忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【鉄コレ】「2019年1月発売予定の鉄道コレクション(鉄道模型)新製品情報を発表!」

トミーテックさん、2019年1月発売予定の鉄コレ(鉄道模型)製品情報です。


<292692>鉄道コレクション 熊本電気鉄道01形(くまモンラッピング・イエロー) 2両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  5000形の後継車として、2015年に登場した熊本電鉄01形。
  01形は東京メトロ銀座線01系からの譲渡車で、
  2015年に01系4次車第36編成が、
  2016年に01系4次車第35編成が導入されました。
  編成は両先頭車を連結した2両編成で、
  導入に合わせ、シングルアーム化や東芝製のVVVFインバータ制御化、
  ワンマン運転対応等の改造工事が実施されました。
  また、銀座線の軌間が1435mmだったのに対し、
  熊本電鉄の軌間は1067mmであったので、
  台車も川崎重工業製の新型台車“efWING®”に交換されました。
  2016年には第36編成にくまモンのラッピング(シルバー)が施され、
  続いて2017年に第35編成もくまモンのラッピング(イエロー)が施されました。

 <製品特徴>
  熊本電鉄01形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ”くまモンラッピング・イエロー”を鉄コレで再現しています。
  “efWING®”台車は黒色となっています。
  動力ユニットはTM-10R(16m級A)、走行用パーツはTT-03R、
  パンタグラフは<0238>TOMIX C-PS27Nを推奨しています。
  展示用台座は付属していません。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  01-135(P) 01-635

 <編成例>
  01-135(P) + 01-635

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<292685>鉄道コレクション 熊本電気鉄道01形(くまモンラッピング・シルバー) 2両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  5000形の後継車として、2015年に登場した熊本電鉄01形。
  01形は東京メトロ銀座線01系からの譲渡車で、
  2015年に01系4次車第36編成が、
  2016年に01系4次車第35編成が導入されました。
  編成は両先頭車を連結した2両編成で、
  導入に合わせ、シングルアーム化や東芝製のVVVFインバータ制御化、
  ワンマン運転対応等の改造工事が実施されました。
  また、銀座線の軌間が1435mmだったのに対し、
  熊本電鉄の軌間は1067mmであったので、
  台車も川崎重工業製の新型台車“efWING®”に交換されました。
  2016年には第36編成にくまモンのラッピング(シルバー)が施され、
  続いて2017年に第35編成もくまモンのラッピング(イエロー)が施されました。

 <製品特徴>
  熊本電鉄01形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ”くまモンラッピング・シルバー”を鉄コレで再現しています。
  “efWING®”台車は黒色となっています。
  動力ユニットはTM-10R(16m級A)、走行用パーツはTT-03R、
  パンタグラフは<0238>TOMIX C-PS27Nを推奨しています。
  展示用台座は付属していません。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  01-136(P) 01-636

 <編成例>
  01-136(P) + 01-636

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<292593>鉄道コレクション 神戸電鉄デ1350形メモリアルトレイン 4両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  デ1350形は両開き3扉車として1979年に登場しました。
  1000系列としては初の新製冷房車で、
  1987年までに2両編成6本が製造されました。
  主に2両編成2本を併結した4両編成で運用されています。
  1357Fは1984年にオレンジとシルバーグレー塗装で登場しましたが、
  1989年に赤とクリーム色塗装に変更されました。
  2004年にワンマン化され、
  扉上には戸閉センサが増設されました。
  2018/7/22からは、
  2018年11月に迎える開業90周年を記念して、
  旧塗装のオレンジとシルバーグレーに再塗装され、
  “メモリアルトレイン”として活躍しています。  

 <製品特徴>
  神戸電鉄デ1350形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1357F “メモリアルトレイン”を鉄コレで再現しています。
  ドア上に取り付けられた戸閉センサを再現。
  中間部に封じ込められた元先頭車部分の
  ライトレンズやワイパーを撤去した姿を再現しています。
  動力化ユニットはTM-06R、走行化パーツはTT-04Rを指定し、
  パンタグラフは<0238>PG16を推奨しています。
  展示用台座は付属していません。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  デ1357 デ1358(P) デ1359 デ1360(P)

 <編成例>
  デ1357 + デ1358(P) + デ1359 + デ1360(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【鉄コレ】「2018年12月発売予定の鉄道コレクション(鉄道模型)新製品情報を発表!」

トミーテックさん、12月発売予定の鉄コレ(鉄道模型)製品情報です。


<292234>鉄道コレクション 営団地下鉄2000形丸ノ内線 3両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  銀座線用の標準型車両として、1959年に登場した営団地下鉄2000形。
  1963年まで104両が製造されました。
  丸ノ内線方南町支線(中野坂上~方南町間)へは、
  100形の置換用として1968年に10両が銀座線から転属してきました。
  その際、外観は赤色車体に白帯が入れられ、
  内装は淡緑色から肌色に変更されました。
  導入当初は2連✕5本で活躍しましたが、
  1981年に輸送力増強を目的に、
  さらに8両が転属し、3連✕6本に組み替えられました。
  1993年7月、500形に引き継ぐ形で引退となりました。

 <製品特徴>
  営団地下鉄2000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  丸ノ内線方南町支線用車を鉄コレで再現しています。
  動力ユニットは16m級用A TM-10R、
  走行用パーツはTT-04Rを推奨しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  2034 2092 2033

 <編成例>
  2034 + 2092 + 2033

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<291961>鉄道コレクション 富士急行6000系トーマスランド20周年記念号 3両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1000形の置換用として、2012年に登場した富士急6000系。
  JR東日本205系を譲渡・改造し、3両編成化した車両です。
  6502Fは2018年3月に導入され、
  “トーマスランド20周年記念号”として活躍しています。

 <製品特徴>
  富士急6000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ”トーマスランド20周年記念号”を鉄コレで再現しています。
  動力ユニットはTM-14、走行用パーツはTT-03Rを指定し、
  パンタグラフは<0255>PS33D形を推奨しています。
  展示用台座は付属していません。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ6502(P) モハ6602 クハ6552

 <編成例>
  ← 富士山     河口湖・大月 →
  クモハ6502(P) + モハ6602 + クハ6552

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<291978>鉄道コレクション 富士急行6000系マッターホルン号 3両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1000形の置換用として、2012年に登場した富士急6000系。
  JR東日本205系を譲渡・改造し、3両編成化した車両です。
  6501Fは2012年2月に導入され、
  2016年9月からは“マッターホルン号”として活躍しています。  

 <製品特徴>
  富士急6000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ”マッターホルン号”を鉄コレで再現しています。
  動力ユニットはTM-14、走行用パーツはTT-03Rを指定し、
  パンタグラフは<0255>PS33D形を推奨しています。
  展示用台座は付属していません。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ6501(P) モハ6601 クハ6551

 <編成例>
  ← 富士山     河口湖・大月 →
  クモハ6501(P) + モハ6601 + クハ6551

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



< 292531>鉄道コレクション 北越急行HK100ほしぞら・イベント対応車 2両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  ほくほく線の開業に合わせて、1997年に登場した北越急行HK100形。
  2003年までに12両が製造されました。
  HK100-8・9は転換クロスシートのイベント対応車として、
  1997年開業時に登場しました。
  2002年8月にはHK100-9が、
  プラネタリウム列車“ほしぞら”に改造されました。

 <製品特徴>
  北越急行HK100形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  プラネタリウム列車“ほしぞら”を鉄コレで再現しています。
  動力ユニットはTM-14、走行用パーツはTT-04R、
  パンタグラフは<0258>PT4811Nを推奨しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  HK100-8(P) HK100-9(P)

 <編成例>
  HK100-8(P) + HK100-9(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<292494>鉄道コレクション 北越急行HK100旧塗装 2両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  ほくほく線の開業に合わせて、1997年に登場した北越急行HK100形。
  2003年までに12両が製造されました。
  HK100-2・4はセミクロスシートの一般車として、
  1997年開業時に登場しました。

 <製品特徴>
  北越急行HK100形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  セミクロスシート一般車の旧塗装を鉄コレで再現しています。
  動力ユニットはTM-14、走行用パーツはTT-04R、
  パンタグラフは<0258>PT4811Nを推奨しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  HK100-2(P) HK100-4(P)

 <編成例>
  HK100-2(P) + HK100-4(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【鉄コレ】「2018年11月発売予定の鉄道コレクション(鉄道模型)新製品情報を発表!」

トミーテックさん、11月発売予定の鉄コレ(鉄道模型)製品情報です。


<291152>鉄道コレクション 第27弾
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ●西武401系
   吊り掛け駆動の411系を高性能化して誕生した西武401系(2代目)。
   4次車は雨樋の位置が高いスッキリとした外観が特徴です。
 
  ●東武5050系
   新製車体に、7800系の走行機器を組み合わせて、
   1980~84年に登場した東武5050系。
   パンタグラフ増設後の姿を再現しています。
 
  ●相鉄3010系
   旧3000系の機器・台枠(一部)と6000系相当の車体を組み合わせて、
   1964~66年に登場した相鉄3010系。
   当初流用した制御車の台車を交換し、新塗装に変更された姿を再現します。
 
  ●名鉄7300系
   新製車体に、旧型車(3800系・800形)の走行機器を組み合わせ、
   1971年に登場した名鉄7300系。
   車内設備はパノラマカーと同等となっています。
   支線直通用の特急用車両として活躍しましたが、
   1997/4/13に名鉄での運行は終了となりました。
   その後、豊橋鉄道に転籍しましたが、
   2002/3/31をもって全廃されました。
 
  ●近鉄2400系
   大阪線初の1M高性能車として1966年に登場した近鉄2400系。
   残念ながら2004年に全廃されました。

 <製品特徴>
  大手私鉄の車両を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1980年代以降に活躍した車両を鉄コレで再現しています。
  西武401系・東武5050系・相鉄3010系・
  名鉄7300系・近鉄2400系をラインナップしており、
  全10種+シークレットがランダムに封入されています。

  ●西武401系
   動力ユニットはTM-14 20m級A2、走行パーツはTT-04R、
   パンタグラフは<0230>PS16Pを推奨しています。

   
   鉄道模型フェスティバル2018にて撮影 (以下の写真全て)

  ●東武5050系
   動力ユニットはTM-17 20m級B2、走行パーツはTT-04R、
   パンタグラフは<0258>PT4811Nを推奨しています。

   

  ●相鉄3010系
   動力ユニットはTM-14 20m級A2、走行パーツはTT-04R、
   パンタグラフは<0230>PS16Pを推奨しています。

   

  ●名鉄7300系
   動力ユニットはTM-12R 19m級A、走行パーツはTT-04R、
   パンタグラフは<0250>PT-4212-Sを推奨しています。

   

  ●近鉄2400系
   動力ユニットはTM-14 20m級A2、走行パーツはTT-04R、
   パンタグラフは<0250>PT-4212-Sを推奨しています。

  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。  

 <製品内容>
  下記の10種またはシークレットの内、いずれか1種。

  ●西武401系
   クモハ428(P) クモハ427

  ●東武5050系
   5557(P) 5657

  ●相鉄3010系
   モハ3011(P) クハ3511

  ●名鉄7300系
   モ7305(P) ク7205

  ●近鉄2400系
   モ2405(P) ク2505 

 <編成例>
  ●西武401系
   クモハ428(P) + クモハ427

  ●東武5050系
   5557(P) + 5657

  ●相鉄3010系
   モハ3011(P) + クハ3511

  ●名鉄7300系
   モ7305(P) + ク7205

  ●近鉄2400系
   モ2405(P) + ク2505

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<292265>鉄道コレクション 西武鉄道30000系 ぐでたまスマイルトレイン基本3両セット
<292272>鉄道コレクション 西武鉄道30000系 ぐでたまスマイルトレイン増結5両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  101系・301系の代替用として2008年に登場した西武30000系。
  “たまご”をモチーフしており、
  “生みたてのたまごのようなやさしく、やわらかなふくらみ”の外観と、
  “温かみのあるやさしい空間”の内装となっています。
  “スマイルトレイン”という愛称が付けられています。
  2018年3月からは、サンリオのキャラクター”ぐでたま”の5周年と
  30000系登場10周年を記念した特別コラボ編成が登場。
  ”ぐでたまスマイルトレイン”の愛称で、
  2018年12月まで池袋線・新宿線などで運行される予定です。

 <製品特徴>
  西武30000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ”ぐでたまスマイルトレイン”を鉄コレで再現しています。
  動力ユニットはTM-08R、走行用パーツはTT-04Rを指定し、
  パンタグラフは<0284>C-PS27Nを推奨しています。
  展示用台座は付属していません。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <292265>基本3両セット
   クハ38805 モハ38205(P) クハ38105

  <292272>増結5両セット
   モハ38705 モハ38605(P) サハ38505 サハ38405 モハ38305

 <編成例>
  ←池袋・本川越  西武新宿・飯能→
  (8)クハ38805 + (7)モハ38705 + (6)モハ38605(P) + (5)サハ38505 +
  (4)サハ38405 + (3)モハ38305 + (2)モハ38205(P) + (1)クハ38105
 
  赤文字:<292265>基本3両セット
  桃文字:<292272>増結5両セット

 <最安値を探してみる>
  <292265>基本3両セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <292272>増結5両セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<291299>鉄道コレクション OsakaMetro一番列車(谷町線32607編成)6両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  2018/4/1に大阪市交通局から民営化されたOsakaMetro(大阪メトロ)。
  谷町線大日駅を午前4時59分に出発した一番列車は、
  32607編成が使用されました。
  谷町線30000系のなかで32607編成のみにヘッドマークが掲出されました。

 <製品特徴>
  OsakaMetro(大阪メトロ)30000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  谷町線一番列車32607編成を、鉄コレで再現しています。
  OsakaMetroのシンボルマークは印刷済。
  ヘッドマークは付属シール対応となっています。
  動力ユニットは19m級用A TM-12R、
  走行用パーツは TT-04R(車輪径5.6mm2両分:グレー)を指定。
  展示用台座は付属していません。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2018にて撮影

 <製品内容>
  32607 32107 32807 32307 32207 32907

 <編成例>
  ←大日     八尾南→
  32607 + 32107 + 32807 + 32307 + 32207 + 32907

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<291572>鉄道コレクション ニュルンベルクトラム1000タイプ
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  ニュルンベルクトラムは、
  ドイツ南部のニュルンベルクを走る路面電車です。
  1000タイプは乗降用扉と運転席が片側にしかなく、
  ループ線専用の車両となっています。

 <製品特徴>
  ドイツのニュルンベルクトラムを、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1000タイプを鉄コレで再現しています。
  動力ユニットはTM-LRT04を推奨しています。
  走行用パーツセットとパンタグラフは対応していません。
  金型共用の為、一部実車と異なるところがあります。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2018にて撮影

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<291589>鉄道コレクション マインツトラム200タイプ
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  マインツトラムは、
  ドイツ西部のマインツを走る1884年開業の路面電車です。
  200タイプは両側に乗降用扉を持つ両運転台車です。 

 <製品特徴>
  ドイツのマインツトラムを、鉄道模型Nゲージで製品化。
  200タイプを鉄コレで再現しています。
  金型を一部新規作成しています。
  動力ユニットはTM-LRT04を推奨しています。
  走行用パーツセットとパンタグラフは対応していません。
  金型共用の為、一部実車と異なるところがあります。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2018にて撮影

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD