忍者ブログ
製品情報など鉄道模型の情報を検索しやすいようメーカー別・鉄道会社別にまとめていきます。

【トミックス】「(HO) 国鉄客車 オロネ10形(青色)」,鉄道模型HOゲージ

<HO-5006>国鉄客車 オロネ10形(青色)
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  スイスの軽量客車を参考に、
  1955年に登場した10系客車。
  セミ・モノコック構造を採用し、
  大幅な軽量化を実現しました。
  オロネ10形は1等寝台車で、97両が製造されました。
  当初は茶色塗装で登場しましたが、
  その後、青色塗装に変更されました。

 <製品特徴>
  オロネ10形客車を、鉄道模型HOゲージで製品化。
  青色塗装の姿を再現しています。
  ベンチレーターは別パーツとなっています。
  幌吊りパーツを付属しています。
  寝台標記などは印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  側面表示用は選択式シールを付属しています。
  ケイディーカプラーを採用(ケイディーカプラーNo.5)。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  オロネ10 (青色)

 <編成例>
  ●急行「きたぐに」(1972年頃)
  ←大阪  青森→
  <HO-517>オユ10(非冷房・青) + (1)<HO-524>スロ62(帯入) + (2)スハ43 +
  (3)<HO-099>オシ17 + (4)ナハ10(11) + (5)ナハ10(11) + (6)オハ47 +
  (7)ナハフ10(11) + (8)スハフ42 + (9)<HO-513>スハネ16 +
  (10)<HO-513>スハネ16 + (11)オロネ10 +
  (12)<HO-513>スハネ16 + (13)<HO-509>オハネフ12

  赤文字<HO-5003>国鉄客車 ナハ10(11)形(青色)
  桃文字<HO-5004>国鉄客車 ナハフ10(11)形(青色)
  橙文字:<HO-5006>国鉄客車 オロネ10形(青色)

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【カトー】「国鉄 電気機関車 EF81 一般色」,鉄道模型Nゲージ

<3066-1>EF81 一般色
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  EF81形は標準形式の交直流機関車として1968年に登場。
  直流・交流(60Hz)・交流(50Hz)いずれの電気方式でも運用可能です。
  日本海縦貫線を中心に本州~九州の各地で、
  旅客・貨物の両方に使用されました。

 <製品特徴>
  EF81形電気機関車を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  新製時~1986年の47~126号機を再現しています。
  Hゴムはグレー、解放テコは黒色、
  碍子は緑色で再現しています。
  製造銘板は“日立”・“三菱電機+三菱重工”を収録。
  ナンバープレートは“57”・“74”・“88”・“102”の選択式です。
  ATS表記は“S”。
  クイックヘッドマーク対応。
  ヘッドマークは“ゆうづる”・“日本海”を付属しています。
  ヘッドライトは電球色LEDで点灯。
  動力ユニットはフライホイールを搭載しています。
  アーノルドカプラーを標準装備し、
  交換用ナックルカプラーも付属しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  EF81

 <編成例>
  ・急行「能登」(長岡〜金沢間)
   EF81 + 10系寝台急行「能登」

  ・寝台特急「ゆうづる」(上野〜水戸間)
   EF81 + 24系寝台特急「ゆうづる」

  ・寝台特急「日本海」(大阪〜秋田間)
   EF81 + 20系寝台特急「日本海」

  ・北陸・羽越本線コンテナ列車
   EF81 + コキ・コキフ50000×20両

  ・常磐線貨物列車
   EF81 + ヨ6000 + タキ×11両(タキ1000を除く) + ヨ6000
   EF81 + ワム80000×10両 + ヨ5000

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【カテゴリ別記事一覧】 国鉄・JR

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD

【トミックス】「2019年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その2

トミックス(TOMIX)さん、2019年4月発売予定の鉄道模型製品情報です。


<98321>JR 209-3500系通勤電車(川越・八高線)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  103系の置換用として、1993年に登場したJR東日本209系。
  209系3500番台は八高線・川越線として2018年に登場しました。
  中央・総武緩行線用10両編成の209系500番台を改造した車両で、
  4連化をはじめ機器更新や番代変更・帯色変更等が実施されました。

 <製品特徴>
  JR東日本209系3500番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  モハ208・209の床下が機器更新された姿を再現しています。
  強化型スカートや菱形パンタグラフを装着しています。
  JRマークや側面のドアスイッチは印刷済。
  前面表示部は選択式シールで対応しています。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  ヘッド・テールライトは常点灯基板を装備し、
  白色LEDで点灯します。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  先頭車運転台側のみダミーカプラーを装備しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ209 モハ209(M)(P) モハ208 クハ208

 <編成例>
  (2018年5月〜)
  ←川越  高麗川・八王子→
  (4)クハ209 + (3)モハ209(M)(P) + (2)モハ208 + (1)クハ208

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<97910>限定品 JR 209-0系通勤電車(7次車・京浜東北線)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  103系の置換用として、1993年に登場したJR東日本209系0番台。
  京浜東北線・根岸線用は10両編成、南武線用は6両編成となっています。
  7次車は中間車サハ209のうちの1両が
  車体側面にドアコックのない1・2次車を組み込んだ編成となっていました。
  2010年まで京浜東北・根岸線で運行されていました。

 <製品特徴>
  JR東日本209系0番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  中間車サハ1両が1・2次車となっている7次車編成を再現しています。
  中間車サハ209のうち1両は車体妻面にビードがある姿で、
  その他の車両は車体妻面にビードがない姿を再現しています。
  菱形パンタグラフを装着。
  JRマークや6DOORSマークは印刷済です。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  前面表示パーツを付属しています。
  ヘッド・テールライトは常点灯基板を装備し、
  白色LEDで点灯します。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや黒色車輪を採用しています。
  先頭車運転台側のみダミーカプラーを装備。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
  クハ209 サハ209 モハ209(M)(P) モハ208 サハ208
  サハ209 サハ209 モハ209(T)(P) モハ208 クハ208

 <編成例>
  ←大宮  大船→
  (10)クハ209 + (9)サハ209 + (8)モハ209(M)(P) + (7)モハ208 + (6)サハ208 +
  (5)サハ209 + (4)サハ209 + (3)モハ209(T)(P) + (2)モハ208 + (1)クハ208

  ※レイアウト条件に合わせ、(3)モハ209に
   <0645>動力ユニットFW(DT61付)を組み込み、動力車化して下さい。

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98322>JR 489系特急電車(白山)基本セットB
<98323>JR 489系特急電車(白山)増結セットB
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  信越本線横川~軽井沢間の通過対策車として1971年に登場した489系。
  485系をベースにした、EF63形補助機関車との協調運転対応車です。
  白山色は1988年に登場しましたが、
  横川~軽井沢間廃止後の2000年以降に国鉄色に戻されました。

 <製品特徴>
  JR489系を鉄道模型Nゲージで製品化。
  白山色をハイグレード(HG)仕様で再現しています。

 【共通】
  新集電システムや黒色車輪を採用。
  TNカプラー(SP)標準を装備しています。

 【98322のみ】
  登場当初に活躍した非貫通型先頭車を再現。
  クハは洗面所窓のある姿を新規製作で再現しています。
  サロは非常口が撤去され、洗面所窓のある姿を新規製作で再現。
  クハは300番台と700番台で床下機器が異なる姿を再現しています。
  中間車は非常口が撤去され、洗面所窓のある姿を再現。
  モハ489は“コンビニエンス&ラウンジカー”の姿を再現。
  Hゴムはクハのトレインマーク部はグレー、他は黒色で表現しています。
  印刷済トレインマーク“白山”を装着済で、“あさま”を付属しています。
  サロのグリーンカーマークは印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  ヘッドライト・テールライト・トレインマークは常点灯基板で装備し、
  ON-OFFスイッチ付となっています。
  トレインマークはカラープリズム採用で、白色に近い色で点灯。
  フライホイール付動力を搭載しています。

  【98323のみ】
  全車非常口が撤去され、洗面所窓のある姿を再現。
  Hゴムは黒色で表現しています。
  車番は選択式転写シート対応(基本セット付属品を使用)。
  モハ488は初期型(AU12クーラー搭載車)とAU71クーラー搭載車を各1両セット。
  モハ489は初期型(AU12クーラー搭載車)とAU13クーラー搭載車を各1両セット。

  詳細はメーカーの案内情報<98322><98323>をご覧下さい。

 <製品内容>
  <98322>JR 489系特急電車(白山)基本セットB
   クハ489 サロ489 モハ488(M)(P) モハ489 クハ489

  <98323>JR 489系特急電車(白山)増結セットB
   モハ488(P) モハ489 モハ488(P) モハ489

 <編成例>
  ●特急「白山」(1988〜92年頃)
  ←上野・金沢  直江津→
  (1)クハ489 + (2)モハ488(P) + (3)モハ489 + (4)サロ489 + (5)モハ488(M)(P) +
  (6)モハ489 + (7)モハ488(P) + (8)モハ489 + (9)クハ489

  ※EF63形は(1)クハ489と連結します。

  赤文字:<98322>JR 489系特急電車(白山)基本セットB
  桃文字:<98323>JR 489系特急電車(白山)増結セットB

 <最安値を探してみる>
  <98322>JR 489系特急電車(白山)基本セットB
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <98323>JR 489系特急電車(白山)増結セットB
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98667>JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)基本セット
<98668>JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)増結セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  東海道・山陽新幹線用0系や100系の置替用として、
  1999年に営業運転を始めた700系。
  最高速度285km/hの第四世代営業車です。
  700系0番台(C編成)はJR東海が発注した16両編成で、
  2004年まで増備が続きました。
  残念ながら、2019年度には
  全車両が東海道・山陽新幹線から引退する予定です。

 <製品特徴>
  東海道・山陽新幹線700系0番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  客乗降ドアの窓位置が高い姿を再現しています。
  可動幌を装備。
  フック・U字型通電カプラーを採用しています。
  パンタグラフ防音板はグレーで表現しています。
  カラーシートを採用。
  JRマーク・号車番号は印刷済。
  車番は選択式転写シートを付属しています。
  フライホイール付動力を搭載。
  新集電システムや銀色車輪を採用しています。
  <98667>のヘッドライト・テールライトは常点灯基板を装備。
  詳細はメーカーの案内情報<98667><98668>をご覧下さい。

 <製品内容>
  <98667>JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)基本セット
   723-0 726-500 725-0 725-300(M)(P)
   727-400 717-0 726-200 724-0

  <98668>JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)増結セット
   727-0 726-0 718-0 719-0
   726-700 725-600(P) 725-500(M) 727-500

 <編成例>
  ●「のぞみ」(1999年〜)
   ←博多・新大阪  東京→
   (1)723-0 + (2)727-0 + (3)726-500 + (4)725-0 +
  (5)725-300(M)(P) + (6)726-0 + (7)727-400 + (8)718-0 +
  (9)719-0 + (10)717-0 + (11)726-700 + (12)725-600(P) +
  (13)725-500(M) + (14)726-200 + (15)727-500 + (16)724-0

   赤文字:<98667>JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)基本セット
   桃文字:<98668>JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)増結セット

 <最安値を探してみる>
  <98667>JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)基本セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ

  <98668>JR 700-0系東海道・山陽新幹線(のぞみ)増結セット
   楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



<98669>JR E3-1000系山形新幹線(つばさ・新塗装)セット
  AD Rakuten
  
  AD Yahoo
 <実車ガイド>
  秋田新幹線の開業に備え、1995年に登場したE3系。
  新幹線直行特急(ミニ新幹線)用の新幹線車両となっています。
  E3系1000番台は山形新幹線新庄延伸開業時の増備用として1999年に登場。
  2014年には新塗装車が登場し、全車両が塗り替えられました。

 <製品特徴>
  E3系1000番台を、鉄道模型Nゲージで製品化。
  2014年に登場した新塗装車を再現しています。
  可動式パンタグラフや可動幌を装備。
  ロゴマーク・号車標記は印刷済です。
  車番・グレードアップ転写シートを付属しています。
  ヘッドライト・テールライトは常点灯基板を装備し、
  ヘッドライトは白色、テールライトは赤色で点灯します。
  E311のヘッド・テールライトはON-OFFスイッチ付です。
  フライホイール付動力を搭載。
  フック・U字型通電カプラーを採用しています。
  E2系と連結する側のE311の運転台側はTNカプラーを装備。
  新集電システムや銀色車輪を採用しています。
  詳細はメーカーの案内情報をご覧下さい。

 <製品内容>
   E311(M) E326(P) E329 E326(P) E328 E325 E322

 <編成例>
  「つばさ」「やまびこ」「なすの」(2014年)
   ←東京  山形・新庄→
   (11)E311(M) + (12)E326(P) + (13)E329 + (14)E326(P) +
   (15)E328 + (16)E325 + (17)E322

   ※E2系は(11)E311(M)と連結します。

 <最安値を探してみる>
  楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon あみあみ



 <関連記事>
  【トミックス】「2019年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その1
  【トミックス】「2019年4月発売予定の鉄道模型新製品情報を発表!」その3

  【カテゴリ別記事一覧】カトー(KATO) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】トミックス(TOMIX) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】鉄コレ(鉄道コレクション) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】マイクロエース(MICRO ACE) 新製品情報
  【カテゴリ別記事一覧】グリーンマックス(GREENMAX) 新製品情報
AD