忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 トミックス > 【トミックス】「2019年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1.

【トミックス】「2019年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1.

トミックス(TOMIX)さん、2019年4月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<7108>JR EF64-1000形電気機関車(JR貨物更新車・新塗装)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  山岳線向け用として1964年に開発されたEF64形。
  EF64形1000番台は、
  上越線や高崎線を走るEF58形・EF15形・EF16形の置換用として、
  1980年に登場しました。
  耐雪装備を強化しており、
  側面左右非対称の車体が特徴的となっています。
  2003年からは更新工事が実施され、
  青ベースに白の斜めストライプが入り、
  表記がなくなった塗装に変更されました。

 <製品特徴>
  EF64形1000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  JRF表記がなくなり、電暖表示灯撤去後の姿を再現しています。
  運転台はシースルー表現となっています。
  作業灯や前面手すり・解放テコを別パーツ化しています。
  ジャンパ栓は別部品で付属しています。
  一体輪心付車輪を採用。
  ON-OFF付常点灯ライト基板を装着しています。
  フライホイール付動力を採用。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF64-1000(JR貨物更新)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<2241>JR DF200-50形ディーゼル機関車(新塗装)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  DD51形の重連運転解消と老朽車置換用として、1994年に登場したDF200。
  “ECO-POWER RED BEAR”という愛称が付けられた電気式ディーゼル機関車で、
  車体側面にはロゴが描かれています。
  DF200形50番台は1999年12月~2004年1月に13両が製造されました。
  新塗装では側面にあったJRF表記がなくなりました。

 <製品特徴>
  JR貨物DF200形50番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  JRF表記がなくなった姿を再現しています。
  “RED BEAR”ロゴマーク・エンド標記・検査標記は印刷済。
  Hゴムは黒色で表現しています。
  付属ナンバープレートは“55・57・58・59”。
  前面手すりは別パーツとなっています。
  解放テコは灰色で表現し、別パーツで取付済です。
  常点灯基板を搭載。
  フライホイール付動力を搭載しています。
  灰色台車枠や銀色車輪を採用しています。
  TNカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  DF200

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<2242>JR DF200-200形ディーゼル機関車
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  DD51形の重連運転解消と老朽車置換用として、1994年に登場したDF200。
  “ECO-POWER RED BEAR”という愛称が付けられた電気式ディーゼル機関車で、
  車体側面にはロゴが描かれています。
  DF200形200番台は2016年に登場しました。
  2005~11年に製造されたDF200形100番台に
  防音強化等の改造工事を実施した車両で、
  関西本線を中心に活躍しています。

 <製品特徴>
  JR貨物DF200形200番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  100番台から変更された床下機器を新規製作で再現しています。
  スカートは灰色で、Hゴムは黒色で表現しています。
  前面手すり(縦)は別パーツで再現しています。
  解放テコは灰色で、別パーツで取付済。
  “RED BEAR”ロゴマーク・“JRF”マーク・エンド標記・
  検査標記・“JR FREIGHT”マークは印刷済。
  車番は選択式プレート(DF200-216・220・222・223)を付属しています。
  ヘッドライトは常点灯基板を装備。
  フライホイール付動力を搭載しています。
  灰色台車枠や銀色車輪を採用。
  TNカプラーを付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  DF200-200

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<8730>私有貨車 タキ1000形(日本オイルターミナル・C)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  タキ1000形はガソリン専用貨車(タンク車)で、
  タキ43000形の後継機種として1993年に登場しました。
  タキ43000形と同じフレームレス構造ですが、
  荷重はタキ43000形より2t増えた45tとなり、
  FT21台車の採用により、
  最高速度も20km/h向上して95km/hでの走行が可能となりました。
  日本オイルターミナルの帯入り塗装は、
  1994~99年製の120両に採用されました。

 <製品特徴>
  ガソリン専用タンク貨車タキ1000形を、鉄道模型Nゲージにて製品化。
  日本オイルターミナル所有の帯入り塗装車を再現しています。
  車番は印刷済。
  小径車輪を採用しています。
  ミニカーブレールが走行可能です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  タキ1000-413

 <編成例>
  <9175>EF65-500(F形・JR貨物更新車) +
  <8730>or<97905>タキ1000形(オイルターミナルC)✕α +
  <8724>タキ1000形(オイルターミナルA)✕α

  ※<8724>や<8730><97905>などをお好みで連結して下さい。

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<97905>限定品 私有貨車 タキ1000形(日本オイルターミナル・C)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  タキ1000形はガソリン専用貨車(タンク車)で、
  タキ43000形の後継機種として1993年に登場しました。
  タキ43000形と同じフレームレス構造ですが、
  荷重はタキ43000形より2t増えた45tとなり、
  FT21台車の採用により、
  最高速度も20km/h向上して95km/hでの走行が可能となりました。
  日本オイルターミナルの帯入り塗装は、
  1994~99年製の120両に採用されました。

 <製品特徴>
  ガソリン専用タンク貨車タキ1000形を、鉄道模型Nゲージにて製品化。
  日本オイルターミナル所有の帯入り塗装車を再現しています。
  車番(410・411)と常備駅表示(郡山駅常備)は印刷済。
  車番変更用転写シート(403・404・405・406・407・408・412・414・416・417)と
  常備駅表示変更用転写シート(宇都宮貨物ターミナル駅常備)を付属しています。
  反射板とダミーカプラーを付属しています。
  小径車輪を採用しています。
  ミニカーブレールが走行可能です。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  タキ1000-410 タキ1000-411

 <編成例>
  <9175>EF65-500(F形・JR貨物更新車) +
  <8730>or<97905>タキ1000形(オイルターミナルC)✕α +
  <8724>タキ1000形(オイルターミナルA)✕α

  ※<8724>や<8730><97905>などをお好みで連結して下さい。

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<8731>JR貨車 コキ107形(増備型・西濃運輸コンテナ付)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  コキ107形は、コキ50000形の代替を目的にコキ106を改良し、
  2006年から製造が開始されました。
  コキ200と同じユニットブレーキ方式に変更し、
  手ブレーキがデッキ手スリに設置されたのが特徴です。
  2015年以降の増備車は、側面の“JRF”と“突放禁止”表記がなくなりました。
  列車総重量が1200t以下の時は110km/h 、
  1300tの時は100km/hの高速走行が可能で、
  東海道・山陽本線系統、東北本線~北海道系統、
  日本海縦貫線(大阪~新潟~札幌)の高速貨物列車として活躍しています。
  国鉄形EF65・EF81、直流電気機関車EF200・EF210・EH200、
  交直両用電気機関車EF510・EH500等、
  様々な機関車と合わせる事ができます。
  なお、西濃運輸のU54Aコンテナは31フィート級コンテナです。

 <製品特徴>
  コキ107形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  JRFマークのない増備型を再現しています。
  コキ107は車番印刷済で、手すりも取付済です。
  コキ107は小径車輪で銀色車輪を採用しています。
  コンテナはU54A形(西濃運輸)を2個搭載。
  U54Aコンテナは“SEINO”ロゴやコンテナ番号(U54A-38043・38070)を印刷済。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  車両:コキ107-2080
  コンテナ:U54A-38043 U54A-38070

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<97902>限定品 JR コキ107形貨車(増備型・西濃運輸コンテナ付)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  コキ107形は、コキ50000形の代替を目的にコキ106を改良し、
  2006年から製造が開始されました。
  コキ200と同じユニットブレーキ方式に変更し、
  手ブレーキがデッキ手スリに設置されたのが特徴です。
  2015年以降の増備車は、側面の“JRF”と“突放禁止”表記がなくなりました。
  列車総重量が1200t以下の時は110km/h 、
  1300tの時は100km/hの高速走行が可能で、
  東海道・山陽本線系統、東北本線~北海道系統、
  日本海縦貫線(大阪~新潟~札幌)の高速貨物列車として活躍しています。
  国鉄形EF65・EF81、直流電気機関車EF200・EF210・EH200、
  交直両用電気機関車EF510・EH500等、
  様々な機関車と合わせる事ができます。
  なお、西濃運輸のU54Aコンテナは31フィート級コンテナです。

 <製品特徴>
  コキ107形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  JRFマークのない増備型を4両セットで再現しています。
  コキ107は車番印刷済で、手すりも取付済です。
  コキ107は小径車輪で銀色車輪を採用しています。
  コンテナはU54A形(西濃運輸)を1車両につき2個搭載。
  U54Aコンテナは“SEINO”ロゴやコンテナ番号を印刷済。
  コンテナ番号はU54A-38006・38010・38022・
  38030・38033・38057・38095・38115です。
  車番変更用転写シートを付属しています。
  (1016・1192・1336・1467・1582・1615・1702・1867・1936・2019)
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  車両:コキ107-2055 コキ107-2056 コキ107-2057 コキ107-2058
  コンテナ:U54A-38006 U54A-38010 U54A-38022 U54A-38030
       U54A-38033 U54A-38057 U54A-38095 U54A-38115

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【トミックス】「2019年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2
  【トミックス】「2019年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 日本最大級のホビー通信販売店 とにかく安い! キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店(5%分)です