忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2019年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1.

【カトー】「2019年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1.

カトー(KATO)さん、2019年7月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<10-1503>JR四国2000系 特急「南風」4両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  四国島内の高速道路網整備に対抗する為に開発されたJR四国2000系。
  まずは1989年に先行試作車として“TSE”編成が製造されました。
  TSEとは“TransShikoku Exprimental(四国横断実験)”の略で、
  高松・岡山~高知・松山間を約2時間で結ぶ車両の開発を目標をしました。
  世界初の振り子式気動車であるとともに、日本初の制御付振り子車両でもあり、
  1989年のローレル賞を受賞しました。
  1990年からは量産車が製造され、最高速度120km/hでの運転を開始しました。
  車体は軽量ステンレス製で、
  先頭車は線型の非貫通型と切妻の貫通型があり、増解結が可能となっています。
  TSEでは省略されていた列車愛称表示器を装備し、
  連結器は電気連結器付密着連結器に変更されています。

 <製品特徴>
  JR四国2000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  4両編成の特急“南風”の姿を再現しています。
  2000年代以降にドア窓が小形化されて、
  側窓支持が金属枠、排気管延長、室内リニューアル化後、
  2000形の電連を撤去した姿を再現しています。
  非貫通のグリーン合造車2000形が含まれる編成を再現。
  各部の銀色の色味の違いをしっかり表現しています。
  室内パーツは青色で表現しています。
  ヘッドマークは“南風”を取付済で、
  交換用に“しまんと” “あしずり” “(無地)”を付属しています。
  専用の行先表示シールを付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・ヘッドマークが点灯し、
  貫通形先頭車2100/2150形は消灯スイッチ付となっています。
  KATO独自の車体振り子機構を搭載し、
  実車同様の車体傾斜を再現しています。
  動力ユニットはフライホイール付動力ユニットを採用し、
  貫通形先頭車2100形に搭載しています。
  トラクションタイヤ付となっています。
  中間連結部と中間に入る貫通形先頭車先頭部は
  フックなしボディマウント密連形カプラーを採用し、
  編成の端につく先頭車先頭部はダミーカプラーを採用しています。
  2000形は電連なし、2100/2150形は電連つきの形態を再現。
  交換用の連結用カプラーとダミーカプラーが付属しています。
  2100/2150形用の、ダミーカプラー装備時の外観重視のスカートと、
  連結用カプラー装備時のスカートの2種類が各1つずつ付属しています。
  2150形と中間に入る2100形の前面ホロは取付済です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2019 展示品

 <製品内容>
  ←宿毛・高知・宇和島  高松・岡山→
  2009 2217 2119(M) 2118

 <編成例>
 ●南風(岡山~高知・中村・宿毛)
  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M) + (4)2100

 ●南風(岡山~高知・中村・宿毛)/しまんと(高松~高知)/あしずり(高知~中村)
  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M)

 ●南風(岡山~高知)/南風( (1)~(5)岡山~高知 )+しまんと( (6)(7)高松~高知 )
  ※宇多津で分割・併合
  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M) + (6)2150 + (7)2100

  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M) + (4)2100 + (6)2150 + (7)2100

  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M) + (4)2100 + (5)2100 + (6)2150 + (7)2100

 ●宇和海(松山~宇和島)
  (1)2150 + (2)2200 + (3)2100(M)

  (1)2150 + (2)2100(M) + (3)2100 + (4)2100

 ●単行の回送・試運転
  2100(M)

  赤文字:<10-1503>JR四国2000系 特急「南風」4両セット
  桃文字:<10-1504>JR四国2000系 3両セット

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1504>JR四国2000系 3両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  四国島内の高速道路網整備に対抗する為に開発されたJR四国2000系。
  まずは1989年に先行試作車として“TSE”編成が製造されました。
  TSEとは“TransShikoku Exprimental(四国横断実験)”の略で、
  高松・岡山~高知・松山間を約2時間で結ぶ車両の開発を目標をしました。
  世界初の振り子式気動車であるとともに、日本初の制御付振り子車両でもあり、
  1989年のローレル賞を受賞しました。
  1990年からは量産車が製造され、最高速度120km/hでの運転を開始しました。
  車体は軽量ステンレス製で、
  先頭車は線型の非貫通型と切妻の貫通型があり、増解結が可能となっています。
  TSEでは省略されていた列車愛称表示器を装備し、
  連結器は電気連結器付密着連結器に変更されています。

 <製品特徴>
  JR四国2000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  貫通先頭車2100形・2150形が連結された3両編成の姿を再現しています。
  2000年代以降にドア窓が小形化されて、
  側窓支持が金属枠、排気管延長、室内リニューアル化後、
  2000形の電連を撤去した姿を再現しています。
  各部の銀色の色味の違いをしっかり表現しています。
  室内パーツは青色で表現しています。
  ヘッドマークは“しまんと”を取付済で、
  交換用に“南風” “あしずり” “宇和海” “(無地)”を付属しています。
  専用の行先表示シールを付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・ヘッドマークが点灯し、
  貫通形先頭車2100/2150形は消灯スイッチ付となっています。
  KATO独自の車体振り子機構を搭載し、
  実車同様の車体傾斜を再現しています。
  動力ユニットはフライホイール付動力ユニットを採用し、
  貫通形先頭車2100形に搭載しています。
  混成を考慮してトラクションタイヤ無しとなっています。
  中間連結部と中間に入る貫通形先頭車先頭部は
  フックなしボディマウント密連形カプラーを採用し、
  編成の端につく先頭車先頭部はダミーカプラーを採用しています。
  2000形は電連なし、2100/2150形は電連つきの形態を再現。
  交換用の連結用カプラーとダミーカプラーが付属しています。
  2100/2150形用の、ダミーカプラー装備時の外観重視のスカートと、
  連結用カプラー装備時のスカートの2種類が各1つずつ付属しています。
  2150形と中間に入る2100形の前面ホロは取付済です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2019 展示品

 <製品内容>
  ←宿毛・高知・宇和島  高松・岡山→
  2154 2121(M) 2123

 <編成例>
 ●南風(岡山~高知)/南風( (1)~(5)岡山~高知 )+しまんと( (6)(7)高松~高知 )
  ※宇多津で分割・併合
  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M) + (6)2150 + (7)2100

  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M) + (4)2100 + (6)2150 + (7)2100

  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M) + (4)2100 + (5)2100 + (6)2150 + (7)2100

 ●しまんと(高松~高知)/あしずり(高知~中村)
 ●宇和海(松山~宇和島)
 ●ミッドナイトEXP高松、モーニングEXP高松(高松~伊予西条)
  (1)2150 + (2)2100(M)

 ●宇和海(松山~宇和島)
  (1)2150 + (2)2100(M) + (3)2100

  (1)2150 + (2)2200 + (3)2100(M)

  (1)2150 + (2)2100(M) + (3)2100 + (4)2100

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1505>JR四国2000系 特急「しおかぜ・いしづち」7両セット【特別企画品】
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  四国島内の高速道路網整備に対抗する為に開発されたJR四国2000系。
  まずは1989年に先行試作車として“TSE”編成が製造されました。
  TSEとは“TransShikoku Exprimental(四国横断実験)”の略で、
  高松・岡山~高知・松山間を約2時間で結ぶ車両の開発を目標をしました。
  世界初の振り子式気動車であるとともに、日本初の制御付振り子車両でもあり、
  1989年のローレル賞を受賞しました。
  1990年からは量産車が製造され、最高速度120km/hでの運転を開始しました。
  車体は軽量ステンレス製で、
  先頭車は線型の非貫通型と切妻の貫通型があり、増解結が可能となっています。
  TSEでは省略されていた列車愛称表示器を装備し、
  連結器は電気連結器付密着連結器に変更されています。

 <製品特徴>
  JR四国2000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  “しおかぜ”の全列車が電車化される前に運用されていた
  予讃線の“しおかぜ・いしづち”の姿を再現しています。
  2000年代以降にドア窓が小形化されて、
  側窓支持が金属枠、排気管延長、室内リニューアル化後、
  2000形の電連を撤去した姿を再現しています。
  非貫通のグリーン合造車2000形が含まれる編成を再現。
  各部の銀色の色味の違いをしっかり表現しています。
  室内パーツは青色で表現しています。
  ヘッドマークは“しおかぜ” “いしづち”を取付済で、
  交換用に“うずしお” “宇和海” “(無地)”を付属しています。
  専用の行先表示シールを付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・ヘッドマークが点灯し、
  貫通形先頭車2100/2150形は消灯スイッチ付となっています。
  KATO独自の車体振り子機構を搭載し、
  実車同様の車体傾斜を再現しています。
  動力ユニットはフライホイール付動力ユニットを採用し、
  貫通形先頭車2100形に搭載しています。
  トラクションタイヤ付となっています。
  中間連結部と中間に入る貫通形先頭車先頭部は
  フックなしボディマウント密連形カプラーを採用し、
  編成の端につく先頭車先頭部はダミーカプラーを採用しています。
  2000形は電連なし、2100/2150形は電連つきの形態を再現。
  交換用の連結用カプラーとダミーカプラーが付属しています。
  2100/2150形用の、ダミーカプラー装備時の外観重視のスカートと、
  連結用カプラー装備時のスカートの2種類が各1つずつ付属しています。
  2150形と中間に入る2100形の前面ホロは取付済です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  鉄道模型フェスティバル2019 展示品

 <製品内容>
  ←宿毛・高知・宇和島  高松・岡山→
  2004 2215 2216 2114(M) 2111 2156 2112

 <編成例>
 ●しおかぜ( (1)~(4)岡山~宇和島/(5)岡山~松山 )+いしづち( (6)(7)高松~松山 )
  (1)2000 + (2)2200 + (3)2200 + (4)2100(M) + (5)2100 + (6)2150 + (7)2100

 ●いしづち(高松~松山)
  (1)2000 + (2)2200 + (3)2200 + (4)2100(M)

 ●宇和海(松山~宇和島)
  (1)2000 + (2)2200 + (3)2100(M) + (4)2100

  (1)2000 + (2)2100(M) + (3)2100

 ●うずしお(高松~徳島)
 ●ミッドナイトEXP高松(高松~伊予西条)
  (1)2150 + (2)2100(M)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1421>コキ104 コンテナ無積載 2両セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1989年に登場したコキ104形は、
  増・解結を考慮した1両単独運用が可能なコンテナ貨車で、
  1996年までに2908両が製造されました。  
  ISO規格海上コンテナ対応の為に低床車体とし、
  高速化(最高速度110km)等も図られました。
  現在は台枠側面の“JRF”ロゴが省略されています。

 <製品特徴>
  コンテナ貨車コキ104形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  濃いブルーで空車状態の姿を再現しています。
  抜けた台枠に配管などが見えるフレーム形状をしっかり再現。
  検査表記は“コキ104 1715:29-9-11/24-9-11 広島車”と、
  “コキ104 2406 33-10-27/28-10-27 広島車”です。
  検査周期表記は“A11”です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  コキ104-1715 コキ104-2406

 <編成例>
  牽引機 + コキ104 ×10両程度
  牽引機 + コキ104 ×8両 + コキ106 ×6両 + コキ104 ×6両
  牽引機 + コキ50000 ×6両 + コキ104 ×8両 + コキ106 ×6両

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2019年7月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 地震・台風・水害に備えよう! 国内実績トップクラスの防災セットメーカー LA・PITA 直営サイト