忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【カトー】「国鉄 485系初期形 2両増結セット」,.鉄道模型Nゲージ

<10-1130>485系初期形 2両増結セット
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  485系は直流/交流(50・60Hz)全てに対応可で、
  1968年に登場して以来、全国各地で活躍しました。
  モハ484形・モハ485形の1~96号車は初期形に分類されています。
  初期形のクーラーは、屋根上にAU12形が3基搭載されているほか、
  車内機器室にも床置形のAU41形が3基搭載されていました。
  モハ484-298とモハ485-196はいずれも1972年度に製造されました。

 <製品特徴>
  485系を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  初期形のモハ484とモハ485を2両セットで再現しています。
  クーラーはモハ484がきのこ形クーラーAU12、
  モハ485が分散形AU13Eを搭載しています。
  中間連結部はボディマウントタイプのKATOカプラー密連形を標準装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  モハ484-94 モハ485-94

 <編成例>
  ●昭和54(1979)年頃の東北線特急
   “ひばり” “やまびこ” “はつかり” “いなほ” “ひたち” “白鳥”
   (1)クハ481-333 + (2)モハ484-298(P) + (3)モハ485-196 +
   (4)モハ484-232(M)(P) + (5)モハ485-128 + (6)サロ481-99 +
   (7)サシ481-50 + (8)モハ484-94(P) + (9)モハ485-94 +
   (10)モハ484(P) + (11)モハ485 + (12)クハ481-350

  ●“白鳥” 昭和53年頃
   ←新潟  大阪・青森→
   (1)クハ481 + (2)サロ481 + (3)サロ481 + (4)モハ484(P) + (5)モハ485 +
   (6)モハ484(M)(P) + (7)モハ485 + (8)サシ481 + (9)モハ484(P) +
   (10)モハ485 + (11)モハ484(P) + (12)モハ485 + (13)クハ481

   赤文字::<10-1128>485系300番台 6両基本セット
   桃文字<10-1129>485系後期形 2両増結セット
   橙文字:<10-1130>485系初期形 2両増結セット
   青文字:<10-1129> or <10-1130>
   緑文字<4570>サロ481 後期形

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 日本最大級のホビー通信販売店 とにかく安い! キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店(5%分)です


【トミックス】「JR EF81-300形電気機関車(2次形)」.鉄道模型Nゲージ

<7128>JR EF81-300形電気機関車(2次形)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  EF81形は標準形式の交直流機関車として1968年に登場。
  直流・交流(60Hz)・交流(50Hz)いずれの電気方式でも運用可能です。
  日本海縦貫線を中心に本州~九州の各地で、
  旅客・貨物の両方に使用されました。
  EF81形300番台は関門トンネル用の特殊仕様車として、
  1973年に登場しました。
  腐食防止対策として、車体外板にはステンレスが採用されており、
  1974年までに4両が製造されました。
  現在は303番が九州地方で活躍しています。

 <製品特徴>
  JR貨物EF81形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  EF81形300番台を再現しています。
  運転室はシースルーで再現。
  屋根上機器はグレーで表現しています。
  パンタ下屋根部は車体色で表現しています。
  Hゴムは黒色で表現しています。
  解放テコは別パーツを装着済。
  前面手すり(縦)は別パーツで付属しています。
  JRマーク・メーカーズプレートは印刷済。
  ナンバープレート(EF81-301・302・303・304)は別パーツで付属しています。
  ヘッドライトは常点灯基板を装備しており、
  電球色LEDで点灯し、ON-OFFスイッチ付となっています。
  新型モーター(M-13)を搭載。
  フライホイール付動力を採用しています。
  黒色台車枠・黒色車輪・一体プレート輪心車輪を採用。
  ダミーカプラー・自連型TNカプラーを付属しています
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81-300(2次形)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 日本最大級のホビー通信販売店 とにかく安い! キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店(5%分)です


【トミックス】「2020年2月発売予定 鉄道模型製品情報」その5.

<HO-5017>国鉄客車 ナハネ11(茶色)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  スイスの軽量客車を参考に、1955年に登場した10系客車。
  セミ・モノコック構造を採用し、大幅な軽量化を実現しました。
  ナハネ11形は三等寝台車として、1957~58年度に74両が製造されました。
  寝台間隔を広げ、給仕室を拡大したため、
  ナハネ10形より定員は減少しました。
  登場当初は茶色(ぶどう色2号)塗装でしたが、のちに青色に変更されました。

 <製品特徴>
  国鉄10系客車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  ナハネ11形を茶色で再現しています。
  一部標記類を印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  ケイディーカプラー(ケイディーカプラーNo.5)を採用しています。
  最小半径はR600ミリを通過可能(S字線形除く)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  ナハネ11(茶色)

 <編成例>
  ●急行「彗星」(1963年)
   ←大阪  東京→
   マニ + (1)マロネ10 + (2)マロネ40 + (3)マロネ40 + (4)オロネ10 +
   (5)オロネ10 + (6)オシ16 + (7)ナハネ11 + (8)ナハネ11 +
   (9)ナハネ11 + (10)ナハネフ10 + (11)オハネ17 + (12)スハネ30 +
   (13)スハネ30 + (14)スハネフ30

   赤文字:<HO-934>限定品 国鉄 10・32系寝台客車(茶)セット
   桃文字<HO-5005>国鉄客車 オロネ10形(茶色)
   橙文字:<HO-5017>国鉄客車 ナハネ11(茶色)
   青文字:<HO-5018>国鉄客車 オハネ17形(茶色)
   緑文字:<HO-572>国鉄客車 ナハネフ10形(茶)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<HO-5018>国鉄客車 オハネ17形(茶色)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  スイスの軽量客車を参考に、1955年に登場した10系客車。
  セミ・モノコック構造を採用し、大幅な軽量化を実現しました。
  オハネ17形は二等寝台車として、1961~66年に259両が製造されました。
  戦前製2軸ボギー式客車の台枠や台車を再利用しており、
  ナハネ11形に準じた車体を軽量設計して新製した車両となっています。
  オハネ12形よりも短い全長となっており、
  台車はTR47台車を装備していました。

 <製品特徴>
  国鉄10系客車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  オハネ17形を茶色で再現しています。
  一部標記類を印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  台車は蒸気暖房車のTR47台車を装備しています。
  ケイディーカプラー(ケイディーカプラーNo.5)を採用しています。
  最小半径はR600ミリを通過可能(S字線形除く)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  オハネ17(茶色)

 <編成例>
  ●急行「彗星」(1963年)
   ←大阪  東京→
   マニ + (1)マロネ10 + (2)マロネ40 + (3)マロネ40 + (4)オロネ10 +
   (5)オロネ10 + (6)オシ16 + (7)ナハネ11 + (8)ナハネ11 +
   (9)ナハネ11 + (10)ナハネフ10 + (11)オハネ17 + (12)スハネ30 +
   (13)スハネ30 + (14)スハネフ30

   赤文字:<HO-934>限定品 国鉄 10・32系寝台客車(茶)セット
   桃文字<HO-5005>国鉄客車 オロネ10形(茶色)
   橙文字:<HO-5017>国鉄客車 ナハネ11(茶色)
   青文字:<HO-5018>国鉄客車 オハネ17形(茶色)
   緑文字:<HO-572>国鉄客車 ナハネフ10形(茶)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<HO-5019>国鉄客車 オハネ17形(青色)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  スイスの軽量客車を参考に、1955年に登場した10系客車。
  セミ・モノコック構造を採用し、大幅な軽量化を実現しました。
  オハネ17形は二等寝台車として、1961~66年に259両が製造されました。
  戦前製2軸ボギー式客車の台枠や台車を再利用しており、
  ナハネ11形に準じた車体を軽量設計して新製した車両となっています。
  オハネ12形よりも短い全長となっており、
  台車はTR47台車を装備していました。
  当初はぶどう色2号の茶色で登場しましたが、
  塗装規定の変更で、順次青15号に変更されました。

 <製品特徴>
  国鉄10系客車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  オハネ17形を青色(青15号)で再現しています。
  一部標記類を印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  台車は蒸気暖房車のTR47台車を装備しています。
  ケイディーカプラー(ケイディーカプラーNo.5)を採用しています。
  最小半径はR600ミリを通過可能(S字線形除く)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  オハネ17(青色)

 <編成例>
  ●急行「音戸」(1965年頃) ※呉線経由
   ※(8)〜(11)は新大阪〜広島連結(広島回転車)
   ←下関  東京→
   マニ60 + (1)マロネ40 + (2)スハネ30 + (3)スハネ30 + (4)スハネ30 +
   (5)スハネ30 + (6)オハネ17 + (7)ナハネフ10 + (8)ナハネ11 +
   (9)オハネ17 + (10)オハネ17 + (11)ナハネフ10

   赤文字:<HO-570>国鉄客車 スハネ30形(青)
   桃文字:<HO-575>国鉄客車 ナハネフ10形(青色)
   橙文字<HO-5016>国鉄客車 ナハネ11(青色)
   青文字:<HO-5019>国鉄客車 オハネ17形(青色)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<HO-5020>国鉄客車 オハネ17形(電気暖房・茶色)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  スイスの軽量客車を参考に、1955年に登場した10系客車。
  セミ・モノコック構造を採用し、大幅な軽量化を実現しました。
  オハネ17形は二等寝台車として、1961~66年に259両が製造されました。
  戦前製2軸ボギー式客車の台枠や台車を再利用しており、
  ナハネ11形に準じた車体を軽量設計して新製した車両となっています。
  全長はオハネ12形よりも短くなっています。
  オハネ17形一般仕様車はTR47台車を装備していましたが、
  オハネ17形電気暖房車は、重量の関係でTR23台車を装備していました。

 <製品特徴>
  国鉄10系客車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  オハネ17形の電気暖房車を茶色で再現しています。
  一部標記類を印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  台車は電気暖房車の特徴であるTR23台車を装備しています。
  床下の電気暖房用トランスパーツを付属しています。
  ケイディーカプラー(ケイディーカプラーNo.5)を採用しています。
  最小半径はR600ミリを通過可能(S字線形除く)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  オハネ17(電気暖房車・茶色)

 <編成例>
  ●急行「新星」(1964年)
   ←上野  仙台→
   (1)ナハネフ10 + (2)オロネ10 + (3)オロネ10 + (4)オハネ17 + (5)オハネ17 +
   (6)オハネ17 + (7)オハネ17 + (8)オハネ17 + (9)オハネ17 + (10)ナハネフ10

   赤文字<HO-5005>国鉄客車 オロネ10形(茶色)
   桃文字:<HO-5020>国鉄客車 オハネ17形(電気暖房・茶色)
   橙文字:<HO-572>国鉄客車 ナハネフ10形(茶)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



<HO-5021>国鉄客車 オハネ17形(電気暖房・青色)
  AD Yahoo
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  スイスの軽量客車を参考に、1955年に登場した10系客車。
  セミ・モノコック構造を採用し、大幅な軽量化を実現しました。
  オハネ17形は二等寝台車として、1961~66年に259両が製造されました。
  戦前製2軸ボギー式客車の台枠や台車を再利用しており、
  ナハネ11形に準じた車体を軽量設計して新製した車両となっています。
  全長はオハネ12形よりも短くなっています。
  オハネ17形一般仕様車はTR47台車を装備していましたが、
  オハネ17形電気暖房車は、重量の関係でTR23台車を装備していました。
  当初はぶどう色2号の茶色で登場しましたが、
  塗装規定の変更で、順次青15号に変更されました。

 <製品特徴>
  国鉄10系客車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  オハネ17形の電気暖房車を青色で再現しています。
  一部標記類を印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  台車は電気暖房車の特徴であるTR23台車を装備しています。
  床下の電気暖房用トランスパーツを付属しています。
  ケイディーカプラー(ケイディーカプラーNo.5)を採用しています。
  最小半径はR600ミリを通過可能(S字線形除く)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  オハネ17(電気暖房車・青色)

 <編成例>
  ●急行「北星」(1965年)
   ←上野  盛岡→
   マニ + (1)ナハネフ10 + (2)オロネ10 + (3)オハネ17 + (4)オハネ17 +
   (5)スハネ30 + (6)スハネ30 + (7)スハネ30 +
   (8)スハネ30 + (9)スハネ30 + (10)ナハネフ10

   赤文字:<HO-9035>国鉄 10・32系寝台客車(青)セット
   桃文字:<HO-570>国鉄客車 スハネ30形(青)
   橙文字:<HO-575>国鉄客車 ナハネフ10形(青色)
   青文字:<HO-5021>国鉄客車 オハネ17形(電気暖房・青色)

 <最安値を探してみる>
  Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon



 <関連記事>
  【トミックス】「2020年2月発売予定 鉄道模型製品情報」その1
  【トミックス】「2020年2月発売予定 鉄道模型製品情報」その2
  【トミックス】「2020年2月発売予定 鉄道模型製品情報」その3
  【トミックス】「2020年2月発売予定 鉄道模型製品情報」その4

  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

AD 日本最大級のホビー通信販売店 とにかく安い! キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店(5%分)です