忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 トミックス > 【トミックス】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

【トミックス】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1

トミックス(TOMIX) から鉄道模型新製品の発表がありました。


<98052>国鉄 キハ17形ディーゼルカー(首都圏色)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1953年に登場したキハ10系。
  量産型としては初めて液体式変速機を導入した気動車で、
  その後のディーゼルカーの礎となりました。
  キハ17形は便所付き片運転台車で、1953年に登場しました。
  1957年までに402両が製造されました。
  首都圏色(朱色5号)の車両は1975年に相模線で運行を開始しました。

 <製品特徴>
  キハ17形首都圏色を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  各Hゴムは灰色で表現しています。
  貫通扉の渡り板は朱色パーツを装着し、
  交換用としてグレーパーツを付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライトは電球色LEDで、
  2灯式シールドビームを新規で再現しています。
  ヘッドライト・テールライトは常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  フライホイール付動力を搭載。
  従来集電システムや黒色車輪を採用しています。
  TNカプラーを標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ17(首都圏色)(M) キハ17(首都圏色)(T)

 <編成例>
  ●高山本線(1979年頃)
  <8412>キハ58-400(T) + キハ17(M) + <2475>キハ20 + <92166>キハ25(M)
  + <92166>キハ25(T) + <2464>キハ26(T) + <2464>キハ26(T) + キハ17(T)

  赤文字:<98052>国鉄 キハ17形ディーゼルカー(首都圏色)セット
  桃文字:<92166>国鉄 キハ25形ディーゼルカー(首都圏色)セット
  橙文字:<8412>国鉄ディーゼルカー キハ58-400形(T)
      <2475>国鉄ディーゼルカー キハ20形(T)
      <2464>国鉄ディーゼルカー キハ26形(急行色・一段窓)(T)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<9429>国鉄ディーゼルカー キハ10形(首都圏色)(M)
<9430>国鉄ディーゼルカー キハ10形(首都圏色)(T)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1953年に登場したキハ10系。
  量産型としては初めて液体式変速機を導入した気動車で、
  その後のディーゼルカーの礎となりました。
  キハ10形は便所なし両運転台車で、1955年に登場しました。
  1957年までに70両が製造されました。
  首都圏色(朱色5号)の車両は1975年に相模線で運行を開始しました。

 <製品特徴>
  キハ10形首都圏色を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  各Hゴムは灰色で表現しています。
  貫通扉の渡り板は朱色パーツを装着し、
  交換用としてグレーパーツを付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライトは電球色LEDで、
  2灯式シールドビームを新規で再現しています。
  ヘッドライト・テールライトは常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  <9429>はフライホイール付動力を搭載。
  従来集電システム(<9430>のみ)・黒色車輪を採用しています。
  TNカプラーを標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報<9429>・<9430>をご覧下さい。

 <製品内容>
  <9429>国鉄ディーゼルカー キハ10形(首都圏色)(M)
   キハ10(首都圏色)(M)

  <9430>国鉄ディーゼルカー キハ10形(首都圏色)(T)
   キハ10(首都圏色)(T)

 <編成例>
  ●烏山線 (1979年頃)
  <9432>キハ11(T) + <9432>キハ11(T) + <9429>キハ10(M)

  <9432>キハ11(T) + <9431>キハ11(M) + <9430>キハ10

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<9431>国鉄ディーゼルカー キハ11形(首都圏色)(M)
<9432>国鉄ディーゼルカー キハ11形(首都圏色)(T)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1953年に登場したキハ10系。
  量産型としては初めて液体式変速機を導入した気動車で、
  その後のディーゼルカーの礎となりました。
  キハ11形は便所付き両運転台車で、1955年に登場しました。
  1957年までに74両が製造されました。
  首都圏色(朱色5号)の車両は1975年に相模線で運行を開始しました。

 <製品特徴>
  キハ11形首都圏色を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  各Hゴムは灰色で表現しています。
  貫通扉の渡り板は朱色パーツを装着し、
  交換用としてグレーパーツを付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライトは電球色LEDで、
  2灯式シールドビームを新規で再現しています。
  ヘッドライト・テールライトは常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  <9431>はフライホイール付動力を搭載。
  従来集電システム(<9432>のみ)・黒色車輪を採用しています。
  TNカプラーを標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報<9431><9432>をご覧下さい。

 <製品内容>
  <9431>国鉄ディーゼルカー キハ11形(首都圏色)(M)
   キハ11(首都圏色)(M)

  <9432>国鉄ディーゼルカー キハ11形(首都圏色)(T)
   キハ11(首都圏色)(T)

 <編成例>
  ●烏山線 (1979年頃)
  <9432>キハ11(T) + <9431>キハ11(M) + <9430>キハ10

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<9433>国鉄ディーゼルカー キハ16形(首都圏色)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  1953年に登場したキハ10系。
  量産型としては初めて液体式変速機を導入した気動車で、
  その後のディーゼルカーの礎となりました。
  キハ16形は便所なし片運転台車で、1954年に登場しました。
  1955年までに99両が製造されました。
  首都圏色(朱色5号)の車両は1975年に相模線で運行を開始しました。

 <製品特徴>
  キハ16形首都圏色を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  各Hゴムは灰色で表現しています。
  貫通扉の渡り板は朱色パーツを装着し、
  交換用としてグレーパーツを付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライトは電球色LEDで、
  2灯式シールドビームを新規で再現しています。
  ヘッドライト・テールライトは常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  <9431>はフライホイール付動力を搭載。
  従来集電システム・黒色車輪を採用しています。
  TNカプラーを標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ16(首都圏色)

 <編成例>
  ●烏山線 (1979年頃)
  <9433>キハ16 + <2447>キハ11(M) + <9432>キハ11(T)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<9428>JRディーゼルカー キハ40-2000形(ベル・モンターニュ・エ・メール~べるもんた~)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ40系は1977~82年にかけて製造された一般形気動車で、
  両運片開き扉のキハ40、片運両開き扉のキハ47、
  片運片開き扉のキハ48があります。
  キハ40形2000番台は温暖地用一般仕様車として1979年から製造が開始されました。
  JR西日本所属のキハ40系は、機関換装や更新工事を実施されました。
  側面窓変更や屋根上ベンチレーター撤去、冷房用機器搭載等が施されました。
  「ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)」は
  北陸デスティネーションキャンペーンに合わせて2015年10月に登場。
  キハ40-2027を改造し、
  城端線と氷見線の観光列車として運行を開始しています。

 <製品特徴>
  キハ40形2000番台を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  「ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)」の
  一部客窓を大型化した姿を新規製作で再現しています。
  室内シートを新規製作で、Hゴムは黒色で表現。
  前面表示部は印刷済パーツ「べるもんた」を装着済です。
  ロゴや車番(キハ40-2027)は印刷済。
  タイフォンは別パーツで付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示部は常点灯基板を装備し、
  白色LEDで点灯、ON-OFFスイッチ付です。
  フライホイール付動力を搭載。
  DT22形台車を装備し、銀色車輪を採用しています。
  TNカプラー(SP)を標準装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ40-2027(M)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<98228>JR 313-0系近郊電車基本セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  国鉄形近郊形車両の置換用として1999年に登場した313系。
  313系0番台は3扉転換クロスシートの4両編成車で、
  主に名古屋地区の「快速」「普通」や武豊線で活躍しています。

 <製品特徴>
  JR東海313系0番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  前面方向幕は印刷済パーツを装着済で、
  交換用パーツを付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライトは電球色LEDで点灯し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや銀色車輪を採用しています。
  先頭車運転台のみTNカプラー(SP)を装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ313-0(P) サハ313-0 モハ313-0(M)(P) クハ312-0

 <編成例>
  (1999年〜)
  ←豊橋  大垣→
  (6)クモハ313-0(P) + (5)サハ313-0 + (4)モハ313-0(M)(P) +
  (3)クハ312-0 + (2)クモハ313-300(P) + (1)クハ312-300

  赤文字:<98228>JR 313-0系近郊電車基本セット
  桃文字:<98229>JR 313-300系近郊電車増結セット

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<98229>JR 313-300系近郊電車増結セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  国鉄形近郊形車両の置換用として1999年に登場した313系。
  313系0番台は3扉転換クロスシートの2両編成車で、
  主に名古屋地区の「快速」「普通」や飯田線で活躍しています。

 <製品特徴>
  JR東海313系300番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  <98228>との組み合わせで6両編成が再現できます。
  前面方向幕は印刷済パーツを装着済で、
  交換用パーツを付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライトは電球色LEDで点灯し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  新集電システムや銀色車輪を採用しています。
  先頭車運転台のみTNカプラー(SP)を装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ313-300(P) クハ312-300

 <編成例>
  (1999年〜)
  ←豊橋  大垣→
  (6)クモハ313-0(P) + (5)サハ313-0 + (4)モハ313-0(M)(P) +
  (3)クハ312-0 + (2)クモハ313-300(P) + (1)クハ312-300

  赤文字:<98228>JR 313-0系近郊電車基本セット
  桃文字:<98229>JR 313-300系近郊電車増結セット

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



 <関連記事>
  【トミックス】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2
  【トミックス】「2018年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報