忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 鉄道模型 発売予定日情報 > 【カトー】「2018/11/15発売予定 鉄道模型製品情報」

【カトー】「2018/11/15発売予定 鉄道模型製品情報」

カトー(KATO)さん、2018年11月15日頃発売予定の鉄道模型製品情報をご紹介。
なお、メーカーの都合により発売が変更になる場合もありますので、
最新の情報はメーカーHPを参照して下さい。


<10-847>E259系 成田エクスプレス 基本セット(3両)
<10-848>E259系 成田エクスプレス 増結セット(3両)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  253系の置換用として2009年に登場したJR東日本E259系。
  東京都心と新東京国際空港(成田空港)とを結ぶ
  アクセス特急「成田エクスプレス」に使用されています。
  2010年に第53回鉄道友の会ブルーリボン賞と
  第11回ブルネル賞を受賞しました。
  編成は6両を基本としており、
  最大12両編成で活躍しています。

 <製品特徴>
  JR東日本E259系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  鎌倉車両センター所属の東急車両製NE010編成を再現しています。
  信号炎管・列車電話アンテナ・防護無線アンテナは別パーツです。
  側面行先表示「成田エクスプレス 成田空港」を印刷済です。
  E259系の特徴である車体間ダンパー(PAT.P)を再現。
  先頭車運転台側の連結器はカトーカプラー伸縮密連形で、
  ヘッドライト・テールライトは消灯スイッチを装備しているので、
  併結運転も再現できます。
  ヘッドライトは上部が白色のHID灯で、
  中部が電球色のシールドビーム、下部は赤色のテールライトが点灯します。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <10-847>E259系 成田エクスプレス 基本セット(3両)
   クハE258-10 モハE259-10(M) クロE259-10

  <10-848>E259系 成田エクスプレス 増結セット(3両)
   モハE258-10 モハE258-510 モハE259-510

 <編成例>
  ←大船・大宮・池袋・高尾・新宿  成田空港→
  (1)クハE258-10 + (2)モハE258-10 + (3)モハE259-10(M)(P) +
  (4)モハE258-510 + (5)モハE259-510(P) + (6)クロE259-10 +
  (7)クハE258-7 + (8)モハE258-7 + (9)モハE259-7(M) +
  (10)モハE258-507 + (11)モハE259-507 + (12)クロE259-7

  赤文字:<10-847>E259系 成田エクスプレス 基本セット(3両)
  桃文字:<10-848>E259系 成田エクスプレス 増結セット(3両)
  橙文字:<10-821>E259系 成田エクスプレス 6両セット

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<7008-7>DD51 500 中期 耐寒形
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1962~78年の16年間にわたり649両が製造されたDD51形ディーゼル機関車。
  寒地用・暖地用、旅客用・貨物用等の様々なバリエーションで製造され、
  非重連形の基本番台、重連総括制御可能な500番台、
  蒸気発生装置がない800番台が活躍しています。
  DD51形500番台は1966~77年に製造され、
  重連総括制御装置を搭載しています。
  A寒地仕様車は北海道・東北・東海・新潟の各地区で活躍し、
  凍結防止用加熱装置や前面窓プロテクター等が設置されています。

 <製品特徴>
  DD51形ディーゼル機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  500番台A寒地仕様を再現しています。
  ボンネット前部側面の放熱器カバーを外した姿を新規製作。
  運転台屋根も、扇風機カバーが無く、
  SG煙突とホイッスルカバーの付いた屋根を新規制作しています。
  運転台前面ガラスは、旋回窓を標準装備。
  運転台側面のSG室ガラスや乗務員ドアなどに装備された、
  タブレットプロテクタを再現しています。
  ナンバープレートは選択式で、
  小樽築港機関区所属機を中心に、675・681・702・718を選出。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用KATOナックルカプラーを付属しています。
  フライホイール搭載動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  DD51-500

 <編成例>
 ・20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」
  DD51-500 中期 耐寒形 + DD51-500 中期 耐寒形
   + <10-1518><10-1353>20系寝台特急「ゆうづる・はくつる」
   ※盛岡〜青森間でDD51が牽引

 ・急行「ニセコ」
  DD51-500 中期 耐寒形(3灯式) + DD51-500 中期 耐寒形
   + <10-1214>・<10-1215>急行「ニセコ・宗谷」

 ・室蘭本線の石炭運搬列車
  DD51-500 中期 耐寒形 + <10-1220>・<8028-1>セキ3000

 ・北海道地区の貨物列車
  DD51-500 中期 耐寒形 + タキ3000 + タキ9900 + ワム80000 +
  チキ5000 + ワム90000 + タキ35000 + トキ15000 + ワム90000 +
  チキ5000 + ワム80000 + ヨ5000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<1-615-1>(HO)キハ110 飯山線リバイバル色(M)【特別企画品】
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  キハ110形はJR東日本の一般形気動車です。
  1990年に登場した0番台は急行列車用、
  1991年に登場した100番台は普通列車用、
  1993年に登場した200番台も普通列車用として製造されました。
  200番台は客扉が引戸式に変更され、
  さらに中期車は踏切事故対策として
  車端部がそれぞれ25cmずつ延長されました。
  2017年3月からはキハ110-231と233が
  信州デスティネーションキャンペーンの一環として、
  1991~97年に採用されていた旧飯山線標準色に変更されました。

 <製品特徴>
  キハ110形200番台を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  飯山線リバイバル色を再現しています。
  トイレ側の前面は貫通ホロを装備、
  反対側はホロ受けの状態で再現しています。
  手スリ類とワイパーは車体や前面ガラスに彫込一体式で表現しています。
  屋根上の機器類は取付済。
  車体表記各種・前面表示「普通」は印刷済です。
  側面行先表示・サボはシールが付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示が点灯(消灯スイッチ付)。
  ライトユニットは電球色LEDを採用しています。
  伸縮密連形カプラーを採用。
  電気連結器表現のある胴受を付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  おおさかホビーフェス2018にて撮影

 <製品内容>
  キハ110-231(M)(リバイバル色)

 <編成例>
  キハ110-231(M)(リバイバル色)

  キハ110-231(M)(リバイバル色) + キハ110(M)(リバイバル色)

  キハ110-231(M)(リバイバル色) + キハ110-221(M)(普通色)

  キハ110-231(M)(リバイバル色) + キハ110-222(M)(普通色) + キハ110-219(普通色)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD