忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。
鉄道模型 けんさくブログ > 新製品発売情報 トミックス > 【トミックス】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その2

【トミックス】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その2

トミックス(TOMIX) から鉄道模型新製品の発表がありました。


<92589> JR E235系通勤電車(山手線)基本セット
<92590> JR E235系通勤電車(山手線)増結セットA
<92591> JR E235系通勤電車(山手線)増結セットB
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  E231系・E233系に代わる山手線向け車両として、2015年に登場したE235系。
  新列車情報管理システムINTEROSを導入したステンレス車で、
  2017年鉄道友の会ローレル賞を受賞しました。

 <製品特徴>
  JR E235系0番台を鉄道模型Nゲージで製品化。
  山手線用E235系量産車を新規で再現しています。
  基本セットと増結セットAと増結セットBを合わせると11両フル編成が再現可能です。
  幅の広い屋根のビート形状や側面のグリーンガラスをしっかり再現。
  先頭車のスカートは新規で再現しています。
  ドア部のラインカラー・車番・JRマークは印刷済。
  前面表示は交換式で印刷済パーツです。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示・運行番号表示は白色LEDで点灯。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  <92589> JR E235系通勤電車(山手線)基本セット
   クハE235-0 モハE235-0(M)(P) クハE234-0

  <92590> JR E235系通勤電車(山手線)増結セットA
   サハE234-0 モハE234-0 サハE235-0 モハE235-0(P) モハE234-0

  <92591> JR E235系通勤電車(山手線)増結セットB
   サハE235-4600 モハE235-0(P) モハE234-0

 <編成例>
  ←大崎(内回り)
  (11)クハE235-0 + (10)サハE235-4600 + (9)モハE235-0(P) + (8)モハE234-0 +
  (7)サハE234-0 + (6)モハE235-0(M)(P) + (5)モハE234-0 + (4)サハE235-0 +
  (3)モハE235-0(P) + (2)モハE234-0 + (1)クハE234-0

  赤文字:<92589> JR E235系通勤電車(山手線)基本セット
  桃文字:<92590> JR E235系通勤電車(山手線)増結セットA
  橙文字:<92591> JR E235系通勤電車(山手線)増結セットB

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<98047> JR キハ48-500形ディーゼルカー(盛岡色)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ40系は1977~1982年に製造された一般形ディーゼル車です。
  車端部2か所に設置された客用扉は片開きで、
  両運転台がキハ40形、片運転台がキハ48形です。
  500番台・1500番台は寒地仕様車で、1979~1982年に製造されました。
  いずれも側面窓が上段下降、下段上昇式のユニット窓となっています。
  500番台は屋根上に水タンクがある便所付ですが、
  1500番台にはいずれもありません。
  八戸線等のキハ48形500番台は白い車体に赤帯の姿で活躍しています。

 <製品特徴>
  キハ48形盛岡色を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  キハ48形1500番台は雨樋が外付けの姿を再現。
  キハ48形500番台の車体は雨樋が内蔵されている姿を再現。
  タイフォンは「シャッター形、スリット形」各大小の4種類からの選択式です。
  前面表示パーツは印刷済パーツ「普通」を装着済で、
  「快速」「臨時」を交換用前面表示パーツとして付属。
  JRマークは印刷済です。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示部は常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付です。
  ヘッドライトはカラープリズムを採用し、電球色に近い色を再現。
  DT44A形台車を装備しています。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  TNカプラー(SP)を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  うめきた鉄道模型フェスタ2018にて撮影

 <製品内容>
  キハ48-500(M) キハ48-1500

 <編成例>
  キハ48-500(M) + キハ48-1500

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<98048> JR キハ40-500形ディーゼルカー(盛岡色・赤鬼)セット
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ40系は1977~1982年に製造された一般形ディーゼル車です。
  車端部2か所に設置された客用扉は片開きで、
  両運転台がキハ40形、片運転台がキハ48形です。
  キハ40形500番台は寒地仕様車で、1977~1982年に製造されました。
  側面窓は上段下降、下段上昇式のユニット窓となっています。
  八戸線等のキハ40形500番台は白い車体に赤帯の姿で、
  ワンマン改造車は前面が赤く塗られています。

 <製品特徴>
  キハ40形盛岡色・赤鬼を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。  
  動力(M)車は雨樋が外付けの姿を再現。
  トレーラー(T)車は雨樋が内蔵されている姿を再現。
  タイフォンは「シャッター形、スリット形」各大小の4種類からの選択式です。
  前面表示パーツは印刷済パーツ「普通」を装着済で、
  「快速」「臨時」を交換用前面表示パーツとして付属。
  JRマークは印刷済です。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示部は常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付です。
  ヘッドライトはカラープリズムを採用し、電球色に近い色を再現。
  DT44A形台車を装備しています。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  TNカプラー(SP)を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  うめきた鉄道模型フェスタ2018にて撮影

 <製品内容>
  キハ40-500(M) キハ40-500(T)

 <編成例>
  キハ40-500(M) + キハ40-500(T)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<9422> JRディーゼルカー キハ40-500形(盛岡色)(M)
<9423> JRディーゼルカー キハ40-500形(盛岡色)(T)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ40系は1977~1982年に製造された一般形ディーゼル車です。
  車端部2か所に設置された客用扉は片開きで、
  両運転台がキハ40形、片運転台がキハ48形です。
  キハ40形500番台は寒地仕様車で、1977~1982年に製造されました。
  側面窓は上段下降、下段上昇式のユニット窓となっています。
  八戸線等のキハ48形500番台は白い車体に赤帯の姿で活躍しています。
  なお、553号車までは雨樋が外付けで登場しています。

 <製品特徴>
  キハ40形盛岡色を、鉄道模型Nゲージにてハイグレード(HG)仕様で製品化。
  <9422>は雨樋が外付けの姿を再現しています。
  <9423>は雨樋が内蔵された姿を再現しています。
  タイフォンは「シャッター形、スリット形」各大小の4種類からの選択式です。
  衛星電話アナテナを付属。
  前面表示パーツは印刷済パーツ「普通」を装着済で、
  「快速」「臨時」を交換用前面表示パーツとして付属。
  JRマークは印刷済です。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示部は常点灯基板を装備し、
  ON-OFFスイッチ付です。
  ヘッドライトはカラープリズムを採用し、電球色に近い色を再現。
  DT44A形台車を装備しています。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システム(<9423>のみ)や黒色車輪を採用しています。
  TNカプラー(SP)を標準装備。  
  詳細はメーカーの案内情報<9422><9423>をご覧下さい。

  
  うめきた鉄道模型フェスタ2018にて撮影

 <製品内容>
  <9422> JRディーゼルカー キハ40-500形(盛岡色)(M)
   キハ40-500(M)

  <9423> JRディーゼルカー キハ40-500形(盛岡色)(T)
   キハ40-500(T)

 <編成例>
  <9422>キハ40-500(M) + <9423>キハ40-500(T)

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<98261> JR キハ183系特急ディーゼルカー(大雪)セットA
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ183系は耐寒耐雪機能と設備機能向上を考慮した北海道用特急形気動車です。
  特急「大雪」は2017年3月に旭川~網走間で運行を開始しました。
  かつては急行列車の名称でしたが、特急列車での復活で話題を集めました。

 <製品特徴>
  キハ183系特急ディーゼルカー「大雪」を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  スラントノーズ先頭車のキハ183-200は、車販準備室付車で再現しています。
  キハ183-200・キハ182-0・キロハ182は、
  ポリカーボネード補強板が付いて額縁状になった側面窓を新規で表現。
  キハ183-1550は、乗客ドア横にあるルーバーを左側側面新規で再現しています。
  キハ183-1550前頭部のスカートは青色で表現し、TNカプラーを装着しています。
  床下は黒色で表現。
  印刷済「大雪」トレインマーク装着済で、印刷済「オホーツク」も付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライト・トレインマークは常点灯基板を採用し、
  キハ183-1550はON-OFFスイッチ付です。
  フライホイール付動力を搭載しています。
  新集電システムや黒色車輪を採用。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ183-200(車販準備室車) キロハ182 キハ182-0(M) キハ183-1550

 <編成例>
  ●特急「大雪」 (2017年3月)
  ←旭川・網走  遠軽→
  (4)キハ183-200 + (3)キロハ182 + (2)キハ182-0(M) + (1)キハ183-1550

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



<98262> JR キハ183系特急ディーゼルカー(大雪)セットB
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ183系は耐寒耐雪機能と設備機能向上を考慮した北海道用特急形気動車です。
  特急「大雪」は2017年3月に旭川~網走間で運行を開始しました。
  かつては急行列車の名称でしたが、特急列車での復活で話題を集めました。

 <製品特徴>
  キハ183系特急ディーゼルカー「大雪」を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  元サロベツのトイレ付キハ183-1500とキハ182-500が入ったセットとなっています。
  キハ183-200・キハ182-0・キロハ182は、
  ポリカーボネード補強板が付いて額縁状になった側面窓を新規で表現。
  キハ183-1550は、乗客ドア横にあるルーバーを左側側面新規で再現しています。
  前頭部のスカートは青色で表現し、TNカプラーを装着しています。
  床下は黒色で表現。
  印刷済「大雪」トレインマーク装着済で、印刷済「オホーツク」も付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ヘッドライト・テールライト・トレインマークは常点灯基板を採用し、
  ON-OFFスイッチ付です。
  フライホイール付動力を搭載しています。
  新集電システムや黒色車輪を採用。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ183-1500(トイレ付) キロハ182 キハ182-500(M) キハ183-1550

 <編成例>
  ●特急「大雪」 (2017年7月)
  ←旭川・網走  遠軽→
  (4)キハ183-1500 + (3)キロハ182 + (2)キハ182-500(M) + (1)キハ183-1550

 <最安値を探してみる>
  あみあみ ホビーサーチ Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング



 <関連記事>
  【トミックス】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その1
  【トミックス】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その3
  【トミックス】「2018年3月発売予定の新製品情報を発表!」その4

  【カテゴリ別記事一覧】 トミックス (TOMIX) 新製品情報