忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【グリーンマックス】「2018/2/16発売予定 鉄道模型製品情報」

<30221> JR北海道キハ141形/キハ142形 新塗装 基本2両編成セット(動力付き)
<30222> JR北海道キハ141形/キハ142形 新塗装 増結2両編成セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ141系は余剰となっていた50系客車(オハフ51形)を気動車化改造した一般形気動
  車です。
  札幌都市圏の輸送力増強目的に、1990年に札沼線(学園都市線)で運用を開始し、キハ
  141形・キハ142形・キハ143形・キサハ144形等が製造されました。
  キハ141形はトイレ付・エンジン1基搭載、キハ142形はトイレ無・エンジン2基搭載、
  キハ143形はキハ150形駆動システムを採用した高出力タイプで、100番台はトイレ
  無、150番台はトイレ付となっています。

 <製品特徴>
  JR北海道キハ141形とキハ142形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  前回製品から車体色の色調を見直しています。
  車番・前面方向幕(あいの里公園⇔札幌)・ATS表記・エンド表記・所属表記は印刷済。
  列車無線アンテナ・信号炎管・ホイッスル・ベンチレーターは別パーツで、取付済。
  マフラーは屋根一体彫刻で表現しています。
  ヘッドライトは電球色、テールライトは赤色で点灯し、ON/OFFスイッチ付(動力車は
  除く)です。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30221> 基本2両編成セット(動力付き)
   キハ141-7(M) キハ142-7

  <30222> 増結2両編成セット(動力無し)
   キハ141-11 キハ142-11

 <編成例>
   ←札幌  石狩当別→
  <30221> 基本2両編成セット(動力付き)
   キハ141-7(M) + キハ142-7

  <30222> 増結2両編成セット(動力無し)
   キハ141-11 + キハ142-11

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<30223> JR北海道キハ143形/キサハ144形 冷改後 基本3両編成セット(動力付き)
<30224> JR北海道キハ143形/キサハ144形 冷改後 増結3両編成セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  キハ141系は余剰となっていた50系客車(オハフ51形)を気動車化改造した一般形気動
  車です。
  札幌都市圏の輸送力増強目的に、1990年に札沼線(学園都市線)で運用を開始し、キハ
  141形・キハ142形・キハ143形・キサハ144形等が製造されました。
  キハ141形はトイレ付・エンジン1基搭載、キハ142形はトイレ無・エンジン2基搭載、
  キハ143形はキハ150形駆動システムを採用した高出力タイプで、100番台はトイレ
  無、150番台はトイレ付となっています。

 <製品特徴>
  JR北海道キハ141形とキハ142形を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  前回製品から車体色の色調を見直しています。
  車番・前面方向幕(あいの里公園⇔札幌)・ATS表記・エンド表記・所属表記は印刷済。
  列車無線アンテナ・信号炎管・ホイッスル・ベンチレーター、ダクトは別パーツで、
  取付済です。
  マフラー・ランボードは屋根一体彫刻で表現しています。
  キサハ144は、改造元の50系客車の製造年次による戸袋窓寸法の違いを作り分けして
  います。
  ヘッドライトは電球色、テールライトは赤色で点灯し、ON/OFFスイッチ付(動力車は
  除く)です。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載しています。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  <30223> 基本3両編成セット(動力付き)
   キハ143-151(M) キサハ144-101 キハ143-101

  <30224> 増結3両編成セット(動力無し)
   キハ143-153 キサハ144-103 キハ143-103

 <編成例>
   ←札幌  石狩当別→
  <30223> 基本3両編成セット(動力付き)
   キハ143-151(M) + キサハ144-101 + キハ143-101

  <30224> 増結3両編成セット(動力無し)
   キハ143-153 + キサハ144-103 + キハ143-103

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<30691> 名鉄EL120形電気機関車 1両(M)単品(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  72年振りの新造電気機関車として2015年に登場した名鉄EL120形。
  創業120周年にちなんでEL120形という形式番号となりました。
  それまでの旧型電気機関車は牽引貨車の有無を問わず、最高速度は45km/hでしたが、
  EL120形は単独走行時に最高速度100 km/hが可能となりました。
  これにより、保線基地間の日中回送が可能となり、機関車は現在の6両から2両に削減
  されました。
  制御装置はIGBT-VVVFインバータ制御で、パンタグラフはシングルアームを採用して
  います。 

 <製品特徴>
  名鉄では72年振りの新造電気機関車であるEL120形を、鉄道模型Nゲージにて製品化。
  動力ユニット・台車枠・床下機器はEL120専用です。
  車両番号は印刷済。
  両端はダミーカプラーを装備(交換用アーノルドカプラー・スイングドローバー付属)。
  解放テコ、無線アンテナ、ヒューズボックス、信号炎管はユーザー取付です。
  ヘッドライト・作業灯は白色LED、テールライトは赤色LEDで、いずれも走行時に点灯
  します(消灯スイッチ付属)。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  車番未定(M)(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



<30692> 名鉄EL120形電気機関車 2両(T+T)セット(動力無し)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  72年振りの新造電気機関車として2015年に登場した名鉄EL120形。
  創業120周年にちなんでEL120形という形式番号となりました。
  それまでの旧型電気機関車は牽引貨車の有無を問わず、最高速度は45km/hでしたが、
  EL120形は単独走行時に最高速度100 km/hが可能となりました。
  これにより、保線基地間の日中回送が可能となり、機関車は現在の6両から2両に削減
  されました。
  制御装置はIGBT-VVVFインバータ制御で、パンタグラフはシングルアームを採用して
  います。

 <製品特徴>
  名鉄では72年振りの新造電気機関車であるEL120形を、鉄道模型Nゲージにて製品化。
  動力付き車両をプッシュプル牽引する姿を再現可能です。
  台車枠・床下機器はEL120専用です。
  車両番号は印刷済。
  両端はダミーカプラーを装備(交換用アーノルドカプラー・スイングドローバー付属)。
  解放テコ、無線アンテナ、ヒューズボックス、信号炎管はユーザー取付です。
  ヘッドライト・作業灯は白色LED、テールライトは赤色LEDで、いずれも走行時に点灯
  します(消灯スイッチ付属)。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  121(P) 122(P)

 <編成例>
  ←豊橋  名鉄岐阜→
  121(P) + 122(P)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 鉄道模型 発売予定日情報

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

【トミックス】「(HO) 国鉄客車 オハフ51形」,鉄道模型HOゲージ

<HO-558>国鉄客車 オハフ51形
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  旧型客車の置換用として1978年に登場した51形客車。
  北海道で使用されていました。
  オハフ51形は緩急車で、
  主に編成最前部や最後部に使用されていますが、
  編成中間に使用される事もありました。
  北海道向けなので、
  窓は小型の一段上昇式二重窓となっていました。
  「赤2号」一色に塗装された姿から、
  「レッドトレイン」の愛称で親しまれていました。

 <製品特徴>
  オハフ51形客車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  戸袋窓の大きさが変更された姿を再現しています。
  車軸発電機は機械式で再現。
  車側灯は赤のクリアパーツで、
  貫通扉はクリームで表現しています。
  ベンチレーターは取付済。
  幌吊パーツを付属しています。
  車番は選択式転写シートを付属。
  ケイディーNo.5カプラーを採用しています。
  テールライトはLEDで点灯し、
  ON/OFFスイッチ付となっています(両端共)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

  
  うめきた鉄道模型フェスタ2018にて撮影

 <製品内容>
  オハフ51

 <編成例>
  ●函館本線普通830レ 1984(昭和59)年5月頃
   ED76-500 + オハフ51 + オハ51 + オハ51 + オハ51 + オハフ51

  ●函館本線普通930レ 1992(平成4)年4月頃
  ●【らんしま2号】 函館本線普通932レ 1993(平成5)年8月頃
   ED76-500 + オハフ51 + オハ51 + オハ51 +
   オハフ51 + オハ51 + オハ51 + オハ51 + オハフ51

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報

【グリーンマックス】「JR E653系1000番代(いなほ・ハマナス色)7両編成セット(動力付き)」鉄道模型Nゲージ

<30718>E653系1000番代(いなほ・ハマナス色)7両編成セット(動力付き)
  AD Yahoo
  
 <実車ガイド>
  E653系は常磐線特急「ひたち」485系の置換用として1997年に登場。
  常磐線で「フレッシュひたち」として運用していました。
  2012年に耐寒・耐雪強化を施した車両は、
  E653系1000番台に改番され、新潟地区へ転属されました。
  特急「いなほ」は新潟~酒田・秋田間を白新線・羽越本線経由で結ぶ列車で、
  2014年には使用車両が485系からE653系に統一されました。
  U107編成はハマナス色に変更され、
  2017/12/29より営業運転を開始しました。

 <製品特徴>
  E653系1000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  特急「いなほ」ハマナス色を再現しています。
  車番・JRマーク・いなほヘッドマーク・車椅子マーク・エンド表記・
  号車表示・禁煙マーク・グリーン車マークは印刷済。
  列車無線アンテナ・避雷器はユーザー取付となっています。
  交流機器・ベンチレータ・ホイッスルは取付済です。
  グリーン車座席は1列+2列のところ2列+2列部品を流用しています。
  ヘッドライトとヘッドマークは白色で、
  テールライトは赤色で点灯します。
  フライホイール付きコアレスモーター動力ユニットを搭載。
  詳細はメーカーの案内情報(PDF)をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハE653-1007 モハE652-1013 モハE653-1013(P) サハE653-1007
  モハE652-1014(M) モハE653-1014(P) クロE652-1007

 <編成例>
  ←新潟  酒田・秋田→
  クハE653-1007 + モハE652-1013 + モハE653-1013(P) + サハE653-1007 +
  モハE652-1014(M) + モハE653-1014(P) + クロE652-1007

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon ホビーサーチ あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報