印刷済。
  ヘッドライト・前面方向幕は白色で、テールライトは赤色で、
  標識種別通過灯はオレンジ 色で点灯します。
  床下機器は従来部品を使用。
  M車はフライホイール付きコアレスモーターを搭載しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30778>近鉄22000系ACE(リニューアル車) 基本2両編成セット(動力付き)
   22126(M)(P) 22426

  <30779>近鉄22000系ACE(リニューアル車) 増結2両編成セット(動力無し)
   22128(P) 22428

 <編成例>
  <30778>近鉄22000系ACE(リニューアル車) 基本2両編成セット(動力付き)
   ←大阪難波・京都  近鉄奈良・近鉄名古屋→
   種別:- 行先:大阪難波
   22126(M)(P) + 22426

  <30779>近鉄22000系ACE(リニューアル車) 増結2両編成セット(動力無し)
   ←大阪難波・京都  近鉄奈良・近鉄名古屋→
   種別:- 行先:大阪難波
   22128(P) + 22428

 <最安値を探してみる>
  <30778>近鉄22000系ACE(リニューアル車) 基本2両編成セット(動力付き)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <30779>近鉄22000系ACE(リニューアル車) 増結2両編成セット(動力無し)
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【グリーンマックス】「2019年1月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD