忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 グリーンマックス > 【グリーンマックス】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

【グリーンマックス】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

グリーンマックス(GREENMAX)から鉄道模型新製品の発表がありました。


<30716>東急6000系(6102編成)7両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  東急6000系(2代目)は大井町線急行専用車として2008年に登場。
  ロングシートのステンレス車で、
  当初は6両編成で運用されていました。
  2017/11/4からは一部の編成で7両編成での運行が始まりました。

 <製品特徴>
  東急6000系(2代目)を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  7両編成となった6102Fの姿を再現しています。
  車番・社紋・前面ロゴ・前面編成番号(02)・車端部黄色テープは印刷済。
  前面方向幕(種別・行先、フルカラーLED仕様)・運行番号(LED仕様)・
  優先席・弱冷房車・車椅子マーク・ベビーカーマーク・号車表示は
  選択式ステッカーを付属しています。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスは取付済。
  避雷器・床下梯子は別パーツで、ユーザー取付となっています。
  床下機器の一部は金型流用の為、近似形状です。
  ヘッドライトは白色で、テールライトは赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ6102 デハ6202(P) デハ6302(M)(P) サハ6402
  デハ6502 デハ6602(P) クハ6702

 <編成例>
  ←大井町   溝の口・長津田→
  クハ6102 + デハ6202(P) + デハ6302(M)(P) + サハ6402 +
  デハ6502 + デハ6602(P) + クハ6702

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<30713>東急8590系(田園都市線・スカート付き・8694編成)基本6両編成セット(動力付き)
<30714>東急8590系(田園都市線・スカート付き・8694編成)増結用中間車4両セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  日本初の量産ステンレス軽量車8090系をベースに、
  1988年に製造された東急8590系。
  当時からみなとみらい線乗り入れを想定していた為、
  前面は貫通型となっています。
  東横線や大井町線のほか、
  一部編成は田園都市線でも活躍しています。
  2014年にはスカートが設置され、
  連結面車端部には転落注意用の黄色テープが貼付されました。

 <製品特徴>
  東急8590系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  スカート・黄色テープありの姿を再現しています。
  車番・社紋・車端部黄色テープ・前面方向幕(種別:準急・行先:押上)・
  運行番号(38K)・前面Ⓚマークは印刷済です。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスは別パーツで、
  ユーザー取付となっています。
  避雷器は一体彫刻で表現しています。
  <30714>増結セットのサハ8397誘導無線アンテナは表現を省略。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  M車はフライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  <30713>と<30714>で10両編成を再現できます。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30713>基本6両編成セット
   デハ8694 デハ8185(P) デハ8295
   デハ8195(M)(P) デハ8285 デハ8594

  <30714>増結用中間車4両セット
   サハ8397 デハ8283 デハ8183(P) サハ8398   

 <編成例>
  ←渋谷  中央林間→
  <30713>
   (1)デハ8694 + (2)デハ8185(P) + (4)デハ8295 +
   (5)デハ8195(M)(P) + (9)デハ8285 + (10)デハ8594

  <30714>
   (3)サハ8397 + (6)デハ8283 + (7)デハ8183(P) + (8)サハ8398

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<30715>東急9000系(2次車・大井町線・9004編成)5両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  東急初のVVVF制御車として1986年に登場した9000系。
  20m級4扉の軽量ステンレス車で、
  営団南北線や都営三田線への乗り入れを想定していた為、
  非常時前面貫通路が設置されています。
  当初は東横線に8両編成✕14本、
  大井町線に5両編成✕1本が投入されましたが、
  東横線では2013年に運行終了となりました。
  東横線の9000系は5両編成化された上で大井町線に転属となり、
  大井町線カラーへの変更等が実施されました。

 <製品特徴>
  東急9000系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  白色ヘッドライト化・車端部黄色テープ貼付・クーラー換装後の
  9004Fを再現しています。
  スカートは<30624>東急1000系(1500番代)仕様の新規部品を採用。
  車番・社紋・大井町線ロゴ・運行番号(105・3色LED仕様)・
  前面方向幕(種別:各停(青)・行先:大井町・フルカラーLED仕様)・
  車端部黄色テープは印刷済です。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックス・避雷器は取付済。
  床下機器の一部は金型流用の為、近似形状となっています。  
  ヘッドライトは白色で、テールライトは赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ9004 デハ9204(P) デハ9404(M)(P) デハ9604(P) クハ9104

 <編成例>
  ←大井町   溝の口→
  クハ9004 + デハ9204(P) + デハ9404(M)(P) + デハ9604(P) + クハ9104

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<30709>近鉄12600系(旧塗装)基本4両編成セット(動力付き)
<30710>近鉄12600系(旧塗装)増結4両編成セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  12410系の改良型として1982年に登場した近鉄12600系。
  18000系の廃車代替を目的に、4両編成で製造され、
  12000系から続く特急デザインの最後の車両となりました。
  12410系からトイレの位置や窓の配置等が変更されました。
  12601FはMc車・M車ともにパンタグラフが各2基ずつで登場しましたが、
  12602FはMc車・M車ともにパンタグラフが各1基ずつとなり、
  トイレ・洗面所窓も省略されました。
  その後、12601Fもパンタグラフが各1基ずつとなり、
  トイレ・洗面所窓も埋められました。

 <製品特徴>
  近鉄12600系を鉄道模型Nゲージで製品化。
  2017年8月頃の旧塗装の姿を再現しています。
  車体は新規で製作し、
  12601Fと12602Fの異なる屋上配管を作り分けしています。
  車番・前面方向幕(名古屋)・側面方向幕(白地)・
  座席表示・号車表示(黒地)は印刷済。
  列車無線アンテナ・ヒューズボックスはユーザー取付となっています。
  <30709>と<30710>で形状が異なる臭気抜きは取付済です。
  床下機器は金型流用の為、近似形状で表現しています。
  台車は近鉄タイプです。
  ヘッドライトは白色、テールライトは赤色、標識通過灯は白色で点灯。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30709>近鉄12600系(旧塗装)基本4両編成セット(動力付き)
   12601(P) 12751 12651(M)(P) 12701

  <30710>近鉄12600系(旧塗装)増結4両編成セット(動力無し)
   12602(P) 12752 12652(P) 12702

 <編成例>
  ←大阪難波・鳥羽  近鉄名古屋→
  <30709>近鉄12600系(旧塗装)基本4両編成セット(動力付き)
   12601(P) + 12751 + 12651(M)(P) + 12701

  <30710>近鉄12600系(旧塗装)増結4両編成セット(動力無し)
   12602(P) + 12752 + 12652(P) + 12702

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<30719>名鉄1700系(新塗装・1703編成)6両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  名鉄1700系は1600系「特別車」3両編成を基に2008年に登場しました。
  1600系3両編成の内、ク1600形は廃車とし、
  残りのモ1700形+サ1650形を1700系「特別車」に改造しています。
  車内は一部の座席が荷物置き場に変更されました。
  1700系は新造の「一般車」2300系4両と組み、
  2+4=6両編成で活躍しています。
  2015年8月からは、
  かつての1600系に合わせた塗装に順次変更されています。

 <製品特徴>
  名鉄1700系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  新塗装となった1703Fを再現しています。
  車番・名鉄Mロゴ・Series1700ロゴ・
  前面方向幕(種別:快特、行先:豊橋、フルカラーLED仕様)・号車表示・
  特別車表示(大・小)・一般車表示・クーラー対空表示は印刷済です。
  列車無線アンテナ・特別車の信号炎管・ヒューズボックス・
  避雷器・ベンチレータ・車外スピーカーは取付済です。
  一般車の信号炎管・臭気抜きは一体彫刻表現となっています。
  床下機器の一部は金型流用の為に近似形状となっています。
  ヘッドライトは特別車が電球色で、一般車が白色で点灯。
  テールライトは赤色で、標識種別通過灯(特別車)は電球色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  1703(P) 1653(M) 2433 2483(P) 2383  2333(P)

 <編成例>
  ←豊橋・中部国際空港  新鵜沼・名鉄岐阜→
  1703(P) + 1653(M) + 2433 + 2483(P) + 2383 + 2333(P)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



 <関連記事>
  【グリーンマックス】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1
  【グリーンマックス】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD