忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 鉄道模型 発売予定日情報 > 【鉄コレ】「鉄道コレクション 2018/5/25発売予定 鉄道模型製品情報」

【鉄コレ】「鉄道コレクション 2018/5/25発売予定 鉄道模型製品情報」

<288862>鉄道コレクション JR205系1200番代 南武線6両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  103系に代わる新形式車として1985年に登場した205系。
  205系1200番台は山手線所属付随車の一部を先頭車化した車両で、
  南武線用として2004~2005年に登場しました。
  ナハ50編成は1200番台で唯一鎌倉総合車両センターで改造された車両です。
  運転台設置により埋められた側面方向幕に、
  帯が貼り付けられていないのが特徴です。
  後にシングルアームパンタグラフに交換されました。

 <製品特徴>
  205系1200番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  シングルアーム交換後のナハ50編成を鉄コレで再現しています。
  動力は20m級用A2 TM-14、走行化パーツはTT-03R(クロ)を指定し、
  パンタグラフは<0255>PS33D形を推奨します。

 <製品内容>
  クハ205-1205 モハ205-13(P) モハ204-13
  モハ205-15(P) モハ204-15 クハ204-1205
  ※展示用台座は付属していません。

 <編成例>
  クハ205-1205 + モハ205-13(P) + モハ204-13 +
  モハ205-15(P) + モハ204-15 + クハ204-1205

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<288855>鉄道コレクション JR205系3000番代 川越線・八高線4両セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  103系に代わる新形式車として1985年に登場した205系。
  205系3000番台は山手線所属車を八高・川越線用に改造した車両で、
  2003年に登場しました。
  4両編成化するにあたり、
  サハ205形中間付随車を先頭車化しています。
  南武支線用205系1000番台や仙石線用205系3100番台と同様に、
  これまでの205系先頭車とは若干の違いがあります。
  ハエ83編成は土崎工場(現:秋田総合車両センター)で先頭改造されました。

 <製品特徴>
  205系3000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  ハエ83編成の2017年の姿を鉄コレで再現しています。
  動力は20m級用A2 TM-14、走行化パーツはTT-03R(クロ)を指定し、
  パンタグラフは<0255>PS33D形を推奨します。

 <製品内容>
  クハ205-3003 モハ205-3003(P) モハ204-3003 クハ204-3003
  ※展示用台座は付属してません。

 <編成例>
  クハ205-3003 + モハ205-3003(P) + モハ204-3003 + クハ204-3003

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<289098>鉄道コレクション 筑豊電気鉄道2000形2004号(緑)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  筑豊電気鉄道初の自社車両として1976年に登場した2000形。
  西鉄の福岡市内線1300形・1200形と
  北九州市内線1000形を譲り受けた車両です。
  当初は2両連接車でしたが、
  1977年に北九州線1000形や福岡市内線1000形を改造した中間車を組み込み、
  3両連接車となりました。
  この時の黄色地に赤帯塗装から
  「黄電(きなでん)」と呼ばれ親しまれました。
  2007~2009年に「レインポー電車」と称して、
  7編成全てが7色(紫・藍・青・緑・黄・橙・赤)に塗装変更されました。
  2012年からは廃車が続き、
  現在は2003号(藍)1編成を残すのみとなっています。
 
 <製品特徴>
  筑豊電気鉄道2000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2004号(緑)を再現しています。
  動カユニットはTM-TR06を指定しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  2004A(P) + 2004C + 2004B
  ※展示用台座は付属してません。

 <編成例>
  2004A(P) + 2004C + 2004B

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<289142>鉄道コレクション 筑豊電気鉄道2000形2007号(赤)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  筑豊電気鉄道初の自社車両として1976年に登場した2000形。
  西鉄の福岡市内線1300形・1200形と
  北九州市内線1000形を譲り受けた車両です。
  当初は2両連接車でしたが、
  1977年に北九州線1000形や福岡市内線1000形を改造した中間車を組み込み、
  3両連接車となりました。
  この時の黄色地に赤帯塗装から
  「黄電(きなでん)」と呼ばれ親しまれました。
  2007~2009年に「レインポー電車」と称して、
  7編成全てが7色(紫・藍・青・緑・黄・橙・赤)に塗装変更されました。
  2012年からは廃車が続き、
  現在は2003号(藍)1編成を残すのみとなっています。

 <製品特徴>
  筑豊電気鉄道2000形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  前面方向幕が大きい2007号(赤)を再現しています。
  動カユニットはTM-TR06を指定しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  2007A(P) + 2007C + 2007B
  ※展示用台座は付属してません。

 <編成例>
  2007A(P) + 2007C + 2007B

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD