忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その2

【カトー】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その2

カトー(KATO)から鉄道模型製品発売の発表がありました。


<10-1465>323系大阪環状線 基本セット(4両)
<10-1466>323系大阪環状線 増結セット(4両)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  103系と201系の置換用として、2016年に登場した大阪環状線用車両が323系です。
  103・201系が片側4扉なのに対し、
  323系は221・223・225系と同じ片側3扉となっています。
  なお、323系の車内はロングシートです。
  車体帯は大阪環状線を表す朱色1号(オレンジバーミリオン)ですが、
  終日女性専用車の4号車はピンク色を採用しています。

 <製品特徴>
  大阪環状線用のJR西日本323系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  吹田総合車両所森ノ宮支所所属のLS07編成を再現しています。
  前面窓の天地幅・側扉手掛け位置・桟のない側面扉・換気ダクト有無・
  配線の引き回し・乗務員室扉上の水切り等、
  225系100番台との差異をしっかり再現しています。
  先頭車前面はダミーカプラーを装備(電連の無い姿)。
  中間部はボディマウント密連形(フック無し)を装備。
  DCCフレンドリー。
  取付済の前面表示と車体の側面表示は「O普通 大阪環状線」を印刷済。
  交換用前面表示は「P普通 ユニバーサルシティ・桜島」です。
  前面助士席窓の編成番号も印刷済です。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は白色LEDで点灯。
  フライホイール付き動力ユニットを採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <10-1465>323系大阪環状線 基本セット(4両)
   クモハ322-7 モハ323-14(M)(P) モハ322-28 クモハ323-7(P)

  <10-1466>323系大阪環状線 増結セット(4両) 
   モハ322-27 モハ323-513(P) モハ322-26 モハ322-25
  
 <編成例>
  ←大阪・桜島(内回り)  大阪(外回り)→
  (1)クモハ322-7 + (2)モハ323-14(M)(P) + (3)モハ322-28 + (4)モハ322-27 +
  (5)モハ323-513(P) + (6)モハ322-26 + (7)モハ322-25 + (8)クモハ323-7(P)

  赤文字:<10-1465>323系大阪環状線 基本セット(4両)
  桃文字:<10-1466>323系大阪環状線 増結セット(4両)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<10-1475>883系「ソニック」リニューアル車(3次車)7両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  日豊本線系統の特急の速達化を目的に1995年に登場したJR九州883系。
  営業用交流電車としては日本初の振り子式車両で、
  日豊本線の高速化に寄与しました。
  愛称も“音速”を意味する「ソニック」と名付けられました。
  車両は水戸岡鋭治さんがデザインし、
  1995年にはグッドデザイン商品に選定され、
  1996年にブルーリボン賞とブルネル賞長距離部門を受賞しました。
  AO4~5編成は3次車に分類され、7両編成となっています。
  2005~07年にリニューアル工事が実施され、
  車体色がメタリックブルーに変更されました。

 <製品特徴>
  JR九州883系「ソニック」を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  大分車両センター所属の883系3次車Ao4編成リニューアル車を再現しています。
  高圧機器が密集した屋根上形状やシングルアーム等、
  Ao4編成の特徴をしっかり再現しています。
  (クロハ882扉付近の小窓・屋根上の追設機器類・乗務員室扉下の銀色手掛け・
  先頭車の扇風機カバー付屋根・6号車の無線アンテナ等)
  ヘッドライト(電球色LED)・テールライトが点灯します。
  KATO独自の振り子機構を搭載。
  中間車連結部にはジャンパ管付KATOカプラー密連形を標準装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クロハ882-4 サハ883-204(P) モハ883-204(M)
  サハ883-104(P) モハ883-104 サハ883-4(P) クモハ883-4

 <編成例>
  ←大分  ※小倉〜博多間逆編成  博多→
  (1)クロハ882-4 + (2)サハ883-204(P) + (3)モハ883-204(M) +
  (4)サハ883-104(P) + (5)モハ883-104 + (6)サハ883-4(P) + (7)クモハ883-4

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<3062-1>EF15 標準形
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  貨物用直流電気機関車として1947年に登場したEF15形。
  1958年までに202両が製造されました。
  東北線黒磯から山陽本線下関までの直流区間で活躍しましたが、
  1986年の紀勢本線西部の貨物列車廃止により営業運転を終了しました。

 <製品特徴>
  EF15形電気機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  EF15標準形(46~129号機)のうち、
  1978年頃の高崎第二機関区時代の東芝製車両を再現しています。
  EF15の特徴もしっかり表現しています。
  (側面窓7枚・モニタールーフ・PS14パンタグラフ・プレート式ナンバー
  担いバネ・吊リンク類・HT61台車等)
  ホイッスルカバー・スノープロウ等の寒冷地仕様を標準装備。
  スノープロウを外して付属のホイッスルと交換すれば、
  暖地向け仕様も再現可能です。
  運転台は操作盤やイスを表現し、室内シースルー化しています。
  ナンバープレートは選択式(79、96、97、111号機)です。
  フライホイール搭載動力ユニットを採用。
  ヘッドライトが点灯します。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  KATOナックルカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF15

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<3066-4>EF81 JR東日本色(双頭連結器付)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  EF81形は標準形式の交直流機関車として1968年に登場。
  直流・交流(60Hz)・交流(50Hz)いずれの電気方式でも運用可能です。
  JR東日本の青森・長岡両車両センター所属のEF81は、
  前面窓上のヒサシと赤2号の塗装が特徴です。
  双頭式連結器に交換されたタイプは電車も牽引できる為、
  新製車両や廃車両の配給列車として、
  また寝台特急「あけぼの」の牽引車としても活躍しています。

 <製品特徴>
  EF81形電気機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  青森・長岡車両センター所属で、
  従来のJR東日本色とは違う車体を新製しています。
  前面窓部のヒサシ・ボックス形動輪輪芯・双頭連結器周辺機器等も
  しっかり再現しています。  
  1エンド側にはアーノルドカプラーを標準装備。
  2エンド側には双頭式ナックルカプラーを標準装備。
  交換用にそれぞれのカプラーが付属しています。
  スカート部のジャンパ栓を付属しています。
  前面手すりは取り付け済です。
  クイックヘッドマーク「あけぼの」「北陸」を付属しています。
  ナンバープレートは選択式(134・139・140・141)で、
  ユーザー付けパーツとして付属しています。
  ヘッドライトが点灯します。
  フライホイール搭載動力ユニットを採用しています。
  黒染め車輪を採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81

 <編成例>
  ・カシオペア紀行
   EF81 + E26系「カシオペアクルーズ」編成

  ・配給列車の例
   EF81 + 12系客車

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



 <関連記事>
  【カトー】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その1
  【カトー】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報