忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2020年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2.

【カトー】「2020年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2.

カトー(KATO)さん、2020年4月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<3058-3>EF62 後期形 下関運転所
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  碓氷峠の急勾配対応車として、1962年に登場した国鉄EF62形。
  信越本線・高崎線等で活躍し、
  碓氷峠区間では補機EF63との協調運転による3重連も見られました。
  軽量化を図る為に3軸台車を採用しているのが特徴です。
  1964~69年に製造された後期形(2次量産形:25~54号機)は、
  台枠の中央端梁延長やエアーフィルターのパンチプレート化、
  運転室側窓の変更、避雷器移設等が実施されました。
  碓氷峠区間貨物列車廃止と、
  東海道・山陽本線を運行していたEF58形の置き換え用として、
  1984年に26両が下関運転所に転属しました。
  
 <製品特徴>
  国鉄EF62形の後期形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1985年頃の下関運転所所属機を再現しています。
  ホイッスル原形位置、横軽/列車無線アンテナなしの姿を再現。
  移設されたEGジャンパ栓やスカートも再現しています。
  前面ガラスはデフロスタ有。
  FRP製の屋根上機器カバーを再現しています。
  選択式ナンバープレート:“30” “32” “33” “34”。
  メーカーズプレート:“汽車会社+東洋電機”。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを採用。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用ナックルカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF62 後期形 下関運転所

 <編成例>
  ・荷物列車の例
   (<10-1590>郵便・荷物列車「東海道・山陽」後期編成 ほか単品製品を使用)
   EF62 後期形 下関運転所 + マニ44✕3 + マニ50 + スユ15 +
               オユ14 + マニ44 + マニ50

   EF62 後期形 下関運転所 + マニ44 + マニ50✕2 + マニ44 + スユ15 +
               スユ16(※オユ14で代用) + マニ44 + マニ50

   EF62 後期形 下関運転所 + マニ44✕2 + スユ15 + オユ14 +
               ワキ8000✕2 + マニ44 + マニ50

  ・臨時列車の例
   (12系急行形客車 国鉄仕様 ほか12系単品製品を使用)
   EF62 後期形 下関運転所 + 12系 国鉄仕様(6両〜12両)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<10-1590>郵便・荷物列車「東海道・山陽」後期編成 6両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  国鉄時代には東海道・山陽本線や東北本線等を中心に、
  急行荷物列車が運行されていました。
  1968年頃からは新製パレット車によるパレット輸送も始まりました。
  マニ44形はマニ36形・マニ60形等の置換用として1978年に登場しました。
  車体長を19.5mに大型化したパレット輸送用客車(荷物車)として、
  1983年までに161両が製造されました。
  マニ50形はマニ60形・マニ36形等の置換用として1977年に登場しました。
  オハ50形やオハフ50形よりも屋根高さが30ミリ低いのが特徴で、
  1982年までに236両が製造されました。
  オユ14形はオユ11形の後継として1972年に登場し、
  区分室付郵便車として9両が製造されました。
  スユ15形はスユ13形後継として1973年に登場し、
  護送便専用郵便車として39両が製造されました。

 <製品特徴>
  国鉄末期の郵便・荷物列車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  マニ44とオユ14-200は初の製品化です。
  各車両とも台車マウントタイプのアーノルドカプラーを採用しています。
  各車両とも表記類を印刷済。
  マニ44-2067とマニ50-2217は形式・自重・検査表記も印刷済。
  マニ44-2067は、車掌室側のみテールライトが点灯(消灯スイッチ付)。
  マニ44-2067はDCCフレンドリー。
  オユ14-200は、東門特例車と呼ばれる区分棚が少ない外観を再現し、
  曇りガラス窓も再現しています。
  オユ14-200の車掌室側はテールライト基板組込可能(DCCフレンドリー)。
  マニ50-2217は、車掌室側のみテールライト点灯(消灯スイッチ付)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  マニ44-2067 マニ44-2093 スユ15-2001
  オユ14-204 マニ50-2196 マニ50-2217

 <編成例>
  ●東海道・山陽本線急行荷物列車の例
   EF62 + マニ44✕2 + マニ44 + マニ50 + スユ15 + オユ14 + マニ44 + マニ50

  ・昭和55年(1980) 急行荷物37列車 (大阪〜岡山間の編成)
   EF58 + マニ44 + マニ50 + マニ44 + スユ44 + スユ15 +
       オユ14 + ワキ8000✕2 + マニ50 + マニ44✕2

  ・昭和59年(1984) 急行荷物31列車 (横浜羽沢〜梅田間の編成)
   EF62 + マニ44 + マニ44 + マニ50 + マニ44 + スユ15 +
       スユ16(※オユ14で代用) + マニ44 + マニ50

  ・昭和59年(1984) 急行荷物37列車
   EF62 + マニ44 + マニ44 + スユ15 + オユ14 +
       ワキ8000✕2 + マニ50 + マニ50 + マニ44

  ●地方線区普通列車の例
  ・函館本線
   DD51 + マニ50 + マニ50 + スユ15 + マニ50 +
       マニ44 + スハフ44 + スハ43 + スハフ44

   赤文字:<10-1590>郵便・荷物列車「東海道・山陽」後期編成 6両セット
   桃文字:<5146>マニ44
   橙文字:<5140>マニ50
   緑文字:<8024>ワキ8000
   黒文字:単品

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<5146>マニ44
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  マニ36形・マニ60形等の置換用として、1978年に登場したマニ44形。
  車体長を19.5mに大型化したパレット輸送用客車(荷物車)として、
  1983年までに161両が製造されました。

 <製品特徴>
  国鉄マニ44形荷物車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  車体全体が青15号で塗装され、荷物室前後に車掌室と出入台がある姿を再現。
  車掌室側のみテールライトが点灯し、
  消灯スイッチ付となっています。
  DCCフレンドリー。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  マニ44-2109

 <編成例>
  ●東海道・山陽本線急行荷物列車の例
   EF62 + マニ44✕2 + マニ44 + マニ50 + スユ15 + オユ14 + マニ44 + マニ50

  ・昭和55年(1980) 急行荷物37列車 (大阪〜岡山間の編成)
   EF58 + マニ44 + マニ50 + マニ44 + スユ44 + スユ15 +
       オユ14 + ワキ8000✕2 + マニ50 + マニ44✕2

  ・昭和59年(1984) 急行荷物31列車 (横浜羽沢〜梅田間の編成)
   EF62 + マニ44 + マニ44 + マニ50 + マニ44 + スユ15 +
       スユ16(※オユ14で代用) + マニ44 + マニ50

  ・昭和59年(1984) 急行荷物37列車
   EF62 + マニ44 + マニ44 + スユ15 + オユ14 +
       ワキ8000✕2 + マニ50 + マニ50 + マニ44

  ●地方線区普通列車の例
  ・奥羽本線
   EF71 + EF71 + オハフ33 + オハ47✕2 + オハフ33 + マニ36 + マニ44

   赤文字:<10-1590>郵便・荷物列車「東海道・山陽」後期編成 6両セット
   桃文字:<5146>マニ44
   橙文字:<5140>マニ50
   緑文字:<8024>ワキ8000
   黒文字:単品

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<5139>スニ41 2000
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  パレット輸送用の客車(荷物車)として、1968年に登場した国鉄スニ40形。
  スニ41形はスニ40形に一般小荷物室・車掌室・緩急設備を付けた車両で、
  1969年に13両が製造されました。
  スニ41-1~9は蒸気暖房のみの設置でしたが、
  1978年までに電気暖房併設工事が実施され、
  車番もスニ41-2001~2009 に変更されました。

 <製品特徴>
  国鉄スニ41形荷物車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  スニ41形2000番台の電気暖房装備車を再現しています。
  車体色は青/銀。
  アーノルドカプラーを標準装備しています。
  テールライト(片側のみ)を標準装備しており、
  消灯スイッチ付となっています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  スニ41-2013

 <編成例>
  ・八甲田 (昭和54年4月~昭和60年2月)
   ←上野  青森→
   EF58(上野〜黒磯) (〜昭和59年) or
   EF58/EF65-1000 前期形 (上野〜黒磯) (昭和59年〜) or
   ED75-1000 (黒磯〜青森) +
   スニ41 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 +
   オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + スハフ12

   赤文字<10-1550>12系急行形客車 国鉄仕様 6両セット
   桃文字<5302>オハ12 国鉄仕様
   橙文字<5304>スハフ12 100前期形 国鉄仕様
   青文字:<5139>スニ41 2000

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<5140>マニ50
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  マニ60形・マニ36形など旧形客車グループの荷物車の置換用として、
  1977年に登場したマニ50形は全鋼製の荷物車です。
  オハ50形やオハフ50形よりも屋根高さが30ミリ低いのが特徴で、
  1982年までに236両が製造されました。

 <製品特徴>
  国鉄マニ50形荷物車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  表記類は1978年頃で、妻面の検査表記はテールライト点灯側のみ。
  車番は新規で“マニ50 2191”、所属表記は“北スミ”。
  台車は汎用性の高い、台車マウントのアーノルドカプラーを装備。
  テールライトが点灯します(片エンドのみ・消灯スイッチ付)。
  消灯スイッチ用ドライバーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  マニ50-2191

 <編成例>
  ●東海道・山陽本線急行荷物列車の例
  ・昭和59年(1984) 急行荷物31列車 (横浜羽沢〜梅田間の編成)
   EF62 + マニ44 + マニ44 + マニ50 + マニ44 + スユ15 +
       スユ16(※オユ14で代用) + マニ44 + マニ50  

  ●地方線区普通列車の例
  ・函館本線
   DD51 + マニ50 + マニ50 + スユ15 + マニ50 +
       マニ44 + スハフ44 + スハ43 + スハフ44

   赤文字:<10-1590>郵便・荷物列車「東海道・山陽」後期編成 6両セット
   桃文字:<5146>マニ44
   橙文字:<5140>マニ50
   黒文字:単品

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<8024>ワキ8000
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  荷貨物兼用車として、1970年に登場した国鉄ワキ8000形。
  45両が新製されたほか、
  59両がワキ10000形から改造されました。
  1986年の荷物輸送の廃止により、翌年に全廃されました。

 <製品特徴>
  国鉄ワキ8000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  黒色車輪を採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ワキ8955

 <編成例>
  ●東海道・山陽本線急行荷物列車の例
  ・昭和55年(1980) 急行荷物37列車 (大阪〜岡山間の編成)
   EF58 + マニ44 + マニ50 + マニ44 + スユ44 + スユ15 +
       オユ14 + ワキ8000✕2 + マニ50 + マニ44✕2

  ・昭和59年(1984) 急行荷物37列車
   EF62 + マニ44 + マニ44 + スユ15 + オユ14 +
       ワキ8000✕2 + マニ50 + マニ50 + マニ44

   赤文字:<10-1590>郵便・荷物列車「東海道・山陽」後期編成 6両セット
   桃文字:<5146>マニ44
   緑文字:<8024>ワキ8000
   黒文字:単品

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



 <関連記事>
  【カトー】「2020年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1
  【カトー】「2020年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3
  【カトー】「2020年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その4

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 自宅のインクジェットプリンターで簡単にオリジナルのデカールが製作出来る自作用デカール用紙