忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 カトー > 【カトー】「2018年6月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

【カトー】「2018年6月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

カトー(KATO)から鉄道模型製品発売の発表がありました。


<10-1486>119系 飯田線 2両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  飯田線の旧形国電の置換用として1982年に登場した119系。
  車体は105系をベースにしており、
  普通鋼製の20m級両開き3扉車となっています。
  車内はセミクロスシートで、
  1991年までに冷房化されました。

 <製品特徴>
  飯田線119系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1983~85年頃の豊橋機関区所属車を再現しています。
  前面助士席側の運番表示器を再現。
  乗務員扉・客引戸の靴ズリは銀色で表現しています。
  屋根上のベンチレータは別パーツで再現。
  クハ118は前面ホロは取付済です。
  形式表記や保安装置表記・シルバーシート表記等は印刷済。
  行先表示シールを付属しています。
  前面表示は無地のものを取付済。
  交換用部品として以下の表示を付属しています。
  ・前面表示:「豊橋」「豊橋⇔豊川」「本長篠」「中部天竜」「天竜峡」
   「飯田」「伊那松島」「駒ヶ根」「辰野」「岡谷」「上諏訪」
  ・側面行先表示:「豊橋」「豊橋⇔豊川」「本長篠」「中部天竜」「天竜峡」
   「飯田」「伊那松島」「駒ヶ根」「辰野」「岡谷」「上諏訪」
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は電球色LEDで点灯し、
  消灯スイッチ付となっています。
  カプラーはボディマウント密連形(フックなし)です。
  フライホイール付動力ユニットを採用。
  トラクションタイヤ無しとなっています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ←辰野  豊橋→
  クハ118-21 クモハ119-29(M)(P)

 <編成例>
  ←辰野  豊橋→
  クハ118-21 + クモハ119-29(M)(P) + クモユニ147(P)

  クハ118-21 + クモハ119-29(M)(P) + クハ118 + クモハ119(M)(P)

  クハ118-21 + クモハ119-29(M)(P) + クハ118-24 +
  クモハ119-33(M)(P) + クモハ119-32(P)

  クハ118-21 + クモハ119-29(M)(P) + クハ118-24 +
  クモハ119-33(M)(P) + クモハ119-32(P) + クモユニ147(P)

  赤文字:<10-1486>119系 飯田線 2両セット
  桃文字:<10-1487>119系 飯田線 3両セット
  橙文字:<4870-1>クモユニ147 飯田線

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1487>119系 飯田線 3両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  飯田線の旧形国電の置換用として1982年に登場した119系。
  車体は105系をベースにしており、
  普通鋼製の20m級両開き3扉車となっています。
  車内はセミクロスシートで、
  1991年までに冷房化されました。

 <製品特徴>
  飯田線119系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1983~85年頃の豊橋機関区所属車を再現しています。
  前面助士席側の運番表示器を再現。
  乗務員扉・客引戸の靴ズリは銀色で表現しています。
  屋根上のベンチレータは別パーツで再現。
  クハ118は前面ホロは取付済です。
  形式表記や保安装置表記・シルバーシート表記等は印刷済。
  行先表示シールを付属しています。
  前面表示は無地のものを取付済。
  交換用部品として以下の表示を付属しています。
  ・前面表示:「豊橋」「豊橋⇔豊川」「本長篠」「中部天竜」「天竜峡」
   「飯田」「伊那松島」「駒ヶ根」「辰野」「岡谷」「上諏訪」
  ・側面行先表示:「豊橋」「豊橋⇔豊川」「本長篠」「中部天竜」「天竜峡」
   「飯田」「伊那松島」「駒ヶ根」「辰野」「岡谷」「上諏訪」
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は電球色LEDで点灯し、
  消灯スイッチ付となっています。
  カプラーはボディマウント密連形(フックなし)です。
  フライホイール付動力ユニットを採用。
  トラクションタイヤ無しとなっています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ←辰野  豊橋→
  クハ118-24 クモハ119-33(M)(P) クモハ119-32(P)

 <編成例>
  ←辰野  豊橋→
  クハ118-24 + クモハ119-33(M)(P) + クモハ119-32(P) + クモユニ147(P)

  クハ118-21 + クモハ119-29(M)(P) + クハ118-24 +
  クモハ119-33(M)(P) + クモハ119-32(P)

  クハ118-21 + クモハ119-29(M)(P) + クハ118-24 +
  クモハ119-33(M)(P) + クモハ119-32(P) + クモユニ147(P)

  赤文字:<10-1486>119系 飯田線 2両セット
  桃文字:<10-1487>119系 飯田線 3両セット
  橙文字:<4870-1>クモユニ147 飯田線

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<4870-1>クモユニ147 飯田線
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  飯田線用の郵便・荷物合造車として、
  1983年に登場したクモユニ147形。
  101系電車から5両が改造されました。
  耐雪装備(前面スカート・タイフォンカバー)が省略されているのが特徴です。
  119系との併結運転が多かったので、
  車体は119系に合わせた塗装になっています。

 <製品特徴>
  郵便・荷物合造車クモユニ147形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  1983~85年頃の豊橋機関区所属車を再現しています。
  乗務員扉が並ぶ郵便(荷物)車特有の側面窓配置や
  奥まった荷物室扉等をしっかり再現。
  雨トイは実車と同じ119系の雨トイと同じ高さとなっています。
  乗務員扉・荷物室扉の靴ズリは銀色で、
  各所のHゴムはグレーで表現しています。
  パンタグラフはPS23を装備。
  保安装置表記や前面表示「普通(紺地に白文字)」は印刷済。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は電球色LEDで点灯し、
  消灯スイッチ付となっています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモユニ147-2(P)

 <編成例>
  ←辰野  豊橋→
  クハ118-21 + クモハ119-29(M)(P) + クモユニ147(P)

  クハ118-24 + クモハ119-33(M)(P) + クモハ119-32(P) + クモユニ147(P)

  クハ118-21 + クモハ119-29(M)(P) + クハ118-24 +
  クモハ119-33(M)(P) + クモハ119-32(P) + クモユニ147(P)

  赤文字:<10-1486>119系 飯田線 2両セット
  桃文字:<10-1487>119系 飯田線 3両セット
  橙文字:<4870-1>クモユニ147 飯田線

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1456>東急電鉄 東横線 5000系<青ガエル>ラッピング編成 8両セット【特別企画品】
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  8000系・8500系等の置換用として、
  2002年に登場した東急5000系(2代目)。
  主に5000系は田園都市線用で、副都心線乗り入れに対応しています。
  5080系は目黒線、5050系は東横線で運用されています。
  4扉構造の20m級軽量ステンレス車体で、
  JR東日本E231系等との車体部材共通化により、
  製造コストを削減しました。
  東横線開通90周年記念として登場した青ガエルラッピング編成は、
  旧5000系の塗色を再現しており、
  2017年9月から運行開始しました。

 <製品特徴>
  東急5000系を鉄道模型Nゲージで製品化。
  東横線開通90周年記念「青ガエル」ラッピングの5122Fを再現しています。
  副都心線対応の先頭車床下機器や側面リブ表現・各種表記類・
  前面の形式表記や急行札・90周年ロゴ・ヘッドマーク等をしっかり再現。
  行先表示は前面・側面とも無地で設定しています。
  側面行先表示は黒無地で、
  走行中に非表示になる側面の行先表示の再現も可能です。
  行先表示シールや交換用行先前面表示(無地)を付属しています。
  ・前面:「06K 急行 元町・中華街」「08K 各停 元町・中華街」「34K 各停 菊名」
   「23K 各停 渋谷」「03K 各停 新宿三丁目」「22K 各停 和光市」
   「02K 普通 志木」「17K 各停 石神井公園」「12K 各停 保谷」「12K 快急 飯能」
  ・側面行先表示シール:「急行 元町・中華街」「各停 元町・中華街」「各停 菊名」
   「各停 渋谷」「各停 新宿三丁目」「各停 和光市」「普通 志木」
   「各停 石神井公園」「各停 保谷」「快急 飯能」
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は白色LEDで点灯します。
  カプラーは中間車連結部はKATOカプラー密連形(フック付)を装備。
  先頭部はダミーカプラーを採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  5122 5222 5322(M)(P) 5422
  5522 5622 5722(P) 5822

 <編成例>
  ←小手指・和光市・渋谷  元町・中華街→
  (1)5122 + (2)5222 + (3)5322(M)(P) + (4)5422 +
  (5)5522 + (6)5622 + (7)5722(P) + (8)5822

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1437>あいの風とやま鉄道521系 2両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  2006/10/21の北陸本線長浜~敦賀間・湖西線永原~近江塩津間の
  直流化に合わせて登場した521系。
  JR西日本初の新製交直流近郊形電車で、
  223系5500番台や321系を基に設計されたステンレス車となっています。
  521系2次車は金沢地区を走る419系・475系・457系の置換用として2009年に登場。
  1次車から吊り手や手すり・ロングシート袖の仕切り等が改良されました。
  北陸新幹線開通により、
  北陸本線倶利伽羅~市振間があいの風とやま鉄道となった際、
  JR西日本より521系2次車が16編成譲渡されました。
  譲渡時には風をモチーフとした2色のラインが加えられました。

 <製品特徴>
  あいの風とやま鉄道521系を鉄道模型Nゲージで製品化。
  AK11編成の現在の姿を再現しています。
  特徴的なホイッスルカバーや車体のカラーリングもしっかり再現。
  先頭車間転落防止幌は2種(先頭用・中間連結用)を選択でき、
  中間連結用は先頭車同士連結時の干渉を避ける為に使用します。
  前面と側面の行先表示は「普通 泊」を印刷済。
  「普通 金沢」「ライナー 泊」の前面表示を交換用として付属しています。
  先頭部はカプラーカバー+電連のダミーカプラーを装備。
  先頭車同士の連結時は付属の先頭連結用カプラーに交換して下さい。
  中間連結部はボディマウント密連形カプラーを装備しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は白色LEDで点灯し、
  消灯スイッチ付となっています。
  フライホイール付き動力ユニットを搭載。  
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  うめきた鉄道模型フェスタ2018にて撮影 試作品

 <製品内容>
  クハ520-18(P) クモハ521-18(M)

 <編成例>
  ←金沢・富山  泊・糸魚川→
  (1)クハ520-18(P) + (2)クモハ521-18(M)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-1395>521系(2次車) 2両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  2006/10/21の北陸本線長浜~敦賀間・湖西線永原~近江塩津間の直流化に合わせて
  登場したJR西日本521系。
  JR西日本初の新製交直流近郊形電車で、
  223系5500番台や321系を基に設計されたステンレス車となっています。
  521系2次車は金沢地区を走る419系・475系・457系の置換用として2009年に登場。
  1次車から吊り手や手すり・ロングシート袖の仕切り等が改良されました。
  2両編成のほか2+2編成でも運行されています。

 <製品特徴>
  521系2次車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  金沢総合車両所所属G21編成の現在の姿を再現しています。
  先頭車間転落防止幌は2種(先頭用・中間連結用)を選択でき、
  中間連結用は先頭車同士連結時の干渉を避ける為に使用します。
  運転台コンソールのJRマーク・編成番号札や、
  スカート・前面ガラス部の編成番号等は印刷済です。
  行先表示は「普通 金沢」を印刷済。
  「普通 福井」「普通 敦賀」の前面表示が交換用として付属しています。
  先頭部はカプラーカバー+電連のダミーカプラーを装備。
  先頭車同士の連結時は付属の先頭連結用カプラーに交換して下さい。
  中間連結部はボディマウント密連形カプラーを装備しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示は点灯し、
  消灯スイッチ付となっています。
  ヘッドライトはシールドビームとフォグランプの色の違いを再現。
  フライホイール付き動力ユニットを搭載。
  トラクションタイヤを装着済です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ←金沢  福井・敦賀→
  (2)クモハ521-26(M) + (1)クハ520-26(P)

 <編成例>
  ←金沢  福井・敦賀→
  クモハ521(M) + クハ520(P) + クモハ521(M) + クハ520(P)

  クモハ521(M) + クハ520(P) + クモハ521(M) +
  クハ520(P) + クモハ521(M) + クハ520(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<10-494>205系3000番台八高線色 4両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  103系に代わる新形式車として1985年に登場した205系。
  205系3000番台は山手線所属車を八高・川越線用に改造した車両で、
  2003年に登場しました。
  4両編成化するにあたり、
  サハ205形中間付随車を先頭車化しています。
  南武支線用205系1000番台や仙石線用205系3100番台と同様に、
  これまでの205系先頭車とは若干の違いがあります。

 <製品特徴>
  205系3000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  モハ205-3001のパンタグラフはPS33Cシングルアームを搭載。
  行先表示シール ・列車無線アンテナを付属しています。
  信号炎管はユーザー付部品となっています。
  ヘッドライト・テールライトが点灯します。
  中間車連結部にはKATOカプラー密連形PAT.を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ204-3001 モハ204-3001(M) モハ205-3001(P) クハ205-3001

 <編成例>
  クハ204-3001 + モハ204-3001(M) + モハ205-3001(P) + クハ205-3001

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カトー】「2018年6月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2
  【カトー】「2018年6月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD