忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【マイクロエース】「2020/1/23発売予定 鉄道模型製品情報」.

<A6384>京急1500形(1700番台)更新車 8両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1000形の置換用として、1985年に登場した京浜急行1500形。
  都営地下鉄浅草線・京成・北総開発鉄道(現;北総鉄道)乗り入れ対応の、
  18m級片側3扉両開き扉車です。
  登場当初は普通鋼製車体でしたが、
  1988年以降はアルミ製車体に変更されました。
  また、制御装置も登場当初は界磁チョッパ制御でしたが、
  1990年からはVVVFインバータ制御が採用されました。
  1993年までに合計166両が製造されました。
  2001年から実施された更新工事では鋼製車の戸袋窓が埋め込まれました。

 <製品特徴>
  京急1500形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  更新車の現在の姿を再現しています。
  SRアンテナ・ベビーカーマーク付きの現在の姿を再現。
  サハ1921の三崎口寄り台車は軌条塗油装置付となっています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示器・通過表示灯はLEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

  
  おおさかホビーフェス2019 展示品

 <製品内容>
  デハ1707(P) デハ1708 サハ1921 サハ1922
  デハ1709(M)(P) デハ1710 デハ1711(P) デハ1712

 <編成例>
  ←三崎口・浦賀・羽田空港  品川・泉岳寺→
  デハ1707(P) + デハ1708 + サハ1921 + サハ1922 +
  デハ1709(M)(P) + デハ1710 + デハ1711(P) + デハ1712

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<A6386>京急1500形 更新車 VVVF改造車 6両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  1000形の置換用として、1985年に登場した京浜急行1500形。
  都営地下鉄浅草線・京成・北総開発鉄道(現;北総鉄道)乗り入れ対応の、
  18m級片側3扉両開き扉車です。
  登場当初は普通鋼製車体でしたが、
  1988年以降はアルミ製車体に変更されました。
  また、制御装置も登場当初は界磁チョッパ制御でしたが、
  1990年からはVVVFインバータ制御が採用されました。
  1993年までに合計166両が製造されました。
  2001年から実施された更新工事では鋼製車の戸袋窓が埋め込まれ、
  さらに2006年からは界磁チョッパ制御車のVVVFインバータ化も実施されました。

 <製品特徴>
  京急1500形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  チョッパ制御からVVVF制御へ改造された6両編成を再現しています。
  SRアンテナ・ベビーカーマーク付きの現在の姿を再現。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示器・通過表示灯はLEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  床板を新規作成しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  デハ1569(P) デハ1570 サハ1901
  サハ1902 デハ1571(M)(P) デハ1572

 <編成例>
  ←浦賀・羽田空港  品川→
  デハ1569(P) + デハ1570 + サハ1901 +
  サハ1902 + デハ1571(M)(P) + デハ1572

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<A7567>京急800形 中間改造編成 6両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  高加減速の普通列車用18m級4扉車として、1978年に登場した京浜急行800形。
  界磁チョッパ制御と回生ブレーキを採用して省エネ化が図られています。
  創業80周年を記念して800形と付番され、
  1986年までに132両が製造されました。
  登場当初は側面窓回り全体が白色塗装でしたが、
  1982~84年に細い白帯塗装に変更されました。
  1989~91年に連結器交換を実施。
  1994~2001年には更新工事が実施されました。
  冷房装置交換や社名プレート変更、品川側先頭車のジャンパ栓受撤去、
  さらには奇数編成の品川方と偶数編成の浦賀方の運転台を撤去し、
  3両編成の6両編成化なども実施されました。

 <製品特徴>
  京急800形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  赤い車体に白帯を纏い、
  先頭車の運転台を撤去した中間車化改造編成を再現しています。
  分散クーラー部品を新規作成しています。
  行先シール(白幕)を付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示器はLEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  809-1 809-2(M)(P) 809-3 810-1 810-2(P) 810-3

 <編成例>
  ←浦賀・新逗子  品川→
  809-1 + 809-2(M)(P) + 809-3 + 810-1 + 810-2(P) + 810-3

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<A7568>京急800形 復活塗装 6両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  高加減速の普通列車用18m級4扉車として、1978年に登場した京浜急行800形。
  界磁チョッパ制御と回生ブレーキを採用して省エネ化が図られています。
  創業80周年を記念して800形と付番され、
  1986年までに132両が製造されました。
  登場当初は側面窓回り全体が白色塗装でしたが、
  1982~84年に細い白帯塗装に変更されました。
  1989~91年に連結器交換を実施。
  1994~2001年には更新工事が実施されました。
  冷房装置交換や社名プレート変更、品川側先頭車のジャンパ栓受撤去、
  さらには奇数編成の品川方と偶数編成の浦賀方の運転台を撤去し、
  3両編成の6両編成化なども実施されました。
  823Fは2016年11月から登場時復刻塗装に変更された後、
  2019年6月に引退しました。

 <製品特徴>
  京急800形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  赤い車体に窓周りが白色の復活塗装となった823編成を再現しています。
  分散クーラー部品を新規作成しています。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示器はLEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  823-1 832-2(M)(P) 823-3 823-4 823-5(P) 823-6

 <編成例>
  ←浦賀・新逗子  品川→
  823-1 + 832-2(M)(P) + 823-3 + 823-4 + 823-5(P) + 823-6

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<A7473>京王デヤ901・デヤ902・クヤ911・サヤ912 4両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  デワ600形の置換用として2015年に登場したデヤ901・902事業用車両。
  車体は9000形をベースとした4扉・両開き20m車で、
  前頭部が黄色に塗装されています。
  先頭台車には除雪用の排雪板(スノープロウ)が取り付けられています。

  架線・軌道検測用事業車であるクヤ911は2007年に1両が製造されました。
  「Dynamic Analytical eXpress」の略であるDAXという愛称がつけられています。
  このクヤ911導入により、営業速度での検測が可能になりました。

  サヤ912は京王初の無蓋貨車です。
  台枠は軟鋼製で、床板はステンレス製鋼板となっています。
  車端部には取り外し可能な誤乗車防止柵が配置されています。
  
  検測時は4両編成で、
  降雪作業時にはクヤ911を除いた3両編成で運用されています。

 <製品特徴>
  京王の事業車デヤ901・デヤ902・クヤ911・サヤ912を鉄道模型Nゲージで製品化。
  黄色い前面や京王レッドと京王ブルー帯の側面が特徴の
  デヤ900形をしっかり再現しています。
  デヤ901・902の識別灯、クヤ911の屋根上サーチライト・
  回送運転台ヘッドライト・テールライトのほか、
  前面表示器等もLEDで点灯します。
  サヤ912の手すりは別パーツで再現します。
  ヘッドライト・テールライト・標識灯・前面表示器はLEDで点灯します。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。
 
 <製品内容>
  デヤ901(M)(P) クヤ911(P) サヤ912 デヤ902(P)

 <編成例>
  ←新宿  八王子→
  デヤ901(M)(P) + クヤ911(P) + サヤ912 + デヤ902(P)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<A6074>キハ140+47 いさぶろう・しんぺい 増備車連結 3両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  肥薩線人吉~吉松間の観光列車として、1996年に登場した“いさぶろう・しんぺい”。
  登場当初は、畳敷きに改造されたキハ31形気動車1両編成を使用していました。
  2004年3月からはキハ40系気動車改造車(キハ140-2125)1両編成での運行となり、
  さらに同年10月にはキハ47-9082も専用車に改造されて、
  2両編成での運行となりました。
  2009年7月にはキハ47-8159も専用車に改造された為、
  多客期には最大3両編成で運行されるようになりました。

 <製品特徴>
  JR九州観光列車“ いさぶろう・しんぺい”を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  増備車キハ47-8159を加えた3両編成の姿を再現しています。
  古代漆色の車体やグレーの屋根色を再現。
  増備車キハ47-8159の車体・座席を作成。
  キハ47-9082は<A6073>指宿のたまて箱 用ボディを用いて、
  側面ルーバー廃止や車外スピーカー等を再現しています。
  車体各部の標記類は印刷済。
  ヘッドライト・テールライト・前面表示器はLEDで点灯し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  フライホイール付動力ユニットを搭載。
  部品共用により床下が一部実車と異なります。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  キハ140-2125(M) キハ47-9082 キハ47-8159

 <編成例>
  ←吉松  人吉→
  キハ140-2125(M) + キハ47-9082 + キハ47-8159

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 日本最大級のホビー通信販売店 とにかく安い! キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店(5%分)です


【グリーンマックス】「JR キハ111/112形(200番代・八高線) 基本2両編成セット(動力付き) & 増結2両編成セット(動力無し)」.鉄道模型Nゲージ

<30546>JRキハ111/112形(200番代・八高線)基本2両編成セット(動力付き)
<30547>JRキハ111/112形(200番代・八高線)増結2両編成セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  キハ110系はJR東日本の一般形気動車です。
  1990年登場の0番台は急行列車用、
  1991年登場の100番台と、
  1993年登場の200番台は普通列車用として製造されました。
  200番台は客扉が引戸式に変更され、
  さらに後期形は踏切事故対策として
  車端部がそれぞれ25cmずつ延長されました。
  なお、キハ110形が両運転台車であるのに対し、
  キハ111形はトイレ付きの片運転台車で、
  キハ112形はトイレなしの片運転台車です。

 <製品特徴>
  JR東日本キハ110系200番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  八高線のキハ111形+112形2両編成を再現しています。
  車端部が長くなったタイプを再現。
  ベンチレーター・ダクトは取付済。
  列車無線アンテナはユーザー取付となっています。
  信号炎管は一体彫刻表現です。
  前面種別表示(ワンマン)・車番・JRマーク・ATS表記・
  エンド表記・所属表記は印刷済。
  ヘッドライトは電球色で、テールライトは赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  前面渡り板は、上げた状態と下げた状態の選択式。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30546>JRキハ111/112形(200番代・八高線)基本2両編成セット(動力付き)
   キハ112-205 キハ111-205(M)

  <30547>JRキハ111/112形(200番代・八高線)増結2両編成セット(動力無し)
   キハ112-206 キハ111-206

 <編成例>
  <30546>JRキハ111/112形(200番代・八高線)基本2両編成セット(動力付き)
   種別:ワンマン 行先:-
   キハ112-205 + キハ111-205(M)

  <30547>JRキハ111/112形(200番代・八高線)増結2両編成セット(動力無し)
   種別:ワンマン 行先:-
   キハ112-206 + キハ111-206


 <最安値を探してみる>
  <30546>JRキハ111/112形(200番代・八高線)基本2両編成セット(動力付き)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

  <30547>JRキハ111/112形(200番代・八高線)増結2両編成セット(動力無し)
   Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 日本最大級のホビー通信販売店 とにかく安い! キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店(5%分)です


【鉄コレ】「鉄道コレクション JR 105系 体質改善30N更新車 宇部線・小野田線(U10編成)2両セット」.鉄道模型Nゲージ

<302704>鉄道コレクション JR105系 体質改善30N更新車 宇部線・小野田線(U10編成)2両セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  地方電化線区を走る旧形国電の置換用として、
  1981年に登場した国鉄105系。
  新規製造された3扉車グループと
  103系から改造された4扉車グループが存在します。
  宇部線・小野田線には新規製造の3扉車が投入されました。
  車体構造は基本的に103系と同じで、
  先頭車の前面は貫通型となっていました。
  また、広島・山口地区の3扉/分散冷房車は、
  側面客用扉戸袋部の上部にあるルーバーの一部が撤去されました。
  U10編成の塗色は新広島色(トリコロールカラー)が採用されていました。

 <製品特徴>
  JR105系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  3扉体質改善30N更新車で、“新広島色”の宇部線U10編成を、
  鉄コレで再現しています。
  動カユニットは20m級用D TM-18、
  走行化パーツはクモハ105がTT-05、クハ104がTT-03Rを指定し、
  パンタグラフは<0289>PS16Wを推奨します。
  展示用台座は付属していません。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クモハ105-26(P) クハ104-23

 <編成例>
  クモハ105-26(P) + クハ104-23

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 日本最大級のホビー通信販売店 とにかく安い! キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店(5%分)です